トイレットペーパーを買い占めてしまう人へ

がくちょうのコラム♡

新型コロナウイルスが猛威を振るっていますが、皆さん大丈夫ですか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

「なぜ人はピンチになるとトイレットペーパーを買い占めるのか」

というお話がありました。

とても興味深い内容だったので記事にしてみました。

  • トイレットペーパーを買い占める心理を知りたい
  • 食料品が品薄になったり、デマが回ってきたりして不安・・・

なんて人は、ぜひ読んでみてください。

パニックになると、いつの時代もトイレットペーパーがなくなる

朝、娘と散歩していたら、薬局に人が押し寄せていました。本当に普通の小さな薬局なんですけど、シャッターが開く前に100人くらい並んでたんです。一瞬、目を疑いましたね。何だこれは!?と。でも、次の瞬間に理解しました。

マスクとティッシュとトイレットペーパー目当てだなと。

娘も「普段通る道でこんなの見たことない!」って笑っちゃってました。「ちょっと面白いから見ていこうか」って言って見ていたんです。並んでいる人は、50、60代以上の高齢な方が多かったですね。

たぶん購入数の制限があったと思うんですけど、順番に全員マスクとティッシュとトイレットペーパーを1セットずつ買ってました。僕はオイルショックを経験してないですが、オイルショックの時もトイレットペーパーが店頭から消えたでしょう。

毎回「トイレットペーパーがなくなる」って言い出す人、誰なんでしょうね。トイレットペーパーが最も注意喚起しやすいっていうのも面白い話ですよね。

その時、娘に「トイレットペーパーもティッシュも、使い終わったら捨てるような貴重でも何でもないものでしょ。でも、ああやって行列ができているよね。何でだと思う?」っていう話をしたんです。

 

実は、モノの価値はコントロールされている・・・!

その答えは、需給バランスです。経済の基本は、需給バランスなんですよ。トイレットペーパーの供給が少なくて需要が多い場合、人が殺到するという話です。

僕はいつも「広告は信じるな」と言っていますが、娘に広告の話もしました。皆さんにもお伝えしておくと、経済を回しているのは広告なんです。広告が死んだら、経済が死んでしまうんです。

なぜかというと、広告が価格を上げているからです。広告によって需要が増えると、モノの価値が上がるんですね。つまり、価値というのは相対的なものなんですよ。

反対に、絶対的なものの例としては、数字の1ですね。これは絶対的な存在ですよね。例えば、「○○君は運動ができるから体育は5」。これは絶対評価です。でも、モノの価値というのは、相互のバランスや力関係、周りとの関係性によって価値が決まっていくわけです。絶対的に価値があるわけじゃないんです。言い換えると、価値を操作することができるわけです。

だから、広告を打つことによって「みんながほしがっているよ」「みんなが今これをやっているよ」というふうに誘導することで、ほしがる人が増えます。多くの人がほしがるようになった結果、需要が供給を一時的に上回り、価値が上がるというわけです。

今回のトイレットペーパー買い占め騒動には、モノの価値は容易に操作できるという話が凝縮されています。普段は、広告会社が人為的にモノの価値を上げているわけですよ。モノの価値をコントロールしてると言っていいでしょう。

でも、誰もモノをほしがらなくなったら、経済はここまで発達していないし、むしろ経済が死んでしまいます。資本主義と広告は、ものすごく密接に関連していて、一体化していると言っていいでしょう。夫婦みたいなものです。まず資本主義と広告があって、広告が資本主義を回して、資本主義が回ると広告が回っていく、という二軸の構図です。

僕はリクルートで働いていた時も広告関係の仕事をしていましたし、今もマーケティングの仕事をやっているので、そんなふうにとらえています。「モノの価値をわざとつり上げてコントロールしているのが広告なんだよ。だから広告を信じちゃダメだよ」という話を娘にしました。

 

人が殺到するトイレットペーパーと、殺到しないトイレットペーパーの違いは?

そして、この話には続きがあります。薬局に並んでいた人は、全員「売り切れる前に買えた」って言ってホクホクして去っていきました。「もう飽きたから帰ろう」と言って家に帰ることにしたんですが、その薬局から歩いて1、2分もかからないところにもう一つ薬局があるんです。その薬局の外の陳列棚にトイレットペーパーとティッシュが普通に山積みになっていました。「いや、めっちゃあるじゃん!」と笑ってしまいました。

つまり、人間というのは希少性で動くものなんです。「本日入荷します」と聞いて、「入荷するから行かなくちゃ!」「オープンと同時になくなるらしい」「なくなる前に買わないと!」という心理になります。人間の習性を勉強すると本当に不思議だな、と僕は思います。


次のページでは、

頭の良い人ほど間違ってしまう「起業の3つの壁の越え方」

についてご紹介しています。

何千人という事例を見てきましたが、起業や副業など、ビジネスを自分で始めようとした人の9割がこの3つの壁にぶつかります。

そして、なぜか頭の良い人ほど間違った壁の越え方をしようとする傾向があります。

おそらく、これを読んでいるあなたも間違ってしまうでしょう。

過去1万3千人以上が受講して絶賛いただいたメール講座を特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?」

9割の人が間違える「3つの質問」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました