押しが弱くて集客に困る人は「アクセスとコンバージョンを測れ」

DMMオンラインサロンアワード2017で

【2017年 日本で最もコミュニケーションが活発だったサロン】に選ばれました!!




日本一コミュニケーションが活発なオンラインサロン「ファーストペンギン大学」はこちら▼▼
ID-10029938

ブロガー起業家のトリイです。

押しが弱くて集客に困ってるみたいな人がいたから解決策をちゃちゃっと書いてみるの第三弾です。

これで最後。

第一弾で「仕組み化しやがれバカヤローッッ」的なことを書いて

第二弾で「仕組みはこうやって作れコノヤローッッ」的なことを書きました。

最後は、「仕組みのメンテナンス方法でござる」的な記事です。

集客はアクセスとコンバージョン以外に気にする事ナシ

集客に困ってる人ってのは、アクセスとコンバージョンを測っていません。

100%。

あなたのことを言ってます。

というか、集客ってのはアクセスとコンバージョンのことなんです。

他に要素は何もありません。

集客がうまくいかないのは、アクセスが悪いかコンバージョンが悪いか両方悪いかです。

集客がうまくいってるのは、アクセスが良いかコンバージョンが良いか両方良いかです。

前回の記事顧客心理を活用して集客を仕組み化する方法〜マッサージサロンの集客事例〜で、顧客心理がうまく受注に結びつくように仕組みを整えてね、と書きました。

例で、

「今はそんなに肩こってない」
↓↓↓↓
(ブログを読んで)「肩がこらなくなると毎日が楽そうだなぁ」
↓↓↓↓
(セルフケア講座を受けて)「セルフケアもいいけど、やっぱりサロンに通うと全然違うんだなぁ」
↓↓↓↓
(お試し講施術を受けて)「おお、サロンで施術してもらうと全然次の日の疲れ方が違うな」
↓↓↓↓
「サロンに通ってみよう」

というサンプルを書きましたね。

一旦この仕組みを作ったら、あとはアクセスとコンバージョンを測るだけなんです。

アクセスってのは何人に接触してるか。コンバージョンってのは何人行動したかです。

例えばこんな感じ。

 

(100人に接触)「今はそんなに肩こってない」
↓↓↓↓
(50人ブログを読む)「肩がこらなくなると毎日が楽そうだなぁ」
↓↓↓↓
(10人がセルフケア講座を受ける)「セルフケアもいいけど、やっぱりサロンに通うと全然違うんだなぁ」
↓↓↓↓
(3人がお試し施術を受ける)「おお、サロンで施術してもらうと全然次の日の疲れ方が違うな」
↓↓↓↓
(1人がリピーターになる)「サロンに通ってみよう」

こんな感じで、何人に接触すると何%が次のステップに進んでいき、結果として何人が毎月リピーターになるのかは計算できます。

そしたら、売り上げも利益も計算できるでしょう??

改善するべきなのは、最初に「何人に接触しているか」というアクセスと、次のステップに進む確率であるコンバージョンだけです。

これを毎月ちゃんと計測しておけば、どこを改善するべきなのか、どこが悪いのかは一撃で分かります。

で、そこを改善するだけ。

アクセスが足りないならアクセスUPをやる。

ブログ⇒セルフケア講座のコンバージョンが悪いなら、告知方法を変えたり回数を増やしたりバナーを変えたりする。

で、翌月に計測して結果を振り返る。

また改善策をやる。

この繰り返し。

めっちゃ簡単です。

改善ポイントが分かれば問題の9割は解決している

結局、ビジネスがうまくいかないってのはどこを改善するべきか分からないってことです。

解決策が分からないって人はほとんどいません。

なぜなら、それぞれの改善策や解決方法ってのは色んな場所に転がっているからです。

アクセスUPの方法も、コンバージョンの上げ方も、調べれば腐るほど出てきます。

だから、集客に困ってる人は「何が悪いのか分かっていない」だけです。

そして、その理由は「測っていない」からです。

集客に困っている人に、「毎月のアクセスとコンバージョン」を聞いて答えられる確率は0%です。

逆に言うと、アクセスとコンバージョンが答えられるようになれば集客に困ることは一生ありません。

面倒ですか?

じゃあ、一生困り続けましょう。

最初は、自分ひとりでうまくできる自信がないですか?

じゃあ誰かに相談しましょう。

協力できることがあったらぜひご連絡くださいまし。

facebookかtwitterでフォローしてもらえたら、有益な情報を垂れ流しているので是非。

一緒に楽しくお金を稼ぎましょう。

効率よくね。

ついでにこちらの記事もおすすめです。

あなたが一生「集客に困った」なんて言わなくなるための2つのステップ

 

というわけで、長くなるので連載にしてみました。

何かしら参考にしてみてください。

では!!