儲かろうとするのはすごく大事だ。ビジョンだけの人間になるな!

トリイくん_背景色あり_丸抜きおはようございます。

トリイくんです。

 

今回は

映像制作系の会社で勤務しながら、映像制作スキルを活かして副業を始めようとしている山田さん(匿名希望)とお話しした時の内容を書き起こしました。

内容は

思考がごちゃごちゃしてきたら、原点とビジョンに戻ろう!

儲かる計画をしっかり立てる習慣はすごく大事!

などを話しています。

 

これから副業を始めようと思っている人

セミナーや勉強会の開催に興味がある人

 

などにはお役に立つと思います。

 

ご相談者のビジネスの状況や背景

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き

 

では、簡単に自己紹介をお願いします。

 

penguin

 

山田と言います。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き

 

山田さん。よろしくお願いします。

 

penguin 映像関連の仕事をしています。CGとかグラフィック作る系ですね。何かビジネスをやりたくて、まずは今できることから、小さいことでもいいから始めようと思って、「ブライダルの映像演出を自作したいという方のために、プロがアドバイスする」というセミナーを開きたいと思っています。

技術もあるしノウハウもわかっているので、具体的には5月6月くらいにはセミナーを開いてやってみたいなというのを思っています。今日はそのご相談というか、プランを見ていただきたくて伺いました。お願いします。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き

 

ありがとうございます。セミナーの内容はもう決まってるんですか?

 

penguin 口下手なんで書いてきたんですけれども。(山田さんはセールスレターを書いて持ってきてくれていました。)

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き なるほど。ターゲットは、「結婚式の映像制作を自分でやりたい」という人ですね。業者に頼むんじゃなくて、オリジナリティにこだわりたいって感じの人ですね。普通の業者に頼むと、パッケージっぽい仕上がりになってしまう。でも自分で作ろうとするとクオリティがイマイチ、みたいな状態ですね。

ちなみにこの先に何が待っているんでしたっけ?セミナー開くじゃないですか。そのあと、参加者にさらに何かを販売するとかの予定はあるんですか?

 
penguin 本当はこの先に高価格帯のオープニングムービーっていうのを実際に作っていまして、それを売りたいというのがあります。披露宴の入場時に流す「あおり的」なものがあるんですけれども。それをすごくクオリティの高い映像で、しかも今までにないような値段で売りたいというのがあるんですけれども。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き

 

それは発注式というか、オーダーメイドになるんですか?

 

penguin

 

はい。オーダーメイドです。それを先に作っちゃったんですけれども。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き

 

ん?そっちの商品はもうできているんですね。

 

penguin そうです。むしろ先にそういう商品を思いついて作ってしまったのが先です。すごくこだわったムービーを作って、こういうのを作れますよ!というオーダーメイドビジネスをやろうと思ったんです。でも、どうやって人を集めていいかとかわからなくて。そこからいろいろ巡り巡って、最初はセミナーからやってみようかなって思って(先ほどの自作支援セミナーの開催が目標になっています)。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き そういうことですか。発端は、こっち(オーダーメイドのムービー制作サービス)を売ったろう、みたいな。これはいくら?

 

penguin

 

20万くらいです。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き なるほど。それくらいなら払うんじゃないですか?「これはかっこいいぜ!」みたいなレベルにすれば。すごくクールで、こだわっているムービーになるなら納得でしょうと。結構お金かけたい人ですよね。演出に20万くらい。ちなみに、「先に作っちゃった」ってのは、サンプルか何かを作っちゃったってことですか?

 

penguin そうですね。僕は自分の結婚式が去年だったんですけれども、そのていで作ったんですよ。自分のものを。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き

 

あぁなるほど。クオリティが見えるようなサンプルって感じですね。

 

penguin

 

そうですね。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き オーダーメイドで要望を聞いてオープニングムービーを制作するサービスを20万で販売するみたいに考えてサンプルまで作ったけれども、集客どうしようという話になり、いろいろコネコネ考えた結果、「映像自作を支援するセミナー」をやろうみたいな所にきてると。

オーダーメイドサービスと、自作支援サービスだと、そもそもターゲットが違う気がしますが、結局どっちを主体にしたい感じですか?

 

penguin オーダーメイドは、ぶっちゃけどう売っていいかがわからなくなっているんです。例えば、サンプル動画をYouTubeにあげても、YouTubeにあがっている「結婚式の映像」の中ではたぶん一番いい(クオリティが高い)と思うんですよね。でも、まわらない(再生回数が伸びない)んですよね。どうやってそれを広めていいかわからないっていうのがあって。

そこで色々と見ていたら、節約のためだったり、オリジナリティを追求したい人とかが自作してYouTubeにあげている映像があって、それがすごい再生されているっていうのが分かって。それなら、そもそも作りたい人と関わったほうが自分が発信する映像がまわるんじゃないかなと思って。そっちのほうで考え始めたんですけれども。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き 思考がぐっちゃぐちゃになってますね(笑)なるほど。だいぶ突っ込みどころ満載な感じになっているんですね。

 

こんがらがったら、原体験とビジョンに戻ろう!

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き 聞いてると、ビジネス全体の構成がむちゃくちゃになっておりますね。結局なんのためになにをしたいのか、いまいちわからなくなっていませんかね?大雑把に表現すると「結婚式のオープニングムービーの質を上げる」ための活動をしているように見えますが、それをしようと思うのは何故なんですか?

 

penguin 自分が結婚式を挙げて気付いたんですが、オープニングムービーとかって業者に頼むと写真を渡すだけなんですよね。それを当てはめて、できましたっていうだけなんです。だからたぶんつまらなくて、みんなちょっと不格好でも自分で作ろうと自作をやり始めているんですよね。

映像制作のスキルが高くなれば、自作でも少しクオリティが上がるし、その手順がわかれば、例えば結婚式終わっても友達のをやってあげたりとか、誕生日やクリスマスでやったり、そういうのもできるようになると思うんです。そういう「日常にもう少し映像を自分でコントロールできたらたぶん楽しいだろうな」って思ったのがきっかけで、ちょっと入り口を間違えたんですけれども、ここ(映像自作セミナー)にたどり着いた感じです。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き 短めに表現すると、「みんながイケてる映像を気軽に自作して、日常に簡単に取り入れられる社会」ということですね。山田さんは、「自分の結婚式」をきっかけに、そういう社会がいいんじゃないの?と思うってことですよね。

 

penguin

 

そうですね。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き 自分が何をやっているのか、何をやるべきなのか、などがこんがらがってきたら、まずはその「ビジョン」に戻るのが良いですよ。

「こんな社会にしたい」みたいな大きなビジョンを描いておくのはすごくいいですよね。これって簡単そうで永遠に追及できそうなテーマなので、ずっと追いかけていられるでしょう。

そうするといろんな経験が、例えばどこかで出会った人脈とかもそうだし、自分がちょっと経験したこととかが全部ここにつながってきて、どんどんやりたい事が増えて行ったり、いつまでも前進していけるんですよね。それが自分の大きい「方向性」というやつで、そういう目印を作っておくとすごくいいかもしれません。

あと、もう一つ大事なのが「原体験」ですね。大体、こういうビジョンが出てきた時って、そのビジョンを持つきっかけになった「ストーリー」があるんですけれども、これがなになのかちゃんと自分なりに明確しておく。

これは、「実際の事実」であることがすごく大事なんですよね。事実に基づく原体験があり、それをきっかけにビジョンがある。こういう構成になっているのが重要です。

なぜかというと、ビジョンだけだとすごく曖昧でぶれやすくなっちゃうからです。意外とビジョンって曖昧な表現だったりするので、時間が経つと本当に目指していたのが何だったのか分からなくなったりします。だから、「なんでそういうビジョンをもつようになったのか」という過去のファクト(事実)を明確にするのが大事です。

山田さんの場合は「自分の結婚式」かもしれないですけれども、痛みとかどういう瞬間でなぜ発生したのかということを事実で押さえておくと、その事実は逃げないので、常に思い出して戻ってこれるんですよね。

あのときこういう事件があって、こんな感情を抱いた。その事実に紐づけて、自分はこれをやりたいという。ここをぶつけておくと、自分がやりたいことがだんだんぶれなくて明確になってくると思います。

 

ビジョンだけの人間になるな!「儲かる計画」はすごく大事。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き でもですね、これもう一個大事なことありますよね。セミナーってこの企画書によると、3万円で月に2回やるんですよね。そしたらそんなにしょっちゅう顧客取れないじゃないですか。月に1回セミナーに5名集客しても、15万円ですよ。月商15万円って小さくないですか。どうしますかそれ。

 

penguin

 

そこはあんまりまだ考えれていないというか。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き なるほど、それはよろしくないですね。私の感覚では、そこが一番重要な課題かなと思います。これ、年商180万になってしまって、モヤシしか食えないですよね(笑)

 

penguin

 

モヤシ(笑)

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き そう。モヤシ(笑)年商180万じゃモヤシしか食えないんで、ビジネスって呼べないじゃないですか。当然これ(実現したい社会などのビジョン)は大事よ。これ大事だけれども、やっぱり数字でも出しておかないと。本当にこの状態(ビジョンが実現した状態)になるために、シャカリキでがんばれるように自分に納得させておかないとダメです。

「別に、この先もハッピーじゃないんだよな」「この先に進んでも、どうせ今の給料のほうが高いくらいなんだよな」って、そういうしょうもないモチベーションで、例えばセミナーでトラブったときとかに乗り越えれるか?という話です。だいたい辞めますよね。こんなんだったらやらないほうがましだ!となってしまうので、少なくともこの先は数字だけでもバラ色にしておかないと。これ以外の収益はないの?バックエンドは?

 

penguin

 

無いんです。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き それはいかんわ。ビジョンだけじゃモヤシしか食えないし、モヤシしか食えないのが分かってる未来のために人間は苦痛を乗り越えられないからね。ちゃんと儲かる計画も作っておくのは大変重要ですよ。せめてセミナーやるならバックエンド作っておくとか。

勘違いしないで欲しいんですが、計画を立てていたら足が止まって何にもしていないってのは最低ですよ。まずは儲かろうが儲かるまいが、とにかく自分が目指してる社会に向けて自分が貢献できそうなことを手当たり次第やるべきです。

何でもやる。ボランティアでもゴミ拾いでもいいからたくさんやる。

そうやって「貢献」によって「信用」を貯めながら「業界理解」を深めるという作業は必須で必要です。でもそれと同時に、ちゃんと「儲かる計画」も立てていくべき。

 

penguin とりあえず副業だからと思っていたんですけど、副業でもやっぱりバックエンドとかないとダメですかね?

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き ダメですね。私はそう思う。収益が成立するビジョンだけでも、先にもっておかないと。

例えば違う場所で「映像を日常に簡単に取り入れたい」と思っている業界って何かないの?もしくは、映像を取り入れると何かのハッピーな事が起こる業界とか。自分が目指しているビジョンが役に立ちそうな業界とか、自分がイメージしてるギャップがあてはまるシーンとか、色々と広く見渡すと一番お金になるところが見えてくるので、それでとにかく形だけでもイメージしておきたいですね。

逆に、そういうのがイメージできないなら、業界理解が足りない証拠です。行動量が足りてない。色々と考えすぎ。行動量を積んでいくうちに見えてくることがあると思うので、もっとガンガン行動してマーケットを理解しないとですね。「どこならお金がもっと動いてるか」を知る必要がある。

どちらにしろ、最終的にはしっかり儲かるんだという強い意志を持って、「儲かる計画を立てる」という事を意識してほしいですね。

 

penguin ありがとうございます。まずは企画してるセミナーをいくつかやってみながら、高額商材が作れないかを探ってみるとか。

 

トリイくん_背景色あり_丸抜き それがいいですね!色々動き回りながら、儲かるポイントを見つけて、しっかり収益が上がる計画を立て切ってほしいかなと思います。

 

 

(おわり)

あとがき

改めて読みなおしたら、この時の山田さんは

1)まずはオーダーメイドサービスを20万くらいで売ろうと思ってサンプルも作成

2)売れないから色々調べてたら「自作したい」というニーズを発見

3)方向転換して自作したい人向けのセミナーを企画した

という感じですから、別にブレてはいないですね。

実はこの後、山田さんはオンラインサロン内で「オーダーメイドサービスが2本売れました!」という報告もしてくれました。

結局オーダーメイドサービスが売れたんかい!ww

個人で小さくビジネスをやるなら、やっぱり高単価にしていかないと厳しいと思いますから、「自作したい人を支援する」っていう悩みだとちょっと単価が低くなりそうですよね。

基本的には、マネタイズは「現在、同じ悩みを解決するためにかかっているコスト」分しか課金できませんからね。

ちなみに、ここでは「儲かる計画をしっかり立てるのが大事」という話をしたんですが、先日別の人から「儲かる計画が見つからないんで、計画をずっと練ってます」みたいな相談を受けて

 

 

どアホ

 

 

って言いました。

何にも行動していないうちから儲かる計画ばっかり立てるのが一番の愚策なので、最初は儲からなくてもいいからとにかく行動するべきです。

でも、ずっとそのままの意識で行動してるとマジで永遠に儲からないのがビジネスの恐ろしいところなので、

行動量は増やしながら、常に「しっかり儲かる計画を立てなきゃ」という意識は持っておく

のが良いと思います。

 

では、明日も精進しましょう。

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓