2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

仕事つまんねーからそのまんま上司に伝えてみたらこんなこと言われた

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

仕事を辞めたいと言ったら上司に言われたこと

起業する前のちょっとした大手の広告会社に勤めていた頃のこと。

その会社は結構イケイケの体育会ムードで、社内で色々なキャンペーンをやって営業結果を競わせたりとか、なんか年中お祭りという名前のアメとムチで踊らされているような環境でした。

やれ●●キャンペーンだとか、●●月間だとか、なんか常にそんなものが存在していて、

でも僕はそーゆーのに全然興味を持てなくて、

「なんか疲れるなぁ、、、、自分のペースでやらせてくれよ。」

なんて思ってちょっと浮いてる感じの日々を過ごしてたんですね。

 

仕事を辞めて起業したきっかけは沢山あったんだけど、やっぱり自分のペースで仕事をやりたいというのと、

あともう一つは「仕事内容に大した意義とか楽しみを見出せなかった」からでした。

で、

自分が楽しいと感じることしかやりたくないなぁ、、、それに自分のペースで仕事したいんだよ、俺は。

的なことをオブラートに包みまくって上司との面談で伝えていたら、結果として辞めたいという旨を伝えることになっており、

起業するあても無いし、プランも人脈も資金もなんも無いんだけど、気がついたら辞表を出すような形になっていたわけ。

まぁそれはいいとして、その当時合計3名くらいの上司と呼ばれる存在に相談に乗ってもらったんだけど、その時に口をそろえてこんな事を言われたのを覚えている。

「この会社でまだ、本気でやり切ったことないだろ。」

「そんな状態で次に進んでも、お前は絶対に通用しないぞ。」

的な。

 

的なね。

 

で、僕はこう思った。

「いや、だからつまんねー仕事だから本気出せないんだって。」

 

的な。

 

 

当時の自分は副業をやっていて、既にそっちで会社と同じくらいの売り上げが立っていたので強気だった。

でも会社では確かにすごく活躍しているようなわけでは無かったので、心では色々と思っても、結局なんとも言い返せなかった。確かに一理あるからね。相手の言うことも。

しかし、かなり悔しかったのは今でも覚えている。

取り返したい失敗があるかどうか

僕は成功のために最も重要なのは、悔しさなんじゃないかと思っている。

何か失敗をして、人からそれについて言われて、「ちくしょう!」という気持ちになる。

それを取り返すために、前進する。

だから、何か始めようとする時は、最初は派手に失敗する方がいい。

どうも前進できずに足踏みしている人は、最初をうまくやろうとしているように見える。

だが、実際には最初は「確実に失敗したほうがいい」のだ。

まだ自信がない状態とか、まだ実力が全然伴っていない状態で、とにかく踏み出してしまうのが重要だ。

最初の1歩だけでいい。

それによって、確実に失敗する。

悔しい思いもするだろう。

しかし、その取り返したい失敗があるからこそ、次に進めるような気もする。

だいたい、パチンコに初めて行って偶然大当たりしたような奴は、その後ハマってしまい、通算で負け越すことが多い。

最初がうまくいくほど恐ろしいことは無いのだ。

成功したい理由ではなく、取り返したい失敗を手に入れろ

あなたには、あるだろうか?

取り返したい失敗というものが。

もしそれが無いのであれば、それは成功する理由が無いのに等しいと思っていいだろう。

よく成功哲学なんかで、イメージするとか写真を貼るとかやっている人がいるけど、

正直そんな無理やりな「成功したい理由」をゴタゴタ並べるよりは、一度失敗してみる方が早い。

小さく失敗するのがコツだ。

何か始める時には、まだできないタイミングでやってみよう。

そして、取り返したい失敗を手に入れる。

それを取り返すために、頑張る。

次回、またちょっとだけ成功して、たくさん失敗する。

それを取り返すために、頑張る。

そうやって成長していくものなのだ。

この記事でも

やりたいことがわからない人が素晴らしい仕事を獲得するまでの話

自分探しをしている時は説教や心配を貯めている期間だと考えようみたいなことを書いたけど、ほんとに人から何か言われて悔しい思いをする事は、行動のトリガーとしては有用だと思う。

 

もし、小さく失敗してみて、「取り返したい」とさえ思わないのであれば、その分野ではどうせ成功できないから辞めておいた方がいい。

違うことをやってみればいいさ。

可能性は無限にある。

 

結果として、会社を辞めたときに言われたことは僕の原動力になっている。

今は、好きなことだけやって自分のペースでビジネスをやっているし、会社員のときより時間も収入も断然増えた。

どうだこの野郎!

という感じです。

小さい原動力だなぁと思うかもしれないが、人間なんてそんなもんだ。

 

あなたも、できる自信が無い今だからこそ、思い切って1歩目を踏み出してみて欲しい。

そこで手に入れた「取り返したい失敗」が、あなたを一生に渡って成長させてくれるはずだ。

 

それでは今日はこの辺で。

良い一日を!

 

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓