2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

薄っぺらい商業出版をするくらいなら絶対にブログを始めたほうが良い理由

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

最近、出版ブームみたいになっていますね。

あちこちで、どうでもいいような内容で、たくさんの本が商業出版という形で世に送り出されています。

というと言い方が悪いですが、出版社も本を次々に出さないといけないわけで、

彼らも常に、売れそうなネタで本が書けそうな人を探し回っているという状況のようです。

そういった出版社のニーズと、本を出して実績として活用したい!という人をマッチングするような

出版プロデュース、出版コンサルティングというものもかなり多くなってきています。

そんな本出して、意味あるか?

書店にも、似たようなタイトルで、ひたすら同じようなことを言っているだけの本がいっぱいありますね。

ビジネス書のコーナーは、WEBの世界と一緒で情報インフレが起きていると思います。

最近は、本当に情報が欲しいと思っていてビジネス書を買っている人なんか、いなくなったんじゃないですか?

皆様は、どうでしょうか。

少なくとも僕はそうです。

しかし、ブログなどと違って、出版はまだ少しハードルが高いと思われているため、

出版しました!と言えば勝手に「すごい人」と思ってもらえる。

それを利用して、出版コンサルタントもボロ稼ぎができる。

そういった状況になっています。

ですが、まぁそうやって世に出た本は、正直つまらん本が多いです。当然ですね。

人が求めているのは、「独自の視点や視座」になってきていることは、以前の記事

一瞬で商品を差別化するためにはキュレーションが重要

でも書いたとおりです。

正直、良質な「コンテンツ」を新しく発表することはかなり難しくなってきています。

情報爆発しているから、ほとんどのことは、みんなネットから既に情報を入手している。

「まだ誰も知らないことで、すごく重要なこと」をキャッチするのは、

かなり情報に敏感な人しか無理でしょう。

だから、今ある情報やコンテンツに、「僕はこう思う」とか、「私はこう思う」といった独特の視座を盛り込んで、情報を再編集できる技術がないと、出版しても全く売れません。

ノウハウ自体に興味があるのではなくて、

「その著者が、どう考えているのか」に、興味が移ってきているわけです。

とりあえず出版したいから商業出版コンサルタントにお金を払おうとしているあなた。

あなたは、情報に「自分ならではの視点」を盛り込める自信がありますか?

その視点は、しっかり「人の興味を集められるもの」なのでしょうか?

そんな本世の中に出しても、紙の無駄になりませんか?という話は、自問自答しておくべきだと僕は思います。

メッキが剥がれる時代になってきた

もちろん、本を出版している経験があることは、何らかの信用やステータスにはなります。

それをビジネスに活用するために、コンサルタントや士業の方が本を出すのは、間違っているとは思いません。

 

しかし、ちょっと考えてみてください。

恐ろしいことに、出版した本の事実は消すことができないわけです。

モノが残ってしまいますから、一度世の中に出したら、完全消去は絶対にできません。

どれだけぺらっぺらの内容でも、ずっとその人の実績として残っていってしまうのです。

「出版」というステータスは、いわばメッキです。

出版することが大切なのではなく、本来は中身が大切なことはみんな分かっています。

そして今後、誰でも出版ができる世の中になっていけば、おのずからメッキは剥がれることは間違いありません。

 

なぜか。

 

それは、情報過多になっていくと、「ホンモノ」を見極めようとする力が働き始めるからです。

例えば、WEBサイトが溢れていくほど、グーグルは「質の良い」サイトを見極めるアルゴリズムを強化していっています。

これによって、中身のないサイトを大量に作ってSEOと呼んでいたアフィリエイターたちが、大打撃を受けました。

他にも、たとえば昔は、医者なだけで先生と呼ばれて敬われていましたが、今は良質な医者を探すためのサイトや本がたくさん出ています。

もちろん、コンサルタントや士業にも同じことが起きています。

みんな、「質の高いホンモノ」を見極めたくて必死になっているのです。

 

「一生メッキに騙される人とだけ付き合っていく」と決めているなら、2重3重とメッキを塗りたくればいいですが、世の中の人は「ホンモノ」を見極めようとしてどんどん賢くなっていきます。

まさに、メッキが剥がれる時代になってきているのです。

 

「あのくだらない中身の無い本を出している人でしょ」と一生涯に渡って言われるかもしれません。

そんな可能性のために、あなたは何十万も何百万も「出版コンサルタント」に払おうとしているかもしれません。

一度立ち止まって気をつけたいものです。

人気ブログを作ったほうが結局実益になる理由

もし商業出版に興味が出てきたんだけど、文章を書いた経験があまり無い、、、という人なら、むしろブログを頑張ったほうが何倍も実益になります。

私も商業出版を考えた時期がありましたが、ブログに振り切ってコンテンツ配信を頑張った結果、あり得ないくらいの恩恵に授かることになりました。

理由はいくつかあります。

コンテンツ力を鍛える練習ができる

本と違って、ブログの世界はメッキがすでに通用しなくなったと言えます。

ブログはだれでも簡単に作れるからこそ、質の高いものしか残っていきません。

ソーシャルバズが起こっている記事や、人気のブログなんかは、まず質が高いし面白いものが多いです。

(アメブロなど操作されたところでの人気ブログなどは除きます。詳しくはこんな記事がめっちゃ面白いので読んでみてください⇒ アメブロ総合ランキング上位のサイトが残念な件

この時代に人気ブログを作れるというのは、質の高いコンテンツやキュレーション技術がある証拠です。

ブログやソーシャルメディアなどのハードルが低いところで人気が出るというのは、逆に質が磨かれているということでもあるのです。

その過程で、メッキではなく、ホンモノの発信力や影響力が身に付くことが実感できるはずです。

私も、発信を3年続けた今だからこそ思いますが、「3年前に勇み足で商業出版なんてしなくて良かった・・・」と心から思います。

その頃だったらクズみたいな本を書いていた自信がありますからね。今は少しはまともなものが書けるくらい実力がつきました。

なんせ、ブログはあとから記事を削除したり書き換えたりができてしまいます。

黒歴史だと思ったら、消せば良いのです。

実際、3年も前の自分の記事を見たら赤面モノだったりすることはかなり多いです。ほとんどのブロガーがそう思うはず。

でも、削除やリライトして文章を改善したりすることが可能です。特に古い記事は、サイトのパワーが強くなるとあとからSEOで上位表示されたりしますから、むしろ定期的に過去記事を読み返して修正していくのは大切な作業です。

そのあたりはこの記事

見込み客を自動で集め続ける集客ブログの作り方

にも書いていますので参考にどうぞ。

ブランディングに合わせて実際に問い合わせまで発生する

本を出しても、その本が実際にお客様に勝手にアプローチして問い合わせや注文を産んでくれるケースというのはそこまで多くは無いでしょう。

超ベストセラーにでもなれば別ですが、基本的には「権威性」や「ブランド力」を強化する意味しかありません。

それと比べると、ブログはWEBの世界ですから、相手にそのまま行動してもらうことが可能です。

例えばブログを読んでいて、気になったからそのままお問い合わせフォームから連絡する。

もしくは素晴らしい記事だと思ったからコメントを入れたりfacebookでフォローしたりする。

そうやって、読者が実際に行動を起こして自分と関わりを持つきっかけになってくれます。

さらに、過去記事は資産として積み重なっていきますので、続ければ続けるほど効果は飛躍的に上がっていくのがブログの良いところです。

私の場合でも、ブログで月間何十万人もの人に自分のことを知ってもらい、問い合わせや注文を大量にいただいています。

生半可な時期に出版コンサルタントに乗せられて商業出版なんかしていたら、この恩恵は授かれなかったと思います。

今振り返ると、ほんと良かったです。

ただし、アメブロなどでブログを始めるのは絶対に辞めましょう。

その辺りはこれらの記事

仕組みで稼いでいく側になるためのブログ運営の考え方

ゼロからビジネスブログを開設するために行うべき9つの手順

などに書いていますので、是非読んでみてください。

 

頑張って一緒に努力しましょう。

では、今日も良い一日を!

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓