日本一詳しい「フリーランスの始め方」メール講座を無料配布中!

フリーランスになって自由な働き方を実現するための方法を、クイズ形式で楽しく学べるメール講座です。期間限定で無料配布中↓↓

詳細はこちら

ビジネスの情報収集するなら○○○○がお勧め

がくちょうのコラム♡

皆さんは「ビジネス系の情報収集」ってどうやって行っていますか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

「がくちょうは、どうやって情報収集やインプットをしていますか?お勧めのインプット元があれば教えてください」

という視聴者さんからの質問がありました。 

それに対して、がくちょうからの意外な回答があったので記事にしました。

  • 起業家がどんな情報収集をしているのか知りたい!
  • 効率の良い学習方法や勉強方法を知りたい!

なんて人は、ぜひ読んでみてください。

本日の質問「がくちょうの主なインプット元って、どんな感じなんでしょうか?おすすめの本や媒体などがあれば、教えてください。」

がくちょうの回答はここから▼

意外と思われるかもしれませんけど、Twitterです。

情報収集元として、Facebookはイマイチですけども、Twitterは素晴らしいですね。

たまに知り合いの投稿を見るためにFacebookも見ますけど、どうでもいいこともいっぱい流れてくるじゃないですか。正直うっとうしいので見ないですね。

 

Twitterは情報収集に最適で、ここ5、6年はTwitterから情報収集しています。Facebookは、Twitterのようなオープンな情報収集ではなく、親しい人と仲良くなるなど、「エンゲージ」と呼ばれるようなコミュニケーションを取るのに向いていますね。

ちなみに、「ザッカーバーグ泣いてる」というコメントをいただいていますけど、ザッカーバーグもそれに気付いて、Facebookのコミュニティ利用化を進めて、親しい人との投稿しか表示しないようにしたりと、ニュースっぽい使い方から離脱していっていますからね。

彼は、今後の開発方針でも「つながりを重視する」と明確にしています。

 

これからは、「コミュニティ×VR」の時代ですよ。特にFacebookはVRに投資しているんですけど、これはなぜかというと、コミュニケーションの根本にノンバーバルコミュニケーションという言葉があるように、VRと相性がいいからですよ。

Twitterはベンチャーとしてはイマイチな状態になっていますけど、情報収集としてはいまだに使えるかな、という感じがしますね。

タイトルとURLをコピーしました