ビジネスにおける「良い人材」は、ほとんど先天的に決まっている

トリイくん_背景色あり_丸抜き今年も終わりますね。

トリイくんです。

 

2016年は久々に本気で仕事をしていました。

労働時間はいつも通り短かったですが、すごく集中しました。

お蔭様で、自分でもわかるくらい成長した気がします。

色々やって思うけど、やっぱり仕事は「みんな」でやるもんだなーと思います。

ちょっと前までは、自分の能力を高めるのが重要だと思っていたし、自分の能力を高めたいと思っていたんですけど、今はちょっと変わった。

一人でできることは多くないと思うようになりました。

自分がすごくスキルが高くなる必要は無いし、事業の成長にとってそんなことはあまり重要じゃないと思ってます。

おそらく、事業の成長に重要なのは「いい人」が集まってくれて、「楽しく」仕事をしてくれるかどうか、に尽きると思う。

この会社で仕事をすることは、自分の人生を投資するに値する行為だ

いい人にそう思ってもらえれば、自然と事業というのは伸びるんじゃないでしょうか。

そんな気持ちです。

いい人材とは、「意欲」のある人である

私は、「優秀」という言葉があまり好きではありません。

優秀な人を採りたい、と思ったこともない。

仕事で求められるスキルで、優秀じゃないと身につかないスキルなど、ほとんど無いからです。

むしろ、そういう「優秀な人」が採れないと成長ができないような状況になっているなら、そもそもビジネスモデルが良くないです。

事業を成長させていく行為は、思ったより地味です。

ドラマチックなことはほとんど起きません。

0.1%の改善をみんなで積み重ねていって、大きな成長を遂げるのが基本です。

そして、0.1%の改善に「ものすごく優秀な頭脳」は必要ないのです。

そこに必要なのは、「意欲」です。

「意欲とは」で検索したら、「積極的に行おうとする心」と説明されていました。

まさに、それです。

例えば、2回おんなじことをやる時に。

「さっきより、もうちょっとだけ改善したいな」

と思えるかどうかです。

もう少し短い時間で。もう少し完成度を上げて。もう少し顧客が喜ぶようなやり方で。

もうちょっとだけ、改善できないかな。

そういう「意欲」は、教育で身につくものではありません。

これまでの経験で感じるのは、そういう「意欲」は、先天性のものであるという事です。

同じ会社にいても、意欲のある人と無い人がいる。

何歳頃までに身につくのか、何が要因で身につくのか、そういったことは分かりません。

ただ、おそらくですが人間が持ち合わせる3つの遺伝子のうち、「競争」の遺伝子が強い人種だと思います。

人間が持ち合わせる3つの遺伝子

何の根拠もありませんが、私は人間が3つの遺伝子というか、バイアスみたいなのを持っていると捉えています。

1、安心

2、不安

3、競争

の3つです。

適度な安心と適度な不安。そして適度な競争。

この3つが人間の最も原始的な欲求だと考えています。

仕事に対して「意欲」がある人は、おそらく競争の遺伝子が強めの人です。

ビジネスというフィールドには、非常に適性が強い。

これはもう資質みたいなものなので、仕方ありません。

先天的に競争の遺伝子を強めに持ち合わせた、意欲的な人。

それが、私が考えている「いい人材」の一つ目の要素です。

いい人材とは、「徳」のある人である

もう一つは、徳です。

意欲的なのは大変重要ですが、人間の意欲は「環境」によって大きく変わります。

くだらないと思う上司の下で、くだらないと思う仕事をやっていても、人間は意欲的になれません。

そして、良い環境を作るのは「徳」だと考えています。

どれだけ意欲的な人材でも、徳の無い人間は全てをぶち壊しにできます。

そして、先ほどと違って徳というのは後天的に積んでいくことができます。

徳は、思いやりと言い換えてもいいでしょう。

仕事に、ものすごく高い徳が必要とは思いません。

最低限の徳があればいい。

ただし、徳のない人間は、たった一人でも会社の中に入れてはいけません。

一人もダメです。

最悪、意欲の無い人は入れてもいいでしょう。入れない方がいいですが、入れてもいい。

でも、徳の無い人は一人も入れてはいけないと私は考えています。

1の不徳が、10の意欲を削ぎます。

そして、不徳は感染する。

全ての物事には「引力」が発生しますので、最初に不徳が集まると、どんどん不徳が集まりやすくなっていきます。

 

人材は、徳と意欲がある人を選ぶべきです。

私はそう考えています。

 

年末のスターバックスで、今年最後のブログを更新しました。

来年やることはもう決まっています。

「素晴らしい人が集まって、楽しく働いてくれる仕組み」を作ることです。

 

2016年、とても良い年でした。

色んな出会いと偶然に、感謝したいと思います。

来年も、楽しく生きましょう。

 

では、良いお年を。

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓