子供の顔を見て学校の様子を想像するような経営がしたい

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

おはようございます

トリイくんです

 

最近、私はオンラインサロンという業態を「人を稼ぐ」ためにやってます。

12月にDMMさんのプラットフォームに移行してから2か月弱。

その間、オンラインサロンの事業モデルを本気で組んでみました。

やってみて思うのは、「人のつながりこそが最大の報酬」という事です。

オンラインサロンというのは、月に数千円を課金していくモデルなので、そんなにめちゃくちゃ儲かるという話ではありません。

元手がかからずに儲かるって話なら、おそらく人材紹介とか広告販売業の方が効率が良いでしょう。

ただ、オンラインサロンは、「人」を稼げる。

この2か月で、既に私は何名もの自分よりステージが進んでいる起業家と交流を深めることができたし、資金調達、経営、ビジネスそのものに対して大変大きな勉強をさせていただきました。

サロンの中から弊社で働きたいと言ってくださる方も現れ、面接に進んでいたりもして、人材採用にも効果があった。

私は、「企業は人なり」という言葉は非常に大切にしていまして、その「人を稼ぐ」という最も難しくて効率化しにくいところを、サロンのようなオンラインコミュニティは見事に解決してくれる可能性があると感じています。

その辺りの「コミュニティの企業活用論」などは、先輩事業家である木下さんのサロンで教えてもらったり気づきをもらえたので、そういう話に興味がある人はこちらの読ラボサロンも入ってみると良いと思います↓↓(私もいます)

木下俊之(読ラボ 総監督) – 「読ラボサロン」 ~粋な仲間と出会えるオトナの秘密基地~ – DMM オンラインサロン

ちなみに、私のオンラインサロンはこちら↓↓

鳥井 謙吾 – トリイくんのマーケティング実践大学 – DMM オンラインサロン 

 

子供の顔を見て、学校の様子を想像するように

 

もう何年も前から、私がずっと信じている経営観があります。

それは、

CS(顧客満足度)はES(従業員満足度)を超えない

という考え方です。

 

基本的に、事業というのは人がやるものです。

ちょっと最近AIとか人工知能がブームになって「仕事がなくなる」みたいな変な論調がありますが、そもそも人間より早く動ける車も速く計算できる電卓も、われわれの仕事を奪うどころか増やしています。

なぜか。

それは、仕事という概念そのものが、人間の「進化の営み」それ自体を指しているからです。

人間は、種を進化させるために仕事をしているわけなので、「無くなる」という考え方はそもそもがズレています。正確に言うと、「やめる」ならあり得る。

仕事が人から与えられている人は、「無くなる」という感覚なのかもしれませんが、仕事をゼロから「生み出している」という私のような立場からお伝えすると、

いや、私がやめない限り、仕事はなくならないよ(だって私がまた作っちゃうから)

という感じです。

 

脱線しましたが、つまり仕事は無くなりません。

だからこそ、企業は人なりなのです。

働いている人間こそが価値の源泉であり、従業員満足度が高いと、自然と顧客への価値提供も高くなります。

 

子供がいる人は分かると思いますが、子供というのは「よーーく毎日観察している」と、大体の事が分かるようになります。

「あ、今日は機嫌悪いな」

「あ、今はこんな気持ちなのかな」

「あ、何かあったのかな」

という感じで、言葉でうまく感情を話せない幼児でも、態度で気持ちが分かるようになる。

 

事業も同じで、「従業員の事をよーーーーく毎日観察している」と、彼らの顔を通じて顧客がどういった状況なのかも理解できるはずなのです。

経営者は、直接マーケットを視ようとするのではなく、従業員を見ることでマーケットを理解するべきだと、私は考えています。

 

従業員満足度を高めることを通じて、顧客満足度を高める。

そんな経営者が生まれてくる会社を作りたいなと思っています。

 

さて、それでは今日も精進しましょう。

また。

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓