オンラインが最強!ビジネスをオフラインで行う意味あるの?

がくちょうのコラム♡

皆さんは在宅勤務やリモートワークなど、働き方改革を進めていますか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

「がくちょうにとって、オフライン、オンラインの良さってそれぞれ何ですか?」

という視聴者さんからの質問がありました。 

それに対して、がくちょうからの面白い回答があったので記事にしました。

  • 毎朝、満員電車に乗りたくない
  • ビジネスをオンライン化したい!

なんて人は、ぜひ読んでみてください。

本日の質問「昨日開催されたトリ村の忘年会で、久々に都内に行ったがくちょうに質問です。今、がくちょうが改めて思う、オフラインの良さ、オンラインの良さを知りたいです。

がくちょうの回答はここから▼

僕は、オフラインの良さはあまりないかなと思いますね。人間なんてしょせん、感覚値というか、体験に関しては“思っている”だけですよね。

人と会った場合も、脳が「会った」と“思っている”だけだから、本当に人と会ったと勘違いするくらいオンラインが発達したら、もう全部オンラインでいいんじゃないかな、と思います。

一方で、体は生きている証であって、これはオンライン化できませんよね。体のことに関しては、いろいろ勉強しがいがあって、本当に食育とか生理学はすごく好きなんです。

でも、仕事とか遊びとか、精神的充実度を上げていく活動のために、オフラインにする意味は本当に感じないですね。

 

昨日の忘年会も、「マトリックス」みたいにベッドにいたまま頭にプラグを差すことで、ガチで会ったと“思える”ような場所に行けるなら、別にそれでいいなと思いますね。

どんだけダメ人間なんだよって感じですけど(笑)

実は、忘年会も、夕方くらいから帰りたかったですからね。せっかく呼んでもらって、夕方に僕がしゃべるコーナーまで設けてくれたんですが、コーナーの前ぐらいから帰りたくてそわそわしていました。みんなに「がくちょう、帰りたがってるよ」って言われるぐらい(笑)

 

「田舎民にとってはオンラインがいいな。都会に出るのは重労働だ」というコメントをいただいていますけど、本当にそうですよね。

僕も東京の大田区に住んでいますけど、渋谷に出るのは重労働ですもん。30分も移動したくないですね。頭にプラグを差してパーティー会場に行きたいです。


次のページでは、

頭の良い人ほど間違ってしまう「起業の3つの壁の越え方」

についてご紹介しています。

何千人という事例を見てきましたが、起業や副業など、ビジネスを自分で始めようとした人の9割がこの3つの壁にぶつかります。

そして、なぜか頭の良い人ほど間違った壁の越え方をしようとする傾向があります。

おそらく、これを読んでいるあなたも間違ってしまうでしょう。

過去1万3千人以上が受講して絶賛いただいたメール講座を特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?」

9割の人が間違える「3つの質問」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました