腹筋も割れていないようなあなたは、男として2流だと言い切る理由

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

腹筋割れまくりのイビョンホン

僕ではありません。イビョンホンです。

腹筋、割れてますか?

こんな質問したの、久しぶりです。。

僕は、毎年トレーニングをやるようにしています。

年中身体を鍛えているわけではないですが、身体がたるんできたなぁ、、と思うようになると、
そそくさとトレーニングを開始して、そこから基本は満足するまで毎日鍛えます。

働いていると、まぁ忙しさを理由にしてなかなか身体を鍛える時間を取ることをしないようになりますね。

これを読んでしまっているあなたも、きっとトレーニングさぼってるタイプでしょう。

しかし、僕の美学では「腹筋も割れていないようなやつ」は、

どれだけ社会的に偉かろうが、
どれだけ中身がいい人であろうが、
どれだけ稼いでお金持ってようが、

男として二流です。

全然ダメなんです。

身体は精神の具現化であるとしたら・・・・

僕は、肉体は精神が具現化したものであると思っています。

人間は、自分が望んでいる通りの姿に近づいていくため、
今のあなたの容姿は、あなたが「これが自分のあるべき姿だ」と脳みそで認めているものです。

JOJOの奇妙な冒険で言うと、「スタンド」みたいなものです。

スタンドはこんな感じです

スタンドはこんな感じです

肉体は、精神性がそのまま形になっているものなのです。

遺伝の要素もあるじゃん!と思うかもしれませんが、美しい人は遺伝だけで綺麗なのではありませんよね。

どれだけ美しい遺伝を持っていても、自分を「美しくあるべきだ」と認めていない人は、
やはりどんどん「美しいオーラ」を失っていくものです。

逆に、自分は美しくあるべきだ、と強く思っている人は、日々自分に磨きをかけていくため、
全体のオーラや立ち振る舞いも含めて、とても美しく感じます。

(ただ、容姿に遺伝的に優れている人は、人から「綺麗だね」と言われることが多いため、「自分は美しくあるべきだ」というスイッチが入りやすいという傾向はあるとは思いますが。)

つまり、「自分に厳しく精進する人間であれ」という精神性を持ってれば、
身体がだるだるにたるんだりはしないはずなのです。

だから、どれだけ仕事を頑張っていようと、

どれだけお金を稼いでいようと、

どれだけある分野で偉かろうと、

「身体がたるんでいる」というのは「精神がたるんでいる」ことだと僕は考えているわけです。

自分に甘くなっている。美しく、厳しくあるための精神を失っていると。

だから、男として二流です。

僕の美学です。

ホスピタリティを失っているとしたら・・・・

美しく、自分を鍛え上げている人と、

だらしなく、だぶだぶになっている人と、

どちらを好ましく感じますか?

ほとんどの人が、(自分のことはさておいて)美しく、自分に磨きをかけている人を見るほうが、

気持ちが良いと感じると思います。

それは、例えばfacebookのプロフィール写真が美しい女性が、お友達申請やコメントが絶えないことからも容易に説明がつきます。

自分がそう感じるということは、相手もそう感じるということです。

だから、容姿を磨けない人というのは、根本的に相手の気持ちになれていないことだと僕は思います。

相手に対するホスピタリティが失われているということです。

自分は美しいものが好きだけど、自分は美しくなくてもいいよね。と言っているということです。

だから、男として二流です。

僕の美学です。

20XX年、地球が荒れ果てていたら・・・・

今は、世の中が安定しているため、お金やステータスが男の称号の大部分を占めています。

が、社会は動きます。

戦国時代だったら、身体を鍛えていない人は全然ダメだったでしょう。

狩猟時代だったら、身体を鍛えていない人はご飯も食べれないでしょう。

考えてください。

20XX年、第三次世界大戦後の地球が荒れ果てて、そこは暴力によって支配されている世の中だったら・・・・・。

そのときに、自分を守ってくれるのは、愛する人を守れるのは、

鍛え上げた肉体ではないですか。

誰よりも長く走れる心肺機能ではないですか。

強靭なパンチを繰り出す広背筋ではないですか。

すばやいキックを繰り出すハムストリングスではないですか。

身体の軸を支える腹横筋や腹直筋ではないですか。

だるだるになっている人は、そのときに真っ先に絶滅します。

だから、男として二流です。

僕の美学です。

 

マニアック過ぎますか。笑

さて。

それでは今日も、明るく元気に前向きに。

素敵な一日にしましょう!

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓

3 件のコメント