うけるブログ作りを継続するためにやっている2つのこと

DMMオンラインサロンアワード2017で

【2017年 日本で最もコミュニケーションが活発だったサロン】に選ばれました!!




日本一コミュニケーションが活発なオンラインサロン「ファーストペンギン大学」はこちら▼▼
5875410575_17c6729e50_z

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

ブログのアクセスの増やし方とか、どこぞのブログがSEOに強いらしいとか、アクセスアップに必死な方々の間で日々色んなことが言われていますが、そういったことに必死になっている人に限ってできていないことがあります。

つまり、テクニックの前に「記事の質」が悪いという話です。

今日はそんな「うける記事」を増やして「うけるブログ」を作っていくための2つの工夫について。

ブログは「問題」について書く

まず、これ。大概バズる記事ってのは、こういった「問題」について書いた記事が多いです。逆に、あんまりアクセスが増えていかないブログは、ノウハウとかばっかり書こうとしてる傾向にあります。

そもそも起業ってのは、何かの問題を解決しようとして始めるもんです。現状の社会じゃあできていない事があって、その「解決できていない問題」をどうにかしなくちゃいけないと思うから、ビジネスとしてわざわざ起業なんかするわけですよ。

これが無い(もしくは薄い)なら、起業なんかしなくていい。

というか、これが無い人は起業に失敗します。存在意義が薄いので支持されないし、熱意も続きません。金稼ぎでやっちゃダメです起業は。

だからブログでも、この「あなたが問題視している現象」について書くのが大切です。「それを解決する手段」の話よりも、むしろ広く共感されるのは「問題」について書いたときなんです。

あなたのビジネスの内容よりは、あなたがビジネスをやるきっかけについて書く。というイメージ。

なぜかというと、人は「不満や問題に感じること」はすぐに自分に当てはめて考えられるから。

例えばこのブログも、「社畜どやねん?」みたいなテーマをたまに投げかけたりしてます。そうすると、それが問題だと思う人にたくさん読まれます。もちろん社畜を抜け出すための方法についても書くわけですけど、それよりは「社畜どやねん?」の記事のほうがウケます。

この「問題点」をシャープにして、そこに向かって記事を書いてみてください。そうすると、アクセスが伸びやすいブログができます。

キーワードは、「●●どやねん??」です。

この疑問と言うか、問題提起みたいなものをもっと押し出してブログ書いていくと良いです。「教育現場どやねん??」とか、「女性の働き方どやねん??」とかね。

ノウハウ書こうとするとつまらなくなっていくので、まずはこの●●どやねん??が自分にとって何なのか。

扱うべき、問題提起するべきテーマは何なのかを明確にしましょう。

気持ちがこもったいい記事を継続して書いていくために結構大事なことです。

記事のタイトルを書き溜める

あと、みんなやっていないけど絶対に良いブログを続けていくために必要なのがこれ。

僕は基本的に朝にブログ書いてるんだけど、まぁ寝起きだからちょっと頭がぼーっとしてます。だから、毎朝ブログに書くネタをその場で考えていたらきっと続かないと思う。

でも、僕は普段電車で移動してるときとか、自転車乗ってるときとか、まぁつまりぼーっと考え事ができるときにブログのネタを大量にストックしてます。

そういうときに限って、「パッと浮かぶ」んですよ。タイトルが。

だから「こんな記事書いたら面白いな」というものが浮かんだ時に、その場でメモってるかどうかです。これをやらないと、ほんとに5分後には思い出せなくなってます。後で、、、というのは無いです。絶対忘れるから。めちゃもったいない。

ブログの記事は、タイトルを決める作業と言っても過言ではありません。

タイトルさえ決まれば、内容は自然とできていく。だから、こういった空き時間や考え事をしている時間に浮かんだ大量のタイトル案を全部ストックしていければ、ブログの運営はすごく楽になる。

しかも、そういったときに浮かんだ記事ってのは苦労してひねり出した記事より良いものが書けます。なぜか。

僕の場合はi-phoneにevernoteを入れているので、そこの「ブログネタ帳」というノートを常に一番上にしていて、そこに思いついた瞬間にパパパッとタイトル案をメモしています。

それによって、運営を楽にしながら記事の質を保つ努力をしているわけですね。

実践してみるとほんとに効果を感じると思うので、是非やってみてください。

 

さて。

というわけで、今日の仕事も終わりです。

本日も、素敵な一日にしましょう!