【インタビュー記事】新しいビジネスを始めたいなら、まずはセールスレターを書こう!

たった”1記事”書いただけで54,000円の報酬が発生した奇跡のアフィリエイトサービス「PVモンスター」を運営しています。誰もが「好きなことについて記事を書くだけ」で食べていける社会にすれば、地域活性も女性の活躍も全部解決する!と信じて、ガチで頑張っています。是非、あなたもクリエイターとして無料登録してみてください。
The following two tabs change content below.

トリイ ケンゴ

渋谷でITベンチャーを経営しているトリです。メルマガ読者7000名とブログ読者15万人に向けて、今日も元気にツバを吐きかけております。業界初の「成果報酬でコンテンツ制作を外注」できちゃうクラウドソーシングサービスPVモンスター(ご利用企業数200社突破!!ありがとうございます!!)を運営しています。毎日定時帰りで3匹のコトリを育てています。ブログは趣味ですので責任を持った発言をしていません。

今日はコンサルタントとして活動されている阪井裕樹さんにインタビューを行いました。

・生まれて初めて1円稼いだ瞬間の失敗談は?

・ゼロから商品を作ろうとした時に最初にやるべきことは何?

などの内容となっています。

これからコンサルタントやコーチとしてビジネスを始めたいけど、何から始めたらいいのかさっぱりわからない!という人にお役に立つ内容だと思います。

阪井さんのWEBサイトはこちら。

『起業エンジン』のつくり方。 https://sakai-hiroki.com/

それでは本編をどうぞ!

誰もが理想とする「副業で本業の収入を超える」をどうやって実現するか?

阪井:ご無沙汰しています。

鳥井:いや、最近会いましたよね?私が、「うちで働かないか」って口説きにいったとき(笑)

阪井:そういえば、、、(笑)

鳥井:アドバイスしたのは、、、もう3年前ですか。

阪井:そうですね。当時は色々と有難うございました。お会いした当時は、確か全然やりたいことも固まっておらず、そもそも何から始めたらいいのか分からないくらいの状態だったような気がしますね。

鳥井:そうそう、大崎のカフェで(笑)今や売れっ子コンサルになっていて驚きですよ。

阪井:ありがたいことに、今は結構な高単価のコンサルティングフィーをいただいてお仕事していまして、新規クライアントも順番待ちをいただいてるんです。副業で始めたビジネスですが、さすがに忙しすぎるのと、楽しくて仕方ない上に収入も本業を超えてしまったような状態なので、今年で独立する事になりました。

鳥井:今や私よりフィーが高いですもんね。今日のテーマはまさに、「副業で本業の収入を超える」なんですが。阪井さんの場合、結局3年くらい副業のまま来てますよね?

阪井:そうですね。自分自身もそうですし、クライアント様にもできるだけ副業でうまく続けることをお勧めしています。

鳥井:正直、理想ですよね。私も副業時代がありますけど、副業で本業を超えるくらい稼いで、しかも好きな事でゼロからビジネス作って、それから辞めるみたいな。私は実現できなかったな。

阪井:その辺はまぁ、、、鳥井さんのお蔭ってことで(笑)

鳥井:いやいや、今日は正直、そういうの良いですよ(笑)まぁぶっちゃけた話も色々と聞かせてください。とりあえず最初のテーマは、「どうやってゼロから商品を作るか?」という感じで。

阪井:お願いします。

生まれて初めて自力で1円以上稼いだ時の失敗談を振り返る

鳥井: 本当の一番最初、つまり最初の1円の時で考えると君の場合は、、、セミナーを開いたんでしたっけ?自分で(セールス)レター書いたんだ。

阪井: そうです。鳥井さんと出会う前ですね。(後述する)衝撃的な仕事の辞め方をして、ちょっと切羽詰まっていたのもあって、とりあえずやってみようみたいな。適当に自分でセミナーを企画して、セールスレターを書いて告知しましたね。

鳥井: 私もブログでも書いているんだけど、セミナーとか勉強会は元手がかからないしとりあえず最初の1円にはお勧めですよね。でも、集客が難しいから。この当時も、ライティングとか全然学んでないけれども「行ったれ!」みたいな感じで企画したの?

阪井: そう。「行ったれ」みたいな。みんなセミナーやっているし「自分もやったれ!」みたいな感じですよね。これだ、これ。(PCの過去のファイルを見せて)

鳥井: あぁー、なんか昔も見せてもらったかも。そういえば君、「じぶんstyle」とか言ってたわ。めっちゃ懐かしい。

阪井: 「Find your じぶんstyle。8000人との出会いから学んだ、自分らしく働く方法。」今読むと、意味不明なセミナータイトルですね(笑)

鳥井: このときは外でっていうよりは働き方っていうので、会社の中にいても自分の働き方を見つめ直そうとかいうテーマだったんだよね?

阪井: そうです。というのも元々(働き方とかに)興味があったので、それをセミナーに。前の首になったほうの会社が富裕層相手にしている会社だったので、富裕層を見つけ出す嗅覚とか磨かれたんですよね。それを使ってセミナーやってみようと思って。

鳥井: うわ、「じぶんmeeting」とか言ってる(笑)

阪井: 超痛いですよね(笑)

鳥井: 過去のものを見直して痛くないときないですから。基本的に残しているのがすごいよね。俺は見たくないから消しちゃう。

阪井: 見てください、値段もすごいですよ、これ。1万円が2000円になるんですよ。

鳥井: 当時は割引率もぜんぜん駄目だね。1万円をいきなり2000円って。

阪井: さらに先着特典で半額。

鳥井: さらに半額って1000円ってこと?それはやばい(笑)もはや値引率自体が痛いよね。

阪井: そうなんです。

鳥井: すごい。でも一応そのあと、後日コンサルもやりますとか、ちょっと今でいう集客ファネルみたいな仕組みにしてたんだ。

阪井: そうですね。自己流で勉強して。

鳥井: もともとコンサルやりたいと思ってたわけだ。そんで、誰かのファネルのつくり方とか参考にしたって感じ?

阪井: そうですね。勉強してとりあえず見様見真似でやって。だって開催場所が豊洲の公民館。1時間500円だったと思うんですけれども。

鳥井: 最初ってセミナー1回開くだけでも、場所とか意味わからないよね。

阪井: 場所も意味わからないですし、値段設定も意味わかんないですし。

鳥井: 意味わかんないよね。とりあえず安く見えるように10000円を2000円にして、さらに1000円にしたら来るだろうと。逆に怪しくて来ないよ、こんなの。(笑)

阪井: わからないもん。

鳥井: 当時は、これでくると思っちゃうんだよね。

阪井: でも副業でやり始める人、一番最初はやっちゃうんですよ。自信がないからとりあえず安くって。

鳥井: まぁ俺も似たようなことやっていたと思う。俺は履歴残さないからあれだけれども。これ、集まったの?

阪井: いえ。全然(笑)なので、さらにここから友達割をつけて500円。10000円が1000円になっても誰も来ないので、友達に声をかけてさらに500円にして。10000円が500円になって予約一人みたいな。「しょうがなく、、、」っていう友達が一人来てくれて。

鳥井: 500円もらって、それが人生初の「自分で稼いだお金」ってわけだ。でも、ちゃんとお金とったのは偉いよね。

阪井: そうですね。確かに無料にはしなかったですね。それは会場費がかかっていたから。

鳥井: 最低でも赤は嫌だと。

阪井: そういうのがあったと思うんですよ。

鳥井: 偉い。勇気いるよ。一番最初って、今見返したら笑っているけれども、当時の自分だったらこれでも本当にガチだからね。お金もらうの怖がっていつまでも無料セミナーとか無料セッションとかやってる人とかも結構いるし。

でも、値段つけてお金を請求してみないと、お互いに本気になれないから全然前に進めてないんだよね。実際は。

じゃあこんな感じで、僕と会う前にちょっと下積みじゃないけれども、自分なりの勉強と試行錯誤をやったわけだ。

阪井: それで全然うまくいかなくて限界だなと思って、鳥井さんとfacebookですよね、もともとつながりがあったので。どっかでつながったんですよ。それでセミナーやるっていうのを聞いて、面白そうだなと思って行ったんですよ。

商品作りとはセールスレター作りのことである

鳥井: セミナー来てくれたのか。

阪井: そうです。芝浦で。

鳥井: そして、コンサル受けにきてっていう流れでしたっけ?

阪井: そうです。コンサルも分割にしてもらいました。手持ちで10万円もなかったので。

鳥井: 状況がね。懐かしいな。僕も単価10万とかでやっていたんですね。

阪井: 10万でした。

鳥井: 僕もぶっちゃけあのときコンサル内容も大して決めていなかったので、なんかサポートできればくらいの感じでしたけれども、あなたはガンガン吸収してすぐに成果を出したんですよね。

確か、アドバイスして2か月くらいでクライアントを獲得してた気がする。コンサルの経験も実績も無かったのに、それだけ早く顧客を獲得できたのは、何が決め手だったの?

阪井: 私の中で大きかったのが、「セールスレターってラブレターですよ」って教えてもらって。

鳥井: セールスレターとか教えていましたっけ?私、アドバイスした内容を全然覚えてないんですよね。

阪井: 「拝啓●●さん」っていうやつ。覚えていますかね?

鳥井: あぁー、セールスレターのテンプレートね。たぶんペルソナに向けて、こういうふうに書くといいよ、みたいなのは。

阪井: そうです。その型を教えてもらったので、それがめちゃめちゃありがたかったんですよ。

鳥井: やっていましたね。あのときLPじゃないけれども、営業ロジックと似たような形で、どういう書き方をすると一番セールスレターとして効果的で、書きやすいかを教えていたと思います。

阪井: 今でもあるんですけれども。

鳥井: すごい。ちゃんと、とってあるんですね。

阪井: 今、あのテンプレは私のコンサルのメニュー表に実はそのまま入っているんですよ。メニュー表でつくってあるので、その中でこれ、「商品設計とはセールスレターづくりのことである。」「拝啓●●さん、こんな状態で悩んでいる人を、、、それが解決したらこんな素敵な人生になりますよ、素敵でしょ?」っていう。この1番から13番までのテンプレですね。少し手は加えていますけれども、これがでかかったです。私の中で。

鳥井: そうなんですね。これ今でも僕やっていますわ。変わっていないですね。ずっと使っているから、自分自身でもかなり本質的なスキルなんだと思います。単純に言っちゃうと、「どんな条件のある人なら、なぜ自分のサービスがぴったりなのか」をセールスレター形式で書き出していくって感じですかね。「自分が一番価値を発揮できる顧客を絞り込む」と。

阪井: これを学べたのがすごく大きくて。

鳥井: その当時、「ゼロから商品づくりをする時、どうするの?」っていう話も一緒にしていましたけれども、商品づくりするときに、先にレターを考えていくことで商品の形ができあがっていくということで、「レターをつくりながら商品を企画しよう」みたいに、一緒くたにしていたんですね。

阪井: そうです。

鳥井: これはマーケティング的な視点で見ると結構大事というか、人ってものを買う時に「商品」を買っているわけじゃなくて、その商品で得られる「体験や効果」にお金を払っているんですよね。

だから、新サービスを作る時って「この商品を買うと、誰がどうなれるのか」が書いてあるセールスレターが完成したらほぼ9割は出来上がっていて、それを人に見せるだけで「売れるか売れないか」とかも判断できちゃうわけです。なんだったら、実際に課金もできちゃう。

それを理解していないと、先に商品の中身とか値段とか細かいところを考えてしまって、リリースがどんどん遅れちゃうんですね。でも実際には、新しい商品を作りたいなら、最初にセールスレターを書くのが大事。

で、その「曖昧なアイデア」を具体化しながらうまく「売れるセールスレター」を作っていく方法を、13のステップにまとめてアドバイスした、、、、んだっけ?(笑)

阪井: そうですね。今でも活かしていますので、このスキルは大変ありがたかったです。

鳥井: 今もこうやってカスタマイズして使っていただいているのが、なんか私も嬉しいね。

(つづく)

===記事を読んでくれたあなたにプレゼント↓↓===

起業する際に最も難しいのが、
「素晴らしいビジネスモデルを生み出す」ことです。

あなたも、起業や副業を始めようとした時に

●そもそも何をやればいいのか分からない
●何となくプランは思いつくんだけど儲かりそうな匂いがしない
●いいプランがあるんだけど、ニーズがあるのか確信が持てない

という状況になっていませんか?

そんなあなたのために、過去1000名以上の方にアドバイスを行ってきたノウハウを全て凝縮して、

「理想的なビジネスモデルを素早く開発する」

ための方法を7つのステップにまとめました。

過去6000名以上が受講し、130名以上の方に大絶賛いただいた人気オンライン講座の最新版です。下のフォームに「今すぐ受け取れるメールアドレス」を入力し、受講をしてください。

【さらに特典をプレゼント!】講座を受講いただいた方には、私が運営するオンラインサロンに無料招待させていただいております。


 パワー1割で起業しろ!メール講座
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓

きっと誰かの役に立ちます

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ふっと笑えて役に立つ」ような記事の配信頑張ります。今日も↓のボタンからシェアしてください。

著者をフォローするだけで毎日が楽しくなります↓↓

あなたに似た人が読んでいるおすすめ記事ランキングBEST5がこちら↓↓