コロナ騒動で陰謀論を唱える人は性格が悪いという話

がくちょうのコラム♡

皆さん、コロナ関連のデマに振り回されていませんか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

「国がコロナの死者数を隠蔽しているなんてありえない!」

と、がくちょうが熱弁をふるっていました。

いろいろ考えさせられる内容だったので記事にしてみました。

  • デマだらけで何を信じていいのかわからない・・・
  • 陰謀論を聞くたびに不安になる・・・

なんて人は、ぜひ読んでみてください。

コロナの死者数を国家ぐるみで隠せるはずない

コロナ騒動が起こっていますが、極論シンプルな話まで戻すと死者数をいかに抑えるかだと思います。「感染者数を隠している」とか、「検査をしてくれない」とか、いろんな話が出てきて陰謀論までありますが、こういった有事の時の情報はほとんど信用できないと思ったほうがいいですね。

でも、絶対に隠せないのが死者数です。人間が死んだ数を隠蔽するのは、かなり無茶があります。もちろん、普通に気づいていないというミスや誤認は存在するとは思いますが、それは全世界的に起こっているはずなので「日本だけ隠してるから少ない」という論理にはなりません。

また「国家ぐるみで死因を偽装している」という説や、「医者がコロナで死んだはずの人を検査せずに放置している」という説も無茶がありますよね。

自分が医者だったらわかると思います。

例えば想像してみてください。もし、国から「死者数を隠したいから、肺炎で死んだ人間が出ても絶対にコロナかどうか検査するな」と言われても、あなたが医者だったら明らかに怪しい肺炎で死んだ人がいたら必ず検査しますよね?

肺炎で死んで明らかにコロナの症状が出ていた場合、「普通の肺炎じゃないかも」くらいの気持ちでも、このタイミングだったら絶対コロナかどうか検査するはずです。

なぜなら、もしコロナだったら、真っ先に自分が感染している可能性があるからです。もしくは、院内感染が既に拡大している可能性もあります。国がもし、もし仮に隠ぺいの指示を出してきていても、少なくとも自分や家族は守りたいのが人間です。

だから、僕が医者ならちゃんと検査するし、重症化している人が来た時点で絶対に検査します。

国から命令されていたとしても、自分の病院に未知のウイルスが入ってきた場合、放置できますか?という話です。普通に考えたら、そんなことありえないわけです。

「検査して陽性だったのに、公表していないんじゃないか?」とか、いろいろ言っている人がいますけど、そんなことは基本的にはありえないわけです。今の時代、Twitterなど匿名でいくらでも告発できる社会で、国からそんな通達が来たら絶対に「国がめちゃくちゃだ」って報告が上がってくるに決まっています。

どんな巨大な組織に脅されていようと、このSNS時代に草の根までつぶせるわけありません。告発が上がってきてもいないのに、「国が死者数を隠蔽してる」なんて言ってる人はアホです。頭が悪すぎる。

論理的思考力ドリルをお勧めします。

陰謀論を唱えるのは人を信用できないから

陰謀論を吹聴する人を見ていつも思うんですが、「他人をどうとらえるか」は自分を映す鏡なんですよ。

僕は、周りの人にできるだけ幸せになってほしいと思ってるし、そういう気持ちでサービスを作ってるし、自分のサービスで本当に他の人の人生がよくなったらいいなと思って毎日過ごしています。だから、僕の周りの人も全員じゃないにせよ、そういう人たちなんだろうなって思っています。

僕の周りにいる人や、運営しているオンラインサロンの「ファーストペンギン村」の人も、みんな性善説というか、周りの人の幸せを願う人であってほしいと思います。

人を騙して、人を不幸にして喜ぶ人なんかそんなに多くはないと思います。なぜかというと、自分がそう思ってるからです。きっと周りも自分と同じ気持ちだろうって思ってるわけです。

陰謀論を唱える人の話を聞くたびに「この人、周りのことを信じられずに生きてるからなんだろうな」って思います。

普段から「人を欺いてやろう」「騙してやろう」「隙あればつけ入ってやろう」「できるだけ有利なことは隠してやろう」「本当のことは人に伝えないでおこう」「そのせいで人が不幸になっても知ったこっちゃねえ」そんなふうに自分が考えているから、「他人もそう考えるに違いない」っていう前提に立ってるんじゃないかと思います。

幸い、僕の周りに陰謀論を唱える人ってあんまりいないんですよね。まあ、中にはいるかもしれませんが。でも、やっぱり自分を映してるんだろうなって思います。だから、自分が他人のことを信じられないんだったら、まず自分の考え方を変えることをお勧めします。


次のページでは、

頭の良い人ほど間違ってしまう「起業の3つの壁の越え方」

についてご紹介しています。

何千人という事例を見てきましたが、起業や副業など、ビジネスを自分で始めようとした人の9割がこの3つの壁にぶつかります。

そして、なぜか頭の良い人ほど間違った壁の越え方をしようとする傾向があります。

おそらく、これを読んでいるあなたも間違ってしまうでしょう。

過去1万3千人以上が受講して絶賛いただいたメール講座を特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?」

9割の人が間違える「3つの質問」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました