社会をどうにかしようとして、自分の人生どうかしちゃった

DMMオンラインサロンアワード2017で

【2017年 日本で最もコミュニケーションが活発だったサロン】に選ばれました!!




日本一コミュニケーションが活発なオンラインサロン「ファーストペンギン大学」はこちら▼▼
ID-10081433

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

最近はブラック企業とかいう言葉が色んなところで囁かれるようになって、それこそワタミなんかが365日24時間働けなんていう社訓があったとかで叩かれてますね。

残念ですね、なんか。会社って何のためにあるかっていったら、「社会をどうにかしよう」として作って、よりよい人生を送る人が増えることが目的なわけじゃないですか。

それが、結局働く人の人生をより悪くしちゃったら、本末転倒ですよ。ほんとに。

サービス業の人は身を粉にして働くな

そもそも、冷静になって考えてください。

一次産業とか、二次産業に従事してる人ならまだ分かります。根本的な生産業とか、工業製品とかってのは、人間が生きるうえでのインフラみたいなもんですから、そういったものを社会的責任を背負って働くことは非常に価値が高いことだと思います。

昔はそうだったんですよ。身を粉にして働く意味があったわけじゃないですか

でも、今はほとんどの人がサービス業に従事してるでしょ??

居酒屋が無くなっても、泣く人はいませんよ。

別の居酒屋に行くか、家で美味しいツマミ作って食べます。

むしろ、誰かの家でホームパーティでもしたほうが豊かな生活になるかもしれない。

これは別にそこで働く人をあーだこーだ言ってるわけじゃなくて、サービス業ってのは、そういうもんなんです。もともと別にあってもなくても人生に大きな影響が無いものなんです。

よく、うつになるまで働いたりとか、毎日終電まで働いている人いますけどね。そういう人に限って「自分がいないと社内にもお客様にも迷惑がかかるから」みたいなこといって謎の責任感を持っていたりするんですけど。

アホなんですか??

あなたがいなくても会社はどうにかなるし、極論別にあなたのサービスなんか無くなってもどうでもいいですよ。誰の人生にも影響ありません。三次産業ってのはつまりそーゆー事です。自分を犠牲にしてやることじゃないんです。

自分の立場で考えてください。

ちょっと安くて美味しい近所のお店が潰れて、あなたの人生にどれだけ深いインパクトがありますか?

泣きますか?あなたの人生はそれで最悪の事態を迎えますか?

正直、5分で忘れるでしょう??それと一緒です。あなたのサービスや仕事がもし世の中から無くなっても、みんなは5分で忘れます。そんなもんです。

終電まで働くなんてどうかしてるぜ!

僕は常に言ってるんですが、

売り上げより利益、利益より収入、収入より生産性、生産性よりやりがい

を追求するべきです。これからの仕事ってのは。

なぜなら、人間はもはや絶対に必要なものは簡単にクリエイトできるようになったからです。それが、一次産業と二次産業ですよ。必要最低限のものは、安いコストでそろえられるようになったんです。

だから、働く意味ってのは変わってきていて、もう自分の満足のためにみんな働いている訳です。「more,and more」なんですよ。もっともっと!と欲しがって本来は必要ではないような贅沢や、人生を「より豊か」にするためのサービスなんかを作り出していく時代に入ってるんです。

そんな時代に、楽しくもない仕事して自分の人生の大半を捧げるなんてのは

アホの300乗

です。

サービス業で、売り上げが上がってても利益が残ってない事業は無駄の垂れ流しです。利益が出てても働く人の収入が上がってないなら存在する意味ないです。収入がたくさんあっても、24時間働いてたら全くのアホです。生産性が高くても、やりがいを感じる楽しい仕事ができてなかったらやってる意味ないです。

もうそんな時代になってるんです。

あなたは、社会をどうにかしようとして、自分の人生どうかしちゃってませんか?

それって、順番逆でしょ。

是非振り返ってみて欲しい。

そして、それで本当に良いのか、考えてみて欲しいと思います。

 

夜なべして「息子の手袋」ではなく、「どうでもいいテレビ番組」を作ってる社畜のみなさんへ今日の記事を捧げます。

アーメン。

 

さてさて。それでは本日も素敵な一日を!