2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

鳥井です。新年の抱負的なものを少し

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

新年の抱負的なものを少し

あけましておめでとうございます。

ブロガー起業家のトリイです。

年も明けまして、今年の抱負なんかを色々と考えておりました。

未来を予測するのって僕みたいな起業人にはすごく楽しいことだったりしまして、今年はどうなるかなー、来年はどうなるかなーなんてのを考えながら、自分の動き方とか戦略とかも色々と決めていくとワクワクしてくるんですよ。

というわけで、まとめときます。

今年は、youtubeやります。

まず、今年は動画に踏み込みます。

まだ全然各論を決めていないけど、もうこれは避けられないので。

これは、アフィリエイト的な感じでやるのではなく、コンテンツマーケティングの一貫として動画を活用します。

つまり、今までのブログでやっていたことを動画でも展開していくつもり。

ちょいちょいこれまでも書いてきましたが、やはり情報の無料化の流れは止まりません。もうインターネットのお陰で手に入らない情報のほうが少なくなってきています。

僕のブログでも色んな情報はタダで流しているわけです。

で、今後は動画だとブログの数百倍は情報を渡せることになるので。

そうやって有益な情報が雨あられと動画で得られるようになると、どうなるかというと。

コンサルタントにも色んなWEBサービスのようにマネタイズの壁が訪れることになるでしょう。

つまり、いいサービスなんだけどお金が取れない。最近でもありましたよね、BUMPとかその辺の。google readerとかも。

これは、楽して稼ごうと思ってる人からするとあんまりいい話じゃない。

適当な情報商材というものをPDFとかで作って、5万円とか10万円とかで情報弱者に売りさばいて儲かっていた時代が終わってしまうわけだから。

でも、これはもう避けられない。

人はお互いに繋がり始め、頭の中を共有し始め、一つになっていこうとしているわけでして。

だから、僕は発信を止めないことにします。

情報を出し惜しみして、人類の進化に逆らって一瞬のマネタイズを狙うようなビジネスは面白くない。

出せるものは出していく。

その上で、マネタイズをずらす、つまり他のところで課金する方法を考えていきます。

それは、人間にとっての価値を考えることだから。

マーケッターとしては楽しいところですしね。

とうわけで、自分のチャンネルを持つという形で新たな挑戦をやっていく年にしようと考えています。

今年は、発信の質を変えます。

実は、ホリエモンの「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく 」を偶然読みました。

移動中の新幹線で。

色々と僕は彼に影響されているところがあるなぁと改めて感じたんですが、それよりもすごく感じたことがあって。

それは、彼が発信の質を変えたことです。

なんか、丁寧でかつ穏やかになった。

思うに、彼はいろんな発信をする中で、常に誤解されてきた人なんだろうなと。

やっぱり言葉ってのは真意を伝えるにはすごく不器用で足りないところが多い。

僕は人に何か伝えるときは、「自分がそう思う根拠」と「相手への愛情」がセットになっているべきだと思っています。

それが抜け落ちていると、言葉による主張は争いを生むことのほうが多い。

ただ、根拠のほうは伝えやすいんだけど、「相手への愛情」というのは中々言葉だけでは伝わりにくいわけ。

前の記事でも書いたけど、特にWEBだとそれが本当に伝わりにくい。

だから、誤解される。

そして、叩かれたりするんですよね。

僕も主張したいことが色々とあるタイプなので、分かりやすく届きやすくするために、多少過激な表現にするときが結構あります。

でも、やっぱり愛情が伝わっているケースもあれば誤解を生むケースもあるだろうなぁと改めて思った。まぁ規模は小さいけど。

だからといって「あまのじゃく」の僕が穏やかで丁寧な気持ちのいい話ばかりするつもりはないので、

今年は「質」より「量」を選択することにしました。

合理主義なので、これまで無駄なことは伝えないように意識をしてきましたが、やっぱりコミュニケーションは質より量が本質です。

だから、もう少し色んな幅を持たせた情報発信に変えていく。

僕が思う「無駄なこと」も書いていく。

その先駆けで今日の記事も書きました。これまでなら、「自分の抱負なんて記事にする価値はない」と思っていたので書かなかったんですが。

これによって、僕の人間性や価値観が少しでも伝わっていけばいいなと想います。

その流れで次の話にも繋がるんですが。

今年は、SNSの使い方を変えます。

去年は、最後のSNSの年だったと個人的には思っています。

今年は明らかに収束していく年になるでしょう。

それくらいのものです。ソーシャルメディアってのは。

もちろん、アカウントを消したりはしませんし、今後も情報の共有や拡散としては非常に意味のあるメディアではあると想います。

ですが、そろそろ日本人もソーシャルメディアとの自分なりの関わり方を確立するだろうと思うので。

バブリーで浮き足立ったような話は無くなるだろうと考えています。

今後は、facebookは本当の意味でのリアルグラフに絞って活用していきます。本当に付き合いのある人との連絡帳というか共有スレッドみたいな感じ。

情報の発信や拡散については、twitterに移行します。全然使ってきませんでしたので、改めて少し勉強しながらになりますが。

そして、SNS上では発信の量を減らしていこうと想います。

これまでは、ブログで専門的な知識について書き、SNSでは個人的な話を書くという形で分けていましたが。

今後は、ブログとyoutubeで専門知識も雑記も全部まるごと書き残していこうと思っています。

やっぱり、後に残らないから、SNSは個人メディアとしてダメだと僕は思う。

自分の歴史を残せない。

読まれる意識、残す意識が弱いから、ライティングがあんまり育たない。

後からカテゴライズしたり組み替えたりできないから、書きっぱなしになる。

よくアカウントを育てるみたいな話をしますけど、ソーシャルメディアはメディアではなく、ソーシャルネットワーキングサービスだなと改めて認識した年でした。

価値は、「ネットワーキングそのもの」であり、「メディアとしての発信」ではないなと。

なので、今後はブログやyoutubeのような場所にパワーシフトしていきます。その上で、ソーシャルライクなコンテンツを作る。

例えばiphoneが流行っているなら、iphoneで見やすい記事を作ればいいわけで。

自分がiphoneを使いこなす必要はないわけですからね。

まとめ

というわけで、新年の抱負というよりはメディアの使い方とかの話になりましたね。

案の定ですが。

とりあえず、今年も宜しくお願いします。

 

2014年 冬

鳥井謙吾

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓