ついに最強の教育手法を見つけた

がくちょうのコラム♡

皆さんはどんな方法で教育や人材育成を行っていますか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

「一対一のやりとりがメインのビジネスをしているのですが、今後グループコンサルのような複数人で交流を持つモデルは需要があるでしょうか?」

という視聴者さんからの質問がありました。

質問をいただいた方は、コロナ対策としてオンラインセミナーやZoom交流会など、複数人で交流できる企画の人気が高まっていると感じているとのこと。

それに対して、がくちょうから興味深い回答があったので記事にしました。

  • コンサルタントとしてクライアントにアドバイスしても、なかなか成果が出ない・・・
  • 効率の良い教育手法を知りたい!

なんて人はぜひ読んでみてください。

本日の質問「コロナによってオンライン交流会が人気ですが、グループコンサルのような複数人で交流を持つモデルは需要があるでしょうか?」

がくちょうの回答はここから▼

グループコンサルは需要がありますよ。一人で勉強するよりグループ学習のほうが、成果が出やすいですね。最強の学習方法は「学び合い」だと思います。学び合いとは、「お互いに教え合う」という環境を作ること。学習方法というより、一つの教育手法ですね。学び合いについての本もいろいろ出ているので、皆さんも調べてみてください。

実は「ファーストペンギン村」も、前身の「ファーストペンギン大学」も、ずっと学び合いをテーマで設計しています。最近、学び合いについて本格的に勉強しているんですけど、最強の教育手法はやはり学び合いだと思います。一対一より複数で勉強したほうが、学習効率が良いと切に思いますね。

ということで、グループコンサルはぜひ試してほしいです。需要も増えてると思うし、学習効率も良いかなと思います。


次のページでは、

頭のよい人ほど間違ってしまう「オンラインサロンの立ち上げ方」

についてご紹介しています。

私自身、6年間にわたってオンラインコミュニティを運営し、DMMアワードを受賞するなどの成果を出してきました。そして、オンラインサロンを作って失敗する人は2つのパターンに分かれることに気づいたのです。

今回、それらの失敗パターンや成功の法則について、正解率1割以下のクイズ形式にしてご紹介します。

おそらく、これを読んでいるあなたも正解できないでしょう。

私が6年以上かけて研究と実践を繰り返して形にしたノウハウを特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜかハマってしまうオンラインサロンの2つの失敗パターンとは?」

9割の人が間違える「3つのクイズ」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました