選ばれる理由を追求するセルフブランディングの3つのコツ

本日はセルフブランディングに精通されている松下さんにインタビューをさせていただきました。なんとなくセルフブランディングって大事なように思えますが、そもそもセルフブランディングって何?や何のためにやるか?など、具体的に伺ってきました。

セルフブランディング迷子が増えている

今日は松下先生にお越しいただきましたありがとうございます
よろしくお願いします。
簡単に自己紹介をしてもらおうかな

 

 

はい!! ブランディング戦略コンサルタント/自分メディア改善コンサルタントの松下一子(まつしたいちこ)です。 今は、主に「教える仕事」「サービスが見えづらい」方向けに、「最低限の労力」で「来てほしい人が集まってくる」「困った人が来ない」ようにするための個人ブランディングのアドバイスをしています。
セルフブランディングの神じゃないですか今日のテーマにぴったりの先生や!
神ってほどでは・・・(照)

 

 

今日のテーマはセルフブランディングなんです

 

 

なので、呼ばれたんですね!

 

 

そうです(∩´∀`)∩リスナーの方からお便りいただいておりまして今日は個人事業主2年目の人から、「セルフブランディングが大事!ということを最近よく耳にするのですが、そもそも何をすればいいか、どうしたらブランディングに繋がるのか全然イメージできません。キラキラしたことは苦手だし、自分らしくお客様に選んでもらえるようになりたいのですが・・・」的な質問をいただいてましていっちーに助けてもらおうということで勝手にいっちーと呼んでますが

 

 

はい、「いっちー」で大丈夫です(笑)

 

 

なんかブランディング迷子みたいになってる人が多いような気がしますね最近
そうですね。 迷子の方、多いです。かくいう私も以前は迷走しまくってました。

 

 

え?そうなんですか

 

 

そうなんです。 情報が多すぎて、どっちを信じていいのかとか、自分の気持ち的な折り合いとかもあって、「いったいどれが正解なの?」と正解探しの迷宮にどっぷりはまっておりました。
なるほど正解とかあるんですかね(w)

 

 

例えば、ある先生は「自撮りしましょう」といい、別の人は「自撮りはやめたほうがいい」という。
あーなるほど
しかも、それぞれの先生は、きちんと結果を出している・・・ で、自分はどっち・・・みたいな感じに陥っていました。

 

 

で、どっちなの?(w)
ぶっちゃけ、結果さえ出れば、どっちも正解です。

 

 

そうだよね。

好きにしたらいいと思うわマジで俺なんか自撮りうんぬんの前にトリだよ

 

 

そうなんです。好きにしたら・・・と思いますが、迷ってると気づかないんですよ。 一番まずいのが、両方のミックス。どっちつかず。
いいとこどりしようとか考えちゃうんですかね迷った

挙句に、ふらふらしてるみたいな

 

 

わかんないから、言われた通り、と思考停止になってるんだと思います。

 

 

なるほどーそれは良くないよね
もう一つ考えられるのが、「なぜそれがいいのか」「それをするとどんな人が集まってくるのか」を考えていない。

 

そもそもセルフブランディングって?

そもそもセルフブランディングって、あいまいだよね。
確かに言葉はみんな知ってるけど、中身がよくわかっていない人、多いです。

 

 

だよね

 

 

ですです。
結局、何なの?
いい意味でのレッテルを張られることですね。 個人事業主でいうと

「どんな人の役に立つのか」「あまり役に立たない人はこんな人である」

「このサービスを受けるとどうなるのか」「そのサービスをどう提供するのか」「どんな人がそのサービスを提供しているか」が、わかりやすく伝わるってことですね。
役に立つ人だけじゃなくて、「役に立たない人」もイメージできちゃうってこと?それ面白いね
お客様にヒアリングをすると、 「理想のお客さまってどんな人?」 って聞くとすぐ出てこない人も多いんですが、 「こいつだけは勘弁って人はどんな人?」 と聞くと結構出てきます。
ほほうそんなもんかもね(w)
リスナーさんの質問で「キラキラしたことは苦手」ってありましたが、そうすると、このリスナーさんは、「キラキラが好きな人、キラキラしたい人」の役にはあまり立てないはず。
あーそれはそうでしょうね

 

 

もし、来てくれても、お客さまの気持ちがさっぱりわからない。

 

 

そういう人は、来ないほうがいいよね
はい、「いい仕事」もできないし、相手の満足度も低いので、できればキラキラが得意な方のところへ行っていただくほうがお互いに幸せなんですよ。
鳥井さんはこんなことをやってるから、●●さんは紹介したら役に立つと思うけど、▲▲さんは紹介しても役に立ちそうにないなというのを、ほかの人がイメージできるようになれば良いって感じ?そして、紹介するときに「鳥井さんはこんな人で・・・」というフレーズもイメージできてるという
はい、その通りです。 そうなっていると、全員がハッピーな状態になりますよね。

 

 

たしかに
ロスも少ないし。

 

 

みんな得するね
はい、断ったり、あれこれ考える時間が減ります。仕事も楽しいし、結果も出やすくなるのでいいことだらけです。

 

 

とはいえ、簡単ではなさそうだけど
コツさえわかっちゃえば簡単です。
ほほう!(;´・ω・)それは(;゚д゚)ゴクリ…ゴクリやでつまり生唾もんやでさぁ教えたまえ

セルフブランディングのコツ

「お客さまは神様ではありません」「来てほしい人はこちらから選んでいい。」「”なんとなくいやだな”と思ったら直観に従う」の、3つ。
しんぷる!
駆け出しのころって、「売れっ子でもないのに断っていいのかな?」と不安に思うんです。
たしかに断るの怖いよね
そうなんですよ。 しかも、外野も同じようなことを言う。 すると、断るほうが悪いような気持になっちゃうんです。確かに断るのは角が立つし、できればやりたくないじゃないですか。
なんか悪いような気がするよね、せっかく頼ってもらったのに断るのって
そのために、自然にスルーされるようにするようにするんです。
自然にスルー?
わかりやすく言うと、 ●映画のレディースデー
女性が安い!ってやつ?
女性専用、ってことだと、別に男性は拒絶感を感じませんよね。 だけど、これが、 ●男性NGデー だったら感じ悪くないですか?女性が安いってやつです。
男性NGデーはちょっと気分悪いよねあーなるほど!「こっちに来て欲しいっす」ってはっきり言うと
はい、やっている内容は同じなんですが、言い方を変えると、角が立たない場合と角が立つ場合がある。なので、角が立たないように「こっちですよ」と目印を立てます。
ちなみに、いっちーもあるの?
もちろんです。仕事を依頼される時って2つの要素があって ●何を解決したいか ●誰にお願いするか で決まります。
たしかにそうですね
解決したいことについて詳しいという条件を満たしていて、誰にというところでの決め手っていろいろある。一番多いのが、 ほかにその仕事をやっている知り合いがいない。
信頼できそうだから・・とか?趣味が同じだったから・・・とか?あぁ!なるほど
信頼よりも、ほかにいなかった、が多かったりします。

 

 

確かにそうかも
あとは、「今すぐ必要で、ほかの人を探している余裕がない。」

 

 

緊急性が高いというやつだ

 

 

「値段が折り合う。」「アクセスが便利」「遠方でもスカイプで対応してくれる」
など、条件が合う。
こうやって見ると、色々とあるね
●ブログやFacebookの投稿で共感できることが多い ●出身校・出身地が同じ ●自分と同じ環境。(元会社員とか、家族構成とか) ●趣味が一緒 など、意外とつまんないことが決め手になったりします。
わかるー。実はそんなもんなんだよね
なので、仕事のことだけじゃなく、

「自分ってこんな人」ってのを出すのが大事なんです。
全然関係なさそうに自分では思えるようなことが、相手が自分を選ぶ理由になったりするんだよってことですね
はい、アンケートで聞くと、「なんだー、私じゃなくてもよかったんじゃん!」みたいな方多いですよ。

 

 

ん?どゆこと??(。´・ω・)?
自分が役に立ちたいって人が来てくれているので、いいといえばいいんですが、「松下一子」という条件で検索してないってことです。決め手は、「条件」。 つまり、同じ条件の人がいたら、そっちに行っている可能性があった。ということです。ま、よっぽどの売れっ子さんでない限りは、「名前で検索」されるようになるのは難しいですね。
あーなるほど。別に完全に「鳥井さんじゃなくちゃダメなんです!」みたいな人は思ってるより多くないよと
はい、思っているほどいませんね。特に駆け出しの人の場合は皆無と言っていい。なので、ブログのタイトルも「松下一子公式ブログ」じゃ、検索もされないし、仕事が来ないわけです。

セルフブランディングには結果の提示が大事!

そうですよね「自分ってこんな人」っていうのは、何かコツというか
はい、そして、検索されづらい理由は、「手段」を書いてしまうこと。 お客さまは、「結果」を探しているので、「手段」はどうでもよかったりします。
意識したほうがいいことってありますかね?手段じゃなくて結果を書く手段と結果って何か事例を言うと・・・
私の場合、 「ブランディング」は手段 「ブログとFacebookと名刺で仕事が取れるようになる」が結果。 お客様は、「ブランディング」で検索しないんです。 検索ワードは「ブログ+集客」だったり「ブログ+申し込み」になります。
なるほど!確かに結果が欲しいから、結果を得られるようなキーワードで検索するし、結果を得られるようなフレーズを見て反応するよね
お客様は、ブログから申し込みが欲しい、仕事が欲しいんであって、ブランディングをしたいわけじゃないんです。
そうですね
下手したら、本当に売れるんだったら、「ブランディング」より「売れる壺」に響くかもしれません(笑)

 

 

なんじゃそれ(w) 自分に頼むと、だれがどうなれますよ!という「結果」を意識して発信するみたいな感じですかね?それに交えて、さっき言ってたような ●ブログやFacebookの投稿で共感できることが多い ●出身校・出身地が同じ ●自分と同じ環境。(元会社員とか、家族構成とか) ●趣味が一緒 みたいなのを意識して、自分のことを色んな角度から発信していく。どうでしょうか先生!
はい、そうです。 あとは、「楽しく」なのか、「寄り添って」なのか、「厳しく」なのかといったことも明記します。

 

 

あーなるほどスタンス的なね
そう、スタンス。で、いろいろな角度から発信する際に、

気を付けるのが「バランス」●仕事(7~8割) ●自分のこと(2~3割)

 

 

僕は結構「楽しくやりたい」と思ってるんですけど、周りから見たら「厳しそうだ」と見えているらしくて、そして実際にはとても厳しいみたいなんですけど、自分は甘めにやってるつもりなんですよ。これがセルフブランディングの失敗例ですね。みなさんマネしないようにしてください

 

 

鳥井さんは、問題ないと思いますよ。 厳しいと思ってる人は、鳥井さんにとってドンピシャな人じゃないと思います。まずは、「解決したいことがある」ので、その道の専門家・プロということが伝わらないと仕事はもらえないです。

 

 

難しいなー。いまいち実践できてないなー。自分のことは2割から3割くらいでいいんですね意外と少なめ?むしろ逆くらいかと思ってた仕事2割くらいそれだと、覚えてもらえないか。何やってる人か分かんないよね。
はい、友達は増えますが、仕事は来ないとか、「いいね!」はあるのに仕事をもらえないという残念な状況になります。

 

 

確かに。思ったより何度も伝えないと、何に詳しい人なのかって伝わらないっすよねあぁー時間がいいところで時間が来ちゃうんだよ
す、すみません。
今日はここまで!続きはいっちーのブログを読もう!
わぁ!そう来ましたか!!

 

 

だって色々と書いてるでしょう?

 

 

はい、書いてます。

 

 

じゃあーもっと詳しく知りたいぜ!という人はぜひいっちーのブログを読み漁ってもらって今日は松下先生にお越しいただきましたー(‘◇’)ゞありがとうございました!
時間切れになってしまってすみません。 リスナーさんの質問の答え、まとめてわかるように記事にします。 ありがとうございました!あっ!!そうだ、「先生」はやめてください! 「松下さん」でお願いします。
ぜひぜひ~!じゃあいっちー先生ありがとうございましたー(∩´∀`)∩

 

 

鳥井さん、ありがとうございました!

本日対談させていただいた方

松下一子

 

ブランディング戦略コンサルタント/自分メディア改善コンサルタント。 独立時に「差別化」で迷走した経験から、「差別化」ではなく「選ばれる理由」を追求する、個人ブランディングの専門家。 主にコーチ、コンサルタント、士業向けにブログ、Facebook、名刺の3つのメディアを連動した個人ブランディング、自分メディア発信で、「仕事が取れる」をサポート。少ない労力で効率よく、「認知度を上げる」、「理想のお客さまが来る」「困った人が来ない」状況に整えます。

ブログ:ブログとフェイスブックでブランディング

あとがき

「通ってた高校が近い」「趣味が一緒」などがきっかけで話が盛り上がり

仕事を依頼されたり・依頼をしたり、、、結構自分でも気づかずに意外なことを

きっかけとした選択って行っているなと思いました。セルフブランディングのコツでもある

「お客さまは神様ではありません」「来てほしい人はこちらから選んでいい。」

「”なんとなくいやだな”と思ったら直観に従う」は、わかっていてもとても断りづらいかと思いますが今後、起業・独立など考えている方は早くからこういったコツを意識された方がいいんのではないでしょうか。私もいっちー先生のブログで勉強しようかと思います。

 

● ビジネスしている人たちと関わって自分でビジネスするための思考を身に付けたい

● マーケティング知識を得たい

● 自分と同じようにこれから起業を目指す切磋琢磨できる仲間が欲しい

● 既に成功している方と交流をしたい

という人はぜひトリイくんのマーケティング実践大学へ参加してくださいねー

実践して成果を出すための最高の環境がここに

詳細はこちら↓↓実際に成果を出している人の声も載せています↓↓

トリイくんのマーケティング大学って何?成果出てるの?

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓