頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?

おはようございます。

がくちょうです。

 

これをお読みのあなたは、何かしら自分でビジネスを生み出そうとしているはずです。

もしくは、何らかの理由で起業やビジネスに興味がある方だと思います。

 

私はこれまで、あなたのような「起業予備軍」の方に何千名とお会いしてきました。

メルマガ読者は10000名を超え、毎日のように起業に関するご質問や相談にお答えしています。

そんな中で、「ゼロから新規事業をリリースするまで」の工程には大きく3つの壁があることが分かりました。

 

3つです。

 

大多数の人が、この3つの壁にぶつかり悩んでいます。(おそらくあなたも!)

そして、不幸なことに大多数の人が、「間違った乗り越え方」をしようとしています。

しかも、頭の良い人に限って間違います。(なぜか)

その結果、無駄に時間を使い、お金を使い、何も生み出せないまま何か月も何年も過ごしている。

しかし、正しい取り組み方をすれば、その3つの壁は「たった1日」で乗り越えられます。

 

たった1日。

 

このメール講座は「7日間」に渡ってお送りしますが、7日間の内容をしっかり理解いただければ、「8日目」にあなたは新ビジネスをリリースして、場合によっては当日中に売り上げを手に入れているでしょう。

1日目の今日は、まずは大多数の方がぶつかってしまうその「3つの壁」についてあなたに理解していただきたいと思っています。

 

起業志望者がぶつかる3つの壁

早速ですがその3つの壁についてご紹介します。

1つ目の壁は、

「そもそも、起業のテーマが決まらない」

です。

ほとんどの人が、実際にはここで止まる。

例えば、
● 起業したいけど、何をすればいいのか分からない。
● 自分がやりたい事が分からない。
● 自分ができることは、お金になるとは思えない。
などの人は、全てこの壁で止まっていることになります。

実は一番時間を「無駄」にかけてしまいがちなのはココです。

では、起業のテーマを決めるために、どんな行動をとるべきでしょうか?

下記に5つの選択肢を用意しました。

あなたならどれを選びますか?

 

  1. 過去の自分が好きだったことを書き出していく
  2. 得意なことや持っているスキルに注目する
  3. 社会的に意義が大きいことや人に貢献できることをイメージしてみる
  4. やりたいことは何だろう?と考えて心のワクワクを探す
  5. 自分軸発見!やりたいことを見つけよう!などの書籍を読む

 

さあ、あなたはどれを選びますか?

 

・・・・・

 

実は残念ながら、ここに書いた全ての選択肢が「頭の良い人が選んでしまう、間違った壁の越え方」なのです。

いかにも、世の中の起業コンサルタントやアドバイザーが提唱していそうな内容ですよね?

しかし、実際にはそれらは遠回りの選択肢なのです。

 

この1つ目の壁を超えるために最も無駄なのは「分析」です。

中でも代表的なのは「自己分析」でしょう。

過去の自分を分析して、何がやりたいとか、何ができるとか。下手くそな人は、なぜかそういった「自己分析」をしてしまう。

しかし、成功している起業家はそんなことはしません。このメール講座の2日目と3日目で、

  • なぜ、分析(特に自己分析)をするのが間違っているのか?
  • この壁を一瞬で乗り越えるための実践的ワークはどんなものか?

についてお伝えします。

 

次に2つ目の壁について紹介します。

2つ目の壁は、

「ぼんやりと実現したいことはあるけど、ビジネスアイデアが浮かばない」

です。

例えば、
● アロマの良さを広めたい!
● 日本の教育を変えたい!
● もっと自信を持ってコミュニケーションできる人を増やしたい!
などの気持ちやビジョンはあっても、それを実際にどうビジネスにしていけばいいのか?がイメージできていない。

そういう人は、この壁にぶつかっていると言えます。

このように、大雑把な方向性が決まったのに、具体的なビジネスプランが決まらない人も大変良く見かけますが、共通した「間違った動き方」をしている傾向にあります。

 

この壁を超える選択肢はどれでしょうか?

 

  • ビジネスモデルを紙にたくさん書き出してみる
  • 人に協力してもらって、アイデア出しを行う
  • フレームワークやビジネス設計などの本を参考に企画を立てる
  • いったんビジネスプランは忘れて、欲しい売り上げや創業ビジョンなどを作ってみる
  • そもそも誰を幸せにしたいのか?というターゲットやペルソナを明確に書き出す

 

パッと見ると、全部の選択肢がなかなかイケてるように見えますよね?

しかし残念ながらこれらもすべて、「頭の良い人ほど間違って選択してしまう」という代表的な選択肢です。

 

この2つ目の壁を越えるために最もやってはいけないこと。

それが、「机に向かう」ことなのです。

代表的な例として、部屋にこもってビジネスプランを企画するワークをやったり、創業メンバーでブレスト(アイデア出しの会議)をやったり、などの失敗例があります。

こういった作業が、すべて無駄になるとは言いません。しかし、根本的な考え方がズレているため、遠回りになるのは間違いありません。

たくさんの事例を見てきましたが、机に向かってうまくいった人など見たことがない。

このメール講座の4日目と5日目では、

  • なぜ、机に向ってはいけないのか?
  • この壁を一瞬で乗り越えるための実践的ワークはどんなものか?

についてお伝えします。

 

最後に、3つ目の壁についてです。

3つ目の壁は、

「やってみたいビジネスアイデアがあるが、うまくいくか確信が持てず踏み出せていない」

です。

例えば、
● コンサルタントとして自分を売っていきたい。でも他のコンサルタントと差別化できるか心配だから先に資格を取ったり色んな実績を作っておこう。
● マッチングサービスを作りたいけど、需要があるか確信が持てないので開発に踏み切れないまま何か月も経過。そのうちに同じようなサービスが出てきてしまった。
● 素敵なコンセプトの店舗を思いついた。不安だから資金をたくさん貯めたり、経営について勉強したり、事業計画を書いたりしている。

 

あなたも、またはあなたの周りにも、そういう状況になっている人をみかけたことはありませんか?

きっと、起業や副業などのコミュニティに所属している人は、顔がたくさん思い浮かんだはずです。

 

残念ながら、成功している起業家でこのような思考回路の人間に会ったことがありません。

うまくいく人は、「その日」にやります。

なぜなら、うまくいくかどうかは「やってみたら分かる」からです。

とは言え、どうやったら新しいビジネスを「その日」なんかにリリースするのか?と疑問に思う方もいるでしょう。

このメール講座の最後。6日目と7日目で、

  • なぜビジネスを始めるにあたって、準備をする必要がないのか?
  • どうやって「思いついたその日」に、実際にサービスをリリースするのか?の具体的方法論

についても、しっかり解説をしています。

 

好きな時にすきなだけ自分でビジネスを創ってお金を稼げるようになります

本日、1日目のメール講座では、

「うまくいかない人がぶつかる3つの壁」

についてご紹介しました。

1)そもそも、起業のテーマが決まらない
2)ぼんやりと実現したいことはあるけど、ビジネスアイデアが浮かばない
3)やってみたいビジネスアイデアがあるが、うまくいくか確信が持てず踏み出せていない

あなたも、この3つのどれかに該当していませんか?

いや、おそらく該当しているはずです。

なぜなら、これまで何百、何千という相談に乗ってきましたが、

ほとんどの人が、この3つの壁さえ超えてしまえば、その先は勝手にスムーズに進んでいく

からです。

ビジネスのテーマを決めて、ビジネスアイデアを見つけて、すぐリリースする。

この一連の作業が1日でできるようになれば、新規事業で悩むことなんて無くなります。いえ、今後の人生において、好きな時にすきなだけ自分でビジネスを作ってお金を稼げるようになると言っても過言ではないでしょう。

 

この7日間のメール講座を通じて、あなたも同じような状態を是非実現してください。

明日は、「そもそも、起業のテーマが決まらない」という壁をどうやって乗り越えるのか?について、説明をしていきます。

お楽しみに。

続きを購読するためには、下記よりメール講座に登録してください。2段階認証になっているので、今すぐ確認できるメールアドレスを記入してください。

タイトルとURLをコピーしました