2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

売れるものを作るためには良い商品じゃなくてBESTな商品を作ること

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

僕のところに相談に来る方は、これからビジネスとして形にしていこうっていう起業準備中の方か、ビジネスを初めて少し経つけれどあんまりうまくいっていないスタートアップの方のどちらかが多いです。

で、彼らのビジネスモデルを明確に売れるものにしていくために、必ずやっていることがあります。

それが、「ターゲットを絞り込む」ことですね。

売れる商品設計のためには必ず必要になってくる部分ですが、今日はそこについて僕がいつもやっている「チョコレートワーク」というものを例えにしてご説明します。

ビジネスのターゲットがぼやける方や、刺さるライティングをして集客効果を高めたい方などは、是非読んでみてください。

最高の商品が売れるわけではない

そもそも、どういった商品を作れば売れるのかという点なんですが、ここをまだあんまり理解していない人が多いです。

いつも言っているのは、売れる商品=最高品質の商品、ではないということ。

特に起業したての頃はメンタル的にも「まだまだこれからだ」という気持ちがあるから、とにかく品質を高めるのを重要視してしまいがちです。

業界内で最高の品質になれば、きっと売れるに違いない!と考えて、他の品質が既に高い競合他社を羨んだりライバル視したりするわけですが。

必要ありません。

そうじゃなくて、売れる商品=BESTな商品、という風に思ったほうが良いです。

すべからく品質が低い時代には、とにかく品質が高いものを欲しがる人も多いわけです。ですが今はもう、品質が高くてまぁまぁ安いものってのはいっぱいあるわけですね。

だから人は、いいものが欲しいわけじゃないんです。自分にとってBESTなものが欲しいんですよね。

まずは、良いものではなくて、BESTなものを作る。

そうすれば売れるんだ、ということを明確に意識することが大切です。

BESTなチョコレートを作ってみよう

77386-chocolate-chocolate-2

じゃあ、BESTな商品を作ろう!となって、一番初めに必要になることって何でしょうか。

それが、「誰にとってBESTか」ということですよね。

「とにかく売れる商品」から、「BESTな商品」に言い換えた瞬間、必ず出てくるのがこの

誰にとってBESTなのか=ターゲティング

という意識です。これを細かく詰めていくことで、売れる商品ってのを作りやすくなります。

例えば、今からターゲットを絞り込みながら「BESTなチョコレート」を作ってみましょう。

①「BESTなチョコレート」
これだけだと、ちょっと想像しずらいわけです。結果として出来上がるのは
⇒美味しいチョコレート
くらいの特徴のないものになる。

②「疲れた人にBESTなチョコレート」
疲れた人にっていうターゲティングをしたことで、何がBESTかってのはちょっと想像しやすいですね。もしかしたらチョコレートで疲れを癒して欲しいかもしれません。
疲れが癒される成分配合のチョコレート
がBESTな商品かもですね。

③「疲れた男性にとってBESTなチョコレート」
男性にとって、という要素を絞ったことによって、さらにBESTがイメージしやすくなりました。
甘いのが苦手な男性も多いかもしれないから、
ビターで疲れが癒される成分配合のチョコレート
とかいいかもしれませんね。

④「疲れた34歳の男性にとってBESTなチョコレート」
さらに、34歳という年齢を絞り込みました。
34歳なら、ちょうど太り始めてカロリーを気にしているころでしょう。それなら、
⇒ビターで疲れが癒される成分配合のカロリーオフのチョコレート
とかだと、この人にぴったりかもしれませんね。

⑤「デスクワークに疲れた34歳のホワイトカラーの男性にとってBESTなチョコレート」
さらにデスクワークの多いホワイトカラーに絞り込みました。
ということは、目が疲れているかもしれません。あと、デスク内で人に配りやすいものがいいかもですね。
⇒ビターで目の疲れが癒される成分配合のカロリーオフの溶けにくいチョコレート
こういった商品になりますね。

⑥「デスクワークに疲れた34歳のホワイトカラーで単身赴任中の男性にとってBESTなチョコレート」
さらにさらに、単身赴任中というキーワードも設定しました。
もしかしたら、野菜を摂れていないことを気にしているかもしれませんね。
⇒ビターで目の疲れが癒される成分配合のカロリーオフだけど一日分の野菜が摂れる溶けにくいチョコレート
こんな商品があったら、まさに自分のためにある商品だ!!となるかもしれませんね。

さて、一旦ここまでにします。

文字の色で分かりやすくしましたが、結局は「誰にとってBESTか」というのを絞り込んでいくことで、ターゲットは狭くなっていくのに対して、商品の特徴は増えていくのがわかるでしょうか。

こうやると、もちろん⑥番の全ての特徴にぴったり当てはまる人にとっては「自分のために作られたような商品だ!!」となりますし、

それ以外の特徴、例えばカロリーオフなどの特徴なんかには、別に想定していないけど女性とかも引っかかるようになるわけです。

絞込むと顧客は増える

よく、ターゲットを絞り込んだらお客様が減るんじゃないかと心配している人がいますが、

逆です。増えます。

ターゲットを絞るってのは、悩みの種類をたくさん想像するってことになるので、逆に商品のバリエーションや特徴は増えるんですね。

だから、結果としてたくさんの層にアピールできるようになります。

今回はワークなので簡略化してちょっと変なチョコレートが完成しましたが、雰囲気をつかめましたでしょうか?

「BESTな商品を作ろう!」という考えを持ち、「誰にとってBESTか」というところを突き詰めていくことで、ターゲットが明確になり「刺さる商品」や「刺さるライティング」というものが自然とできるようになってきます。

迷ったら一度、自分の商品を上の「チョコレート」のところに当てはめて試してみてみるといいかもしれません。

特にスモールビジネスは高収益&コンバージョンが非常に重要になってきますので、この絞込みという考え方で是非刺さる商品と文章を目指していってくださいね。

というわけで、今日はここまで!

本日も、素敵な一日を!

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓