2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

家入さんの口座晒し事件を見て、twitterまた始めました。

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

5042764163_15405340fe_z

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

今日、Gunosyの朝刊で家入さんの口座晒しのまとめ記事が来ました。

で、色々思うところあってtwitterをまた始めることにしたわけです。

そもそも僕は、人脈とかスキルとか資金とかなーんもない状態から、ブログ×SNSを使ってマイクロ起業したんですが。

その中で、どうしてもリーチを広げたりファンを拡大したりするのに、自分の意見を強く主張する必要がありました。こちらの記事⇒注文のお問い合わせを生みまくるブログの作り方「4つのポイント」でも書いたんですが、SNSってのは基本的に「情報」よりは「意見とか意思」を発信するための場所なので、そういった「本人の主義主張」が無いと全然応援されないし拡散しないんですよね。

正しいことを書いてるだけじゃダメな世界なんです。

でも、そういった強い主張には必ず反対意見ってのが出てきます。で、僕もこの記事⇒面談で上司にお前は何をやりたいんだ?と聞かれたらが絶賛バズを起こしてからは読者さんも結構増えて、ブログやfacebookでも色んな意見とかコメントとかをいただくようになりました。

で、facebookは実名文化なのでみんなすごく優しいというか、ポジティブというか、甘い意見が多いんですよね。なんせ「Like!」しか元からありませんからね。「Unlike!」の人は最初から絡んでこないんです。

ですが、twitterやはてなブックマークでは結構色んな意見が飛び交いますよね。僕も「全然違うでしょ」とか、「いやいや、こいつ分かってないww」みたいな異論反論を結構いただきました。時には「氏ねクズ」みたいなのもあったりします。

その結果、ガラスのハートが一瞬で砕け散ってどうなったかというと。

俺、twitter辞めるわorz

みたいな感じになりました。

あと、僕自身のこともありますが、クライアントのことも考えたんですね。クライアントにも色んなSNSの施策とかブログで主張とかも書いてもらっていますが、彼らのハートも砕け散ってしまうんじゃないか・・・と気にして、twtterのコメントとかをあんまり見ないように勧めていました。

で、今回の家入さんの口座晒し事件

なんか気になって、久しぶりにゆっくりと事の顛末を読んでみた。

僕は基本的に、「常識かかってこいや!」的なスタンスでいつも発言しているので、家入さんの言ってることに非常に賛成です。

お金は間違いなくコミュニケーションツールだし、それをどうするとか人間が勝手に思い込んでいる価値観や常識に、「正しい」というものはない。

日本人は狭い国で単一民族で歴史を刻んできてるから、「みんな同じ考え」なのが当たり前なんだよね。だから、常識とかモラルとかまぁ周りを気にして合わせて生きるのが当たり前になってる。

だから、口座晒して入金してコミュニケーション取ろうぜ!みたいな今回の話にも、「そんなのできるわけないじゃん、、、」みたいな常識的な意見が寄せられていました。

でも、家入さんは徹底して「常識疑おうぜ」とか、「それは君の考えでしょ」というのを答えてるんですね。

素晴らしいと思うのは、「俺はこう思うぜ」というスタンスなのね。反対派から、「違うでしょ!」という意見が来ても必ず「いや、それは君の意見。でももっと自由に考えることもできる。」という感じで、決して言いくるめようとしているわけじゃなくてフラットな感じなんです。

で、思いました。

もしかして、twitterって民度をあげてるんじゃねーか??

ってことです。つまり、

こういったわけの分からん「口座晒そうぜ」みたいな主張に対して、「こうでしょ!」とか「いや、それは違うでしょ!」とかみんなで言ってること自体にすげー意味があるんじゃないかなと思ったわけです。

日本人は議論とか意見をはっきり言うのとかがすごい下手でしょ。それも、単一民族による「暗黙の了解」とか「阿吽の呼吸」という文化が影響してると思うんですが。

でも、この先はどんどんグローバル化していっちゃうから、意見を主張できない人はもう生き残れないです。主張しないってのは、持っていないのと同じことですから。

そう考えると、匿名だしWEBっていうこともあるけど、それでもはっきり主義主張を闘わせることのできる場所って大切だなと思ったりする。

別に、twitterってのは自分の主義主張を押し通すための場所じゃないなって改めて思い直しました。

facebookだと、はっきり言ってまぁ傷の舐めあいと言いますか、もう「いいね!」ありきの世界なわけですよ。で、それはそれでもちろん交流しやすかったり僕も好きで使ってるんだけど、やっぱり「民度」はあがらないなぁと。

反対意見を言えない場所ってのは、そのうち廃れると思ってるんですね。

それこそ、側近にYESマンばっかり集めた重役会議みたいなもんですよ。

そーゆー会社はいずれ潰れるわけです。

twitterがよくわかんないメディアなのにずっと生き残ってるのは、そこなんじゃないかと。

 

だから、反対意見とかを巻き起こしながらも、僕も民度を上げるのに少なからず一役買いたいなと思ってまたtwitter始めました。

なんだかんだ言いながら自分のアカウントの告知だったりします。

良かったら是非フォローをしてくだされ。

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓