2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

USPに騙されて、変な肩書きの人が増えていった結果www

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

これからは、普通の集客コンサルタントとかメンタルコーチとかは、生き残っていけなくなる。

なぜなら、そういった分野には既に先行者がいて、その人達が有名になってしまっているからだ。

みたいな話を聞いたことがあるだろうか。

今後マーケットが減少していく日本経済を予想して、マーケッターやコンサルタントがこんなことを良く言っているのをよく聞く。

じゃあどうしたらいいのって話になって、

「差別化」するために、誰もまだ存在しない分野やジャンルを自分で作ってしまえばいいんだよ!!って話を続けるのが定番だ。

そしてそのためには、USPを明確にしよう!となる。

USPという言葉はご存知だろうか。
ユニークセリングプロポジションの略で、一言で言うと固有の特徴という感じ。

つまり、誰も競合のいないジャンルを作り出して、そこの第一人者風に名乗ればいいんだ!みたいな話になる。

その結果、こうなる↓↓↓

夢発見コーチ
自分軸発見コーチ
珈琲コンサルタント
婚活コンサルタント
問題解決コンサルタント
家庭学習コンサルタント
文章改善コンサルタント
資金発掘コンサルタント
ハッピーコーディネーター
引き寄せ集客コンサルタント
自信のない方専属ライフコーチ
見込み客リストマネジメントコンサルタント
起業家のためのセルフプロモーションマーケティングヒットメイクコンサルタント

 

冗談ではない。

実際に検索してヒットしたものを書いている。

下にいくほど、長くなっていくのが分かるだろうか。笑

まだ、婚活コンサルタントとか珈琲コンサルタントとかは、新しいジャンルを作り出しているような気もするので、マーケットが存在するかはおいといて、なんとかなるような気もする。

しかし、もはや自分でも何を言っているのか分からないんじゃないの?みたいなものも数多く存在する。ジャンルとか業界を絞込みすぎでしょ!!ってやつも多い。

ナンバー1よりオンリー1!みたいな歌が流行って、僕はすごいその歌自体は好きなのだけれど、残念ながらマーケティングの世界では、本当のオンリー1というのは、誰からも必要とされていないということと同じだ。

こんなことを言う僕も、以前はへんてこな名前でたくさんの肩書きを考えてみたのだが。

結局やめた。

今は、ブロガー起業家にしている。

なぜかというと、理由の1つは「ダサいから。」

もう1つは、そもそもそんな肩書きなんかで、仕事の受注量や稼げるかどうかが決まるとはとても思えないからだ。

商圏は??

そもそも、コンサルタントとして仕事をするうえで、肩書きが重なるなんてことはまぁあるよ。

コンサルタントなんて、取れる仕事は非常に限られている。問題は、商圏なのだ。

商圏が重なっているところで、全く同じ肩書きというのは、あんまりよろしいことではない。が、コンサルタントやコーチといった仕事に、そんなことは9割9分起こらない。だって、コンサルタントに商圏なんてほとんどないから。その気になれば、自由に動けるでしょうが。

冒頭の「普通のビジネスや肩書きじゃ今後は生き残っていけなくなる論」が本当だとしたら、全国でイタリアンレストランは1軒しか流行らないということになる。

しかし実際には、たくさんの同じようなイタリアンレストランはある。めちゃめちゃ近場でも、共存して流行っているお店とかもあるわけだ。

へんてこでダサいカテゴリーを勝手に作って、名前をつけるのがどうも得策とは思えない。

そもそも、オンリーワンの業界を自分で作っていくのはかなり大変な作業だ。

それこそ、時代を読む力と大衆の流れがかみ合う運が必要で、簡単にそんなものを引き当てられる人は多くない。

たまに、「片付けコンサルタント」とかがTVでブレイクしたりするから、それを狙いたくなるのも分かる気もするけど。。。。。。

発信量が足りてないんじゃ??

それに、自分の特徴というのを完全な一言で表現しようというのは、そもそも無理がある。

たくさん発信していく中で、本来は特徴というのは受け手が決めるものだ。

自分の肩書きって本当に必要なの?
こちらの記事にも書いてあって、あぁなるほどな。と思ったことだが、変な肩書きを自分で名乗って、あえて限定してしまうこともない。

むしろ、色々な特徴を感じてもらうだけの情報発信を、普段から多くするように心がけるようにするべきだと僕は思っている。

そういったコミュニケーションや発信の量が足りていないから、自分で無理に名乗って、一言で相手に印象を与えなくちゃいけなくなっているだけなのではないか、とさえ思う。

専門家と名乗るのは大事。でも無理にオンリーワンにならなくてもいいよ。

当然、自分が何者かをしっかり名乗ることは大事なことだ。

でもそれは、奇をてらったような名前である必要もないし、しっかりと自分が納得して自分らしいと思えるものであればいいと思う。

その中で、しっかり「誰のために」「何をしたいのか」という事業の根幹を守って活動を続けていれば、必ず情報やサービスの受け手が、あなたならではの特徴を感じ取ってくれるものだ。

それこそが、本当のあなたのUSPとなる。

どうも自分からややこしいカテゴリーを作って、人にわざわざ説明しなきゃいけないような肩書きで活動している人が増えているような気がする。

ので、書いてみた。

あなたの周りにも、そんな人がいたら教えてあげて欲しい。

さて、それでは今日も素敵な一日を!

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓