アタリメ フルボディーズ 入会用ページ

「こんなに面白いゲームがあるなんて・・・」

 

スプラトゥーンに出会ったのは2018年3月。

リリースから数年経って、もうすっかり落ち着いたころに新米イカとしてデビューして、そこからハマりにハマって1年で1500時間も時間を溶かしてしまいました。

おかげ様でウデマエも上がり、動画も配信し始めてたくさんの方に見ていただけるように。

3年遅れで始めたのに、ここまでハマれるゲームってなかなかありません。まさに名作中の名作。

今では、スプラ甲子園を応援したり、テンタライブに行ったり、グッズを買ったりするのが人生の楽しみの一つになりました。

 

「スプラトゥーンには10年後も20年後も、どんどん大きくなっていって欲しいなぁ・・・」

 

そんな風に考えるようになって改めて業界を見た時に、起業家として生きてきた僕には、色々な問題点も見えてきました。

スプラ業界の問題点その1:うまくなる方法が分からない!

スプラトゥーンは、世界的に見ると「MOBA」と「TPS」の2つのジャンルが混じりあったような非常に特殊で最先端を行くゲームです。

だからこそ、事例が少なくて技術が体系化されていません。

結果として、

  • うまくなる方法が分からない
  • どうすれば勝てるのか分からない
  • なぜ負けたのか分からない

こういった状況を招きやすく、「大量の時間を投下して手探りでスキルを伸ばした人」「FPSやTPSをやりこんでいる生粋のゲーマー」などしか、上に登っていけないような状態になっています。

サッカーをうまくなる方法が全く確立されておらず、ボールを渡されて「あとはうまくなるまで練習しろ」と言われたら、どれくらいの人が続けられるでしょうか?

才能がある人や、無尽蔵に時間を突っ込める人しかうまくならないような環境では、スポーツは大きくなっていきません。

その問題を解決するために、私は今、自分の実況チャンネルで、体系化された解説動画を出していっています。しかし、武器などの習熟度を考えた時に、ひとりの力では限界がある。

そこで、クラブチームを結成し、メンバーと一緒に様々な攻略方法を考えたり、チーム戦略を開発したり、各武器の専門家による講座や解説などを創っていきたいと考えています。

技術が体系化されれば、勝っても負けてもスプラがもっと楽しくなる。そして、プレイヤーが増えて業界が伸びていく。そう考えています。

スプラ業界の問題点その2:気軽に応援できるチームが少ない

スプラトゥーンはまだ安定運営されているチームの数が少なく、スポーツとして「応援する」という環境が整っていません。

有名実況者のような「個人」にファンが集まっているか、数少ないGGboysなどのプロチームにファンが付いているか、その2つしかありません。

しかし、これでは「そのプレイヤーの知名度」「そのプレイヤーが人気」という理由以外で、ファンが増えていきません。

「関西に住んでいるから阪神を応援する」「応援スタイルやコールが好きだからガンバ大阪を応援する」など、スタープレイヤー以外の理由で気軽に応援したり、所属意識を感じられる球団やクラブチームを作っていかないと、スポーツは広がっていかない。

そのために、今回は「30歳以上で時間の少ない社会人だけど、知略を活かして若者に対抗していきたい!という人を集める」というクラブチームとしてのコンセプトを設けています。

「若者に負けるな!」というメッセージやコンセプトに共感してもらい、ガチ勢だけではなくライトユーザーにも支援してもらいやすい環境を作る。

コンセプトを持った「クラブチーム」のような存在が増えていくことで、「応援」という形でたくさんの人が関わりやすいスポーツにしていきたいと思っています。

そのためにも、たった4人のガチ勢が集まって「チーム」を創るのではなく、ウデマエ関係なくコンセプトに共感した人が集まって「コミュニティ」を創っていくような動きをイメージしています。

スプラ業界の問題点その3:大きな賞金の出る大会が少ない

最後に、こちらの問題。

やはり、500万、1000万という単位での賞金が出る大会があるのと無いのでは、大きくイメージが変わります。

スプラトゥーンは大きな賞金が出る大会はゼロに近い状況です。

これでは本気で取り組んでいるプロも報われない。

名誉も大切ですが、やはり大きな賞金額は分かりやすく大会を盛り上げてくれます。

クラブチームとしての運営が活発になった後に、僕はクラウドファンディングの仕組みを使って資金集めを行い、1000万、1億などの大きな賞金が出せる国内最大の大会を開催したいと考えています。(海外ではすでにこういった取り組みは主流となってきています)

動画配信などでクラブチームとしての知名度を高めていき、プロチームや有名実況者とのつながりも作っていく。

そして、その組織基盤や人脈を活用して、スプラ甲子園と同じか、もしくはそれ以上に盛り上がるような「スプラトゥーン界で最大の大会」を開催していきたい。

今回募集するクラブチームは、その地盤となる活動と位置付けています。

色々とお伝えしましたが、上記のビジョンに共感して、一緒に立ち上げを手伝ってくれる初期メンバーを募集していきます。

詳細はこちらの動画もごらんください▼

第一次募集、なんと3分で定員に達しました!▼

参加者の声もいただきました!▼

第一次募集から第三次募集まで、30秒ほどで定員が埋まるという大反響をいただいております。

ありがとうございます!!

▼クラブチームとしての活動予定内容

  • 入会後、非公開のdiscordグループに招待
  • 基本的にはオンラインでの交流、活動がメインになります
  • 各武器や各ルールなどについて、講習会や練習会の定期開催
  • 上位勢で集まって攻略動画を作り、クラブチーム内限定でリリース
  • クラブチーム内に様々な4人チームを結成し、みんなでローカル大会やフェスに出場
  • 普通に集まってゲーム会したり、リグマ行ったりして楽しむ
  • ネタ動画なども企画してみんなで創ってyoutubeにUPして広報を楽しむ
  • ガチ系だけじゃなく、ネタ系の大会も主催したい!

などなど

※未定事項も多いので、一緒に創っていくという意識の方を募集します

※入会条件は現時点で30歳以上であることと、コンセプトに共感してくれていること、他者に敬意をもって接することができること、の3点だけです。ウデマエなどは関係ありません。

本来は無料でリリースしたいのですが、運営費がゼロにはできないのと、無料にするとメンバーが荒れる可能性を考えて入団費用として3000円をいただきます。クラブチーム内で行われる活動や移動費などが発生した場合は、基本実費となるのでご了承ください。

▼参加方法

こちらのお申込みページから入会費の決済を完了してください▼

アタリメ団入会申し込みページ

▼決済後の流れ

1:上記お申込みページから入会費の決済を完了(STORES.jpという決済システムを利用しています)

2:STORES.jpから「発送完了メール」が送付(決済後2営業日以内※土日祝除く)

3:「発送完了メール」備考欄の説明に従って、アタリメ団のDISCORDサーバーに参加

4:事務局アカウントより、DISCORDのDMでご連絡

5:アカウントが確認でき次第、活動用の権限を付与

6:ご入会手続き完了!DISCORDで自己紹介したり、他の団員と仲良く交流しましょう!

※決済完了後、2営業日以内(土日祝除く)にSTORESよりご登録メールアドレス宛に「発送完了メール」が送付されます。「発送完了メール」の備考欄に、今後のお手続きについて記載しております。案内に従って、DISCORDの登録へお進みください。

※お手続き方法は「発送完了メール」に詳しく記載しております。必ずお読み頂きますよう、お願い申し上げます。

※「発送完了メール」が届いていない、メールを無くしてしまった場合は、「購入履歴」よりご確認いただけます。 購入履歴は、STORES.jpにログイン頂きまして、ダッシュボード画面右上の ユーザーアイコンのメニュー内で確認できます。

※DISCORDに参加した後に、決済情報と照合するために運営事務局からDM(ダイレクトメッセージ)でご連絡いたします。DMにご返信いただき、決済情報と照合が完了しないと入会完了となりませんので、ご注意ください。

▼主催者について

鳥井謙吾

33歳、5児の父です。

スプラトゥーン歴1年くらい、ウデマエはX2300帯です。

2012年株式会社リクルートを独立し、その後、複数社の立ち上げを行ってきました。

基本的に起業家、事業主としての活動が長く、生粋のゲーマーという感じではありません。

2017年に500以上ある国内オンラインコミュニティの中から「日本一」としてアワードを受賞。

オンラインコミュニティの運営経験をもとに、今回のクラブチームも基本的にはオンラインで活動をする予定です。

ビジネス経験が長いので、スプラトゥーン業界にも一石を投じる動きができると思っています。

ブログ▼
https://www.toriikengo.com/

youtubeチャンネル▼
https://www.youtube.com/channel/UCCPGR8xuauq9gX-ixXd15yw

よろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました