2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

いい大人がまだ少年ジャンプなんか読んでんの?って言われたら

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

402463_252438468157174_1310087898_n
(※写真は昔奥さんが作ってくれたブチャラティケーキ)

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

その昔、

「父親は大人になってもずっと少年マガジンを読んでいて、しかもなかなか捨てないから家に週刊誌が積み重なっていた」

みたいな話を母親から聞かされたことがありました。

その時、僕は「うわー、大人になってまで少年マンガ読んでるとか痛いなー」と思っていたわけですが。

そしていざ大人になった今、毎週欠かさずジャンプを読んでいる自分がいます。

というか、単行本も買っている自分がいます。

毎週月曜日の楽しみは、仕事が始まることとジャンプが読めることです。

社会人になったら日経を読む。という戯れ言

CMで「就職したら日経を読むのが当たり前!」みたいなのってあるじゃないですか。

僕も就職したての頃って、何か日経を読むのがかっこいいのかなと思って読んでいた時期がありました。

というか、親とか上司も言ってきません?

「ビジネスマンなら日経を読めよ」

みたいな謎の助言を。

で、まあ実際にビジネスに日経が必要かというと、正直全然要りませんね。日経どころか新聞も必要ないです。

結局ですね、自分のクライアントが何を求めているのかってのは日経なんかに書いてませんよ。

僕は日経読みませんけど、ビジネスにかけらの影響も無いです。新聞も読みませんが、ニュースサイトなどで話題になった時事ネタなどは拾えているので、全く日常に問題も起きません。

結局、新聞なんか読んでいる人は「自分の読むべき分野」ってのを絞り込めていない証拠だと思うわけです。

だからとりあえず日経を読んでいる。でも、それによって得られたものは「取引相手との雑談」くらいでしょ?

僕は日経は読みませんが、日経MJはちょいちょい読みますし、マーケティングの専門誌とかライティング関連の本とかは死ぬほど読みます。もう頭おかしいくらい大量に読みます。

フィードも1日100本以上の記事をチェックしますが、それらも自分に必要なテーマのものだけです。

新聞なんか読んで、何に使うのかも分からないし決めてもいないような「無駄な」知識をたくさん入れて、どうすんの?って感じですよ。

そんなもわっとした広くて浅い知識に時間をかけるくらいなら、思いっきりマニアックな情報を深く掘ったほうがいいです。日経を100日分読んでも1円も稼げませんが、専門書を100冊読んだらプロとしてお金を取れるレベルになりますから。

ジャンプ読んでるほうがよっぽどマシだよ、という時代

結局、振り返ってみても無作為に日経を読んでいたことは何の武器にもなりませんでしたが、

今、いい大人なのに目を輝かせて少年ジャンプを読んでいることは、自分のビジネスにとって凄く役に立っています。

なぜか。

それは、今は「個性がお金になる時代」だからです。

「少年ジャンプを読んでいるような人間だからこそ、取れるお客様がいる」ってことです。そこに自分らしさが出ていれば、それが共感を呼んで人を集めてくれる。

大切なのは、自発的に目を輝かせてやっているかどうかです。それが、あなたの個性を磨いてくれるわけですからね。

僕は、僕の個性でしか書けないブログを書いていて、僕の個性でしかできないビジネスをやっています。

個性がコンテンツを作ってくれている。

それでいいんです。

子供のままの自分だから稼げるコンテンツになる

大人になったら新聞を読む、ビジネスをやるなら日経を読む、いい歳になったら少年マンガは卒業する。

そんな、誰が決めたのか分からない常識はどうだっていい世の中になっています。

常識を取り外したときに、子供のままのあなたは何に目を輝かせるのか。

それが「カブトムシを育てる」なら、それをやればいい。

それが「日本中のジェットコースターを制覇する」なら、それをやればいいです。

その自発的な探究心が強い個性になって、専門性や共感性を高めることに繋がり、いずれは自分にしかできない領域や価値をあなたに与えてくれるでしょう。

まず、その自分が目を輝かせて探求できるものを見つけることこそが、売れるビジネスコンテンツを作るための第一歩になります。

「サイズの大きなカブトムシの育て方に誰より詳しい40歳の男性」 なんかいたら面白いじゃないですか。

毎日なんとなく日経読んでる40歳より、よっぽど会いたいですよね。

そーゆーことですよ。

写真のケーキも、うちの奥さんがブチャラティを好きすぎて作ったものですからね。このクオリティまでいくと、はっきり言ってお金取れますよね。

みなさんも是非、楽しいことを突き詰めていって仕事にして欲しいものです。

マネタイズする方法が分からなかったら相談してください。どんなネタでも簡単にお金になりますから。

好きなことで稼ぐってのは、みんなが思ってるより難しいことじゃないです。

 

というわけで、まだジャンプなんか読んでるの??って言われたら、

「いやいや、、、ヤングジャンプも読んでるよ!!」

と自信を持って答えましょう。それでいいんです。

 

では、残り一日も素敵な時間をお過ごし下さい。BYE!!

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓