収入と時間の自由が欲しいなら、今すぐ「小さく人を動かす練習」を始めよう

DMMオンラインサロンアワード2017で

【2017年 日本で最もコミュニケーションが活発だったサロン】に選ばれました!!




日本一コミュニケーションが活発なオンラインサロン「ファーストペンギン大学」はこちら▼▼
自由な人生にしたいなら、人を動かす力を付けよう

朝からカフェでブログを書いています。

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

この前クライアント様から相談を受けていて思ったのですが、

好きなときに好きな場所で好きなことをしたい

みたいな生き方に憧れている人が多いですね。

これを読んでいるあなたも、もしかした似たような事を考えている人かもしれない。

もちろん僕も同じです。

僕も普段はチャラチャラしていますが、根は真面目なので人生に対するコダワリはすごく強い。

仕事は自分で選びたいし、収入も自分で決めたいし、子供も欲しいし嫁と遊ぶ時間も欲しい。朝起きてから夜寝るまで、自分で全てやることを決めたいし、基本的には楽しいことしかやりたくない。

そんなタイプです。

で、本気で願っていたらいつのまにかほとんど実現してきているけれども、そのために必要なスキルというのはやっぱり存在します。

というわけで今日は、同じような人生スタイルにしたいという人に向けて必要なスキルを話しておきます。

人を動かす力を付けましょう

先にいうと、思い通りの人生にしたいなら必要なのは人を動かす力です。

これに尽きると思います。

人を動かす力というのは実際には色々と種類があるので、とりあえず自分が得意な方法でいいと思う。

ですが、理想の将来のために何をしたらいいのか分からない!という人がいるなら、

とにかく人を動かす力を付けるのを意識したらいいです。

結局、人間社会で生きていくわけですから、理想の人生にしたいというのは「自分のスタイルや願望に合わせて周りの環境を変形させられるかどうか」にかかっています。

お金を稼ぐのも、家庭を築くのも、やりたいことを実現するのも、全部人を動かすところから逃げられない。

というか、人を自由自在に動かすことができれば、ほとんどのことは実現する。

これは言い換えると、他人の人生を変形して自分のビジョンに巻き込む力です。

この力が強い方向に、人やお金やその他のものが集まってくる。

だから、あなたがもしやりたいことや具体的な人生の方向性が見えていなかったとしても、今やっている仕事の中で「人を動かす力」をどうやって伸ばすかを真剣に考えていけば、確実に理想の人生に近づいていけます。

では、具体的な人を動かす力とは何か。

オススメなのは、プレゼンテーション力とライティング力です。

プレゼンテーション力

人を動かす力を、僕は2つ磨いています。

一つはプレゼンテーション力。

これは、直接人に会って発揮する力です。

自由に生きていくには、とにかくこれが最も重要です。

自分が直接会って関わった人を、全員自分のビジョンに巻き込んでいけたら、それはもう完璧に理想的な人生になるでしょう。

出逢うもの全てを協力者に変える最強の力が、プレゼンテーション力です。

もしあなたが営業職なら、成果を数字で図るべきではありません。

数字に向かって、「人を自由自在に動かせたか」を意識して働くといいと思います。

これを磨くには、常に日頃から「自分は相手をどう動かしたいか」を小さく目標設定するのが大切です。

例えば交流会に行って闇雲に人に話しかけてもダメ。

小さくてもいいので、「どこに動かすか」というゴールを設定しておかないといけません。

家庭でも、飲み会でも、会議でも、お客様との打ち合わせでも同じです。

最初は全て、「小さくゴールを作って人を動かす」というところから始めるべきです。

もしあなたが今、着地の決まっていないアポイントに時間を費やしているなら、それは非常にもったいないことだと認識しなければいけない。

人に会う機会は、全て「プレゼンテーション力」を磨くチャンスなのです。

「どこに動かすか」という小さい着地意識が積み重なって、力が付いてきます。

そしてライティング力

二つ目の力が、ライティング力です。

ライティングというのは、文章で人を動かす力です。

残念ながら、ライティングにはプレゼンテーション力のようにパワフルな力はありません。

一発逆転するような力は無い。

しかし、ライティングは仕組み化できます。

プレゼンテーションのように瞬間的にすごい力を発揮することはできませんが、ライティングはコンテンツとして世の中に残していくことができる。

そして、届ける人数に制限がありません。

プレゼンテーションで人を動かすには、基本的に「その場」に参加することが条件です。

しかしライティングなら、ブログのようにコンテンツとして形を残すことができる。

それは仕組みとして、無制限に延々と人を動かし続けてくれます。

これが加わると、できることの幅が急激に広がっていきます。

ライティング能力は、言い換えると「コンテンツ制作能力」と言えます。

だから、それぞれ自分の得意な方法でいいと思う。

文章を書くのが好きなら文章で。

動画を撮るのが好きなら動画で。

最初は文章が一番取っ付き易いので、ライティングがオススメではありますが、とにかく、人を動かせるかが大切です。

コレを磨くにも同じく、「小さくゴールを設定して練習を積む」しかありません。

そしてその練習台として、僕はブログを書くことをオススメしているわけです。

ブログを無意識に書いている人は絶対に理想の人生にできない

ブログの記事を無意識にただ漫然と書いている人は、人生において非常に大きな損失を払っていると言えます。

一つ一つの記事に、「小さな目的」を設定していないからです。

記事を書くというのは、ライティング力を磨く絶好の機会なのです。

そしてライティング力というのは、読みやすい文章を書く力でも、面白いコンテンツを作る力でもありません。

文章で人を動かす力です。

それを認識できているかどうかで、思い通りの人生にできるかどうかが決まります。

あなたの記事は、人を動かせるでしょうか。

どこに動かすのか?

どうやって動かすのか?

それが決まっているでしょうか。

もしそういった事を考えずに、漫然とブログ記事を書いているようだったら、そもそも考え方や意識が悪いと言える。

そのままでは、理想としている人生に到達することは難しいでしょう。

今日から、小さく見なおしていって欲しいものです。

ビジネスブログの作り方はこちらの記事

ビジネスブログを開設してWEBで注文をもらうための9つの手順

を参考にしてください。

まとめ

というわけで、

思い通りに生きたいならとにかく人を動かす力を付けよう。

人を動かす力とは具体的には「プレゼンテーション力」と「コンテンツ制作力」です。

それを磨くためには日頃から小さくゴール設定していくのが大切です。

という話でした。

こちらの記事

仕事を辞めたいと思ったうつ状態だった私が実際に辞めるまでにやったこと

にもっと具体的に書いていますので是非どうぞ。

 

今日は真面目な話をしてみました。