とりあえず生とか言ってんじゃねぇ!

DMMオンラインサロンアワード2017で

【2017年 日本で最もコミュニケーションが活発だったサロン】に選ばれました!!




日本一コミュニケーションが活発なオンラインサロン「ファーストペンギン大学」はこちら▼▼

とりあえず生とか言ってんじゃねぇ!

こんにちは!

いきなり罵声を浴びせてすみません。

ビール愛好家、おつまみ研究家ジャンです。

いきなりですが、私は長年繰り返される「とりあえず生」のせいでビールがあまり好きではありませんでした。

何故かというと、生=生中=中ジョッキ=量が多いからです。

生中を飲んでいる時の心情の変化を図で表してみました。

とりあえず生

だいたいこんな感じです。

好きな味なら最後まで美味しく飲めると思うのですが、そこまでこのビールの味が好きでもない私にとっては美味しいのは前半戦まで。

「冷たいうちにイッキに飲むんだよ!」と言われそうですが、こんなの一気にいったらお腹いっぱいで何も食べれなくなっちゃいます。

さて、そんなアンチ生中な私ですがビール嫌いになりそうだった時に、満喫であるマンガを読んでビール好きに大変身しました。

その漫画は「もやしもん」。

主人公は菌類が見えちゃう大学生というあの漫画です。私が今まで飲んでいたビールはごく一部、ピルスナーという種類だけだったという事を知りすごく驚き、クラフトビールの存在を知り、満喫の帰りにその足でデパ地下のビールコーナーでヴァイツェンを購入して帰りました。

まず、注いで立ち上る香にびっくり。

「バ、バナナの香がする…」

飲んでまたびっくり。

「柑橘系の風味がする…これがビールだと… えぇー!(゜□゜;)」

今までの私の中のビール像が全て崩壊するインパクトでした。そこからクラフトビールの魅力にすっかりハマってしまい、今では色々なクラフトビールとマリアージュを醸し出すオツマミの研究に日々勤しんでいます。

さて、話は戻りますが「とりあえず生」で乾杯するという文化はどっから出てきたんでしょうか?もしかしたら知らず知らずのうちにビールメーカーの秀逸なCMからすり込まれていたのかもしれません。

日本で大手メーカーが販売しているビールや、居酒屋で生中として提供されているビールは大半がピルスナーという種類のビールです。

あまりにピルスナーばっかり販売されているのでこれがビールだと思い込んでしまっているだけです。

ビールというのは本当はすごくたくさんの種類があって、香りがあって、味わいがあって、素敵な世界です。

もし、「ビールはうんざりー」と思ってる人がいたら是非、クラフトビールにチャレンジしてみてください!

ちなみに私が衝撃を受けたヴァイツェンは小麦を使ったビールで、コンビニやスーパーで売っている「銀河高原ビール」の「小麦のビール」も同じスタイルなので試してみてください★

では今日はこの辺で!