起業コンサルタントって、起業で大成功した後じゃないとできませんか?

たった”1記事”書いただけで54,000円の報酬が発生した奇跡のアフィリエイトサービス「PVモンスター」を運営しています。誰もが「好きなことについて記事を書くだけ」で食べていける社会にすれば、地域活性も女性の活躍も全部解決する!と信じて、ガチで頑張っています。是非、あなたもクリエイターとして無料登録してみてください。
The following two tabs change content below.

トリイ ケンゴ

渋谷でITベンチャーを経営しているトリです。メルマガ読者7000名とブログ読者15万人に向けて、今日も元気にツバを吐きかけております。業界初の「成果報酬でコンテンツ制作を外注」できちゃうクラウドソーシングサービスPVモンスター(ご利用企業数200社突破!!ありがとうございます!!)を運営しています。毎日定時帰りで3匹のコトリを育てています。ブログは趣味ですので責任を持った発言をしていません。

この記事は、「トリイくんの夜な夜なRADIO」の内容を書き起こしたものです。

ノンカット未編集の音源はこちらで聞けます。是非音声もどうぞ!

はい。とりい君です。

今日も始めていきたいと思います。

ちょっとですね、家の前で工事が行われてて、めちゃめちゃうるさいという。

この記事は音声で録音してですね、書き起こしてるんですけども、とにかく、うるさい。

うるさいというのは、工事は別にしょうがないんですけど。

とにかく子供ですよ。子供。

今僕、家に書斎みたいなの一応作ってて、その書斎で仕事してるんですけども、とにかく子供がもう好き勝手乱入してきますんで。

例えばちょっと前にラジオやったんですけども、ラジオとかで静かな場所を確保すること自体がですね、ものすごくめんどくさいというか、大変。

少なくとも、家で静かにしてくれって言って、静かにしてくれるような人達ではないので、ということで、書き起こしになってるんですね。

書き起こしなら、多少音声がちょっと乱れたり、うるさかったとしても、後で文章にできますし、あと書き起こすとね、文章なんで、テキストになりますから、検索エンジンにとっても非常に読みやすいといいますか、インデックスされやすいという所があってですね、最近結構書き起こしをやっています。

起業コンサルタントになりたいんですが、起業で大成功した後じゃないと無理でしょうか?

では質問のコーナーに。

今日の質問は、こちら。

「起業コンサルタントになりたいんですけども、実際に起業したことがないのに、できませんよね?」

っていう質問をいただいております。

分かります、この気持ち。

これ、ちょうど昨日話してた方とこの話題になったんですけども、起業だけじゃないと思うんですよね。

「コンサルタントみたいなことをやりたい」と漠然と思ってる人がいたとして、その分野での豊富な経験みたいなのがないと、コンサルタントなんかできないんですよね?みたいな話ですかね。

でも、独立して何かやりたいと思った時に、その業界ですごいいっぱい経験がないとできないのかみたいな話になっちゃうとですね、じゃあもう40、50越えて、ひとしきりやりきって、それからやっと独立してコンサルタント始めないといけないとかいう風に思っちゃうわけです。

実際には、色んな「なんちゃらコンサルタント」とか名乗ってる人って、最近は本当に増えましたよね。山ほどあふれ出てるわけです。

じゃあそういう人たちって、どうやっとんや?という話ですかね。

実際にはできます。すごい豊富な成功体験とかが無くても、コンサルタントみたいなことはやろうと思ったらいくらでもできるよ、という話なので、その話をしようと思います。

サービスのパッケージだけを見て判断するな!

今日のワンポイントアドバイス。

実は、

サービスは、願望の幅で決まる

ということをお伝えしようと思います。

どういうことかと言うと、例えばですね、起業コンサルやりたいみたいなことを思った時に、

「そもそも、起業コンサルってなんやと思ってんのか」

っていう話ですね。

「起業コンサルっていうのになりたい」って言ってる人って、その「起業コンサル」っていう人が一体何をしてるのかが、多分ちゃんと分かってないはずなんですね。

これはしょうがないんですけども、いわゆる商品とかサービスとかっていうのは、二つの側面というか中身があって、一つは、名前ですね。

表に見えてるものっていうことなんですけど、例えば、起業コンサルやったら、「起業コンサルタント」とかいう肩書になります。

無形商材、いわゆるコンサルとかだと、「肩書=パッケージ」みたいな風になりますね。

有形商材みたいな「もの」があるやつでも、その見た目ですね、見た目とか、商品名とか、手にとった時の、物体としても見た目みたいなものは、いわゆるパッケージですよね。

それが、商品のパッケージ側の一つの側面です。

もう一つは、いわゆる機能的側面というか、価値ですね。実際に、そのサービスとか商品が、誰の何を解決してるのかっていう機能的側面というのがあると。

で、普通の人はその表に出ているパッケージを見て、あんな風になりたいなとか、あんな仕事をしたいなとか大体思っちゃうわけですけども、その時に、その裏側のいわゆる機能的側面、つまり「そのサービスは誰の何をどんな風に解決してるのか」っていう部分をちゃんと見ずに、自分もやりたいとか言ってる人が結構多いんじゃないかなということですね。

大事なのは、実は、サービス設計する時っていうのは、パッケージから設計するわけではなくてですね、裏側からやるわけですね。

機能的側面で、一体誰のどんな願望、つまり願望の幅と言ってるのは、今現状が、例えば「1」の地点にいて、「5」まで行きたいと。

これ、よく僕「すごろく」っていう表現するんですけども。

ある人がですね、「1」にいて、「5」まで行きたいと思ってるとする。これが「願望の幅」ですね。

この1から5までの幅が4あるとして、この4つのすごろくのマス目を進みたい、幅を埋めたいと思ってる人がいたとしたら、その幅を効率よく行かせてあげるというのがサービス、新しいサービスの作り方なんですね。

なので、例えば、「起業コンサルなりたい」っていうのが、パッケージですよね。その表面的に見えてるもの。

じゃあ裏側は一体どのマス目から何マス先まで行かせてる仕事なのかっていうのを、一回ちょっと分解してみてほしいんですよね。

そうすると、その起業コンサルの裏側の機能的側面っていうのが、ちゃんと見えるはずなんですよ。

で、そういう意味で考えた時に、特に起業コンサルなんてもう大概、コンサルタントって大変曖昧で、じゃあ「売上上げるとこまで」とか、「最初のお客さん掴むとこまで」とか、「ビジネスプランを一緒に考えるとこまで」とか、「資金調達」っていう側面でサポートするとかですね、結局色んな形で機能的側面というのは、分かれてるわけですね。

なんでもかんでもパーフェクトに提供できる人なんていうのはいないし、そんなことしたら、逆にクオリティ下がっちゃうんで、基本的には、どっかに特化してるわけですよ。

そうなると、思ってるより、幅は狭いんですね。そのすごろくの幅ですね、願望を1から5までとか、自分は5から10までやとか、なんかそういう風にですね、みなさんポジショニングというか、絞ってる部分があるわけですよ。

そこを注意して見てほしいなと思います。

今日のワンポイントアクション

というわけで、今日のアクションにつながりますけども、

自分は、どの幅なら提供できるんか

っていうのを、ぜひちょっと考えてほしいと思います。

まず裏側の視点、いわゆる機能的側面で物事を見るっていう視点に、切り替わってもらってですね、その上で、細かく分析をして、願望のすごろくっていうのを考える。

起業したいっていう人がどういう願望のすごろくを辿っていくのかというのを、例えば、0~50とかまで道があったとして、そしたら、自分は0~3ぐらいまでやったら提供できるかもしれんなとか、もしくは、4~6までやったらいけるかなとかですね。

そういう感じで幅を小さくして切り取ってみて、「ここなら自分ができることで、何か価値を提供できるかもしれない」とかいう風にですね、考えてみてもらったらいいかなとおもいます。

で、その進めるマス目の幅が狭くても、すごくクリティカルな部分、ここ乗り越えないと、絶対にうまくいかないみたいな部分であれば、お金がとれることもあります。

もちろん、幅が小さいすぎたり、もしくはそこのハードルが低いとかになると、お金も取りにくいっていうのがあるんですね。なので、それをいろいろと試してみながらその「マス目の幅」を調整して、うまくお金も出てきて、自分にも提供ができるゾーンを見つけると。

例えば

「目標達成」の部分ならアドバイスできるな、とか

「KPI設定とPDCAのCの役割」だけならできるな、とか

「その人の価値観を探っていってやりたいことを見つける」という部分ならコーチングできるな、とか

そういう感じでいろんなコンサルタントが乱立してるわけですね

そうやって、自分の得意ジャンルとかですね、自分ができそうなゾーンっていうのと、お金が出るゾーンっていうのを組み合わせるみたいなことをですね、やっていくという感じになります。

っていうことで、今日は起業コンサルになりたいんですけども、起業で大成功した後じゃないと無理でしょうか、という質問に対して、お答えをしてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

起業する際に最も難しいのが、
「素晴らしいビジネスモデルを生み出す」ことです。

あなたも、起業や副業を始めようとした時に

●そもそも何をやればいいのか分からない
●何となくプランは思いつくんだけど儲かりそうな匂いがしない
●いいプランがあるんだけど、ニーズがあるのか確信が持てない

という状況になっていませんか?

そんなあなたのために、過去1000名以上の方にアドバイスを行ってきたノウハウを全て凝縮して、

「理想的なビジネスモデルを素早く開発する」

ための方法を7つのステップにまとめました。

過去6000名以上が受講し、130名以上の方に大絶賛いただいた人気オンライン講座の最新版です。下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し、受講をしてください。

【さらに特典をプレゼント!】講座を受講いただいた方には、私が運営するオンラインサロンに無料招待させていただいております。


 パワー1割で起業しろ!メール講座
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓

きっと誰かの役に立ちます

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ふっと笑えて役に立つ」ような記事の配信頑張ります。今日も↓のボタンからシェアしてください。

著者をフォローするだけで毎日が楽しくなります↓↓

あなたに似た人が読んでいるおすすめ記事ランキングBEST5がこちら↓↓