2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

絶対に失敗しないビジネスの始め方があるとしたらコレです

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

絶対に失敗しないビジネスの始め方があるとしたらコレです

元気があれば何でもできる。

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

将来的に自分で稼げるようになりたいと思っている人が、起業とか独立とかのリスクを最大限減らして確実に成功するための方法について、昨日も

絶対に起業に失敗したくない人はコストを最小化してやってみよう

という記事を書きました。ご好評いただいてありがとうございました。

今日はその続きを書きたいと想います。

昨日の記事では、まず自分のプランをコストが最小化する形に直してやってみるという手法をお伝えしましたよね。

でも、それだけだと足りないものがあって、それが顧客リストです。

その辺のお話。

顧客リストを取得するのに商品なんかいらない

さて、WEBの業界では当たり前なのに、みなさんがあんまり知らないことのダントツ一位が、これかもしれません。

つまりですね、ビジネス始める時というのは、普通の人が思ってるのと順番が逆なんですよ。

普通は、ビジネスとか商品とか店舗とか、とにかく何でもいいから「売るもの」や「紹介するもの」が先に存在して、それを販売する先として顧客がいるという認識だと想います。

でも、外さないビジネスのやり方はその逆です。

先に顧客(正確には見込み客)が集まっていて、その人達が欲しそうなビジネスや商品を後から考えて作ってるんですよ。

だから、売れる。

だって、欲しい人がもう既にいるんだもん。

僕も、僕のクライアント様も、新しく参入したジャンルで実績が無い状態でも、ポンポンと商品が売れるのはこれが理由です。

先に欲しい人を集めているから。

それに尽きます。

このリリース前に見込み客リストを集めているかが非常に大きな差になります。

先にリストを集めるってどうやるんじゃい

例えば、昨日の記事と同じようにカフェや飲食店をOPENしたいと思っている人がいるとします。

でも、色々と資金や準備が、、、みたいな事を考えて中々実現できないでいる。

そしたら、まずは昨日の記事で書いたようにコストを最小化してやってみること。

それによって、モチベーションの穴と、顧客のニーズを事前に把握する。

そして同時に、OPEN前の期間で見込み客のリストを集めまくりましょう。

例えばOPEN前の一年間で、イメージしている店舗と同じようなコンセプトで、イベントなどを定期開催します。

規模は最初は小さく初めて、徐々にOPENまでに大きくしていく。

そのイベントに来てくれた人は、全て連絡先などを入手してリストにしていきます。例えば、名前とメールアドレスを入力してWEBから申し込むような形にすればいい。

あと、僕だったらメディアのプロなのでブログなどを利用して情報を発信していきます。

店舗が無い状態でも、発信できることはたくさんある。

例えば定期開催しているイベントの様子などはUPできますよね。

他にも、なぜ自分がその店舗をやろうと思っているのかにまつわる過去の話とか。

その店舗で提供しようとしているメニューのレシピをこっそり公開するとか。

自分がいいなと思う都内のおしゃれカフェの楽しみ方を紹介するとか。

結局は、自分がビジネスで提供しようとしている価値をしっかり把握できていれば、メディアでの集客なんてのはどんなビジネスモデルだろうが、商品がまだ無かろうが関係なく成功する。

とにかくそうやって、先に欲しい人を集めちゃうんです。

必要なのは事業計画書じゃなくて、見込み客リストじゃない?

想像してもらいたいですが、自分が新しく店をOPENした際に、

OPENしてから初めてWEBや広告や看板を使って告知や集客を始めるのと、

OPENのタイミングで既に自分の店舗に興味があって連絡まで取れる人が5,000人いるのと、

どっちが成功しそうですかという話です。

単純です。

どんなビジネスモデルでも一緒です。WEBビジネスとか何ビジネスとか、関係ないんですよ。

ビジネスは基本、顧客がいれば成立するので。

OPEN前にアホみたいに皮算用の事業計画書を書いている人をたくさん見てきましたが。

余程の経験者じゃない限り、計画書通りにいくことなんて無いです。

そんな事に時間を使うヒマがあったら、リストを取ってください。

自分がやりたいことや興味のあることを利用して、事前に興味のある人を集める。

ブログやソーシャルを利用すれば、月に数十万人にアプローチして、1,000名単位で見込み客リストを作ることが可能なわけです。

まとめ

まぁつまり、ビジネスは始める前からほぼ決まっているということです。

勝負は、始める前に決まってます。

成功するための準備としての、昨日の記事と今日の記事でした。

やっぱり、顧客目線に尽きますね。なんだかんだ。

楽しんで、あんまり大げさに考えずにビジネス始めてみてください。

以上。

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓