仕事を辞めたいと思った私が自分で稼げるようになるまでにやったこと

トリイくん_背景色あり_丸抜き おはようございます。

トリイくんです。

 

今日も冒頭からディープな話ですいません。

みなさん、「仕事辞めてぇェェェ今すぐ辞めてぇ」って思ったことありますよね? 無い人はいないはずです。

全員YESですよね。はい。分かります。

今日は「学生時代にアルバイト17種類経験→上場企業に就職→ITベンチャーに転職→個人事業主で独立→ベンチャー創業」という上から下まで仕事という仕事を全部経験した異例のキャリアの私が、

マジで仕事辞めたい と思ってから、実際に辞めるまでに何をしたのか?という視点で、

日本中の「仕事辞めたい人たち」の現状とか 仕事をマジで辞めたくなった時に何をすればいいのかについてお伝えします。

登場人物

肉島先輩 仕事を辞めたすぎて最近妖精が見えるようになった肉島先輩

 

トリイケンゴ 肉島先輩の大学時代の後輩トリイくん。最近上司にブチ切れて仕事を辞めた。

 

仕事を辞めたい

肉島先輩 あーダメだ。今日も妖精が邪魔で仕事がはかどらなかった。

トリイケンゴ 相変わらず素敵な感じですね。肉島先輩。

肉島先輩 マジであの職場、妖精飛んでるんだよ。気になって仕事に集中できねーよ。

トリイケンゴ 僕も前の職場では飛んでましたよ。白いやつですよね?

肉島先輩 おお!俺以外にも見えるやついるのか!な??飛んでるよな??

トリイケンゴ それはあれですよ。脳内に飛んでるんですよ。職場じゃなくて。僕も仕事辞める前は見えてましたよ。

肉島先輩 良かったー。。俺にしか見えてないのかと思ったわ。ふわーっと飛んでるやつな?ふわーっと。

トリイケンゴ そうそう。ふわーっと飛んでますね。ふわーっと。

妖精が見えるようになれば一人前

私は妖精は見えていませんでしたが、職場であまりのストレスに声が出なくなったことがありました。

職場に近づくだけで息苦しくなったり、お腹が痛くなったりということも経験しました。

ちなみに「会社 辞めたい」と検索している人は年間で60万人くらい。

「仕事 辞めたい」と検索している人は年間で160万人くらいいます。

たった2ワードで220万人です。その他にも仕事辞めたい人が検索するようなキーワードを全部合わせると、軽く1000万人くらいはいるでしょう。

労働人口が6000万人程度ですから、5人に1人くらいはこっそり「辞めたい系」のキーワードで検索しているような状態です。(すごくざっくりですが)

仕事辞めたくて死にそうになっているあなたも、全然異常なんかじゃなくてむしろ普通だと思ったほうがいいです。

ちなみにtwitterで検索したら死ぬほど出てきました。

そういえば、私は仕事辞めたくなった時期には会社の車いす用のトイレで休憩するのが日課でした。あと、こんな感じの転職の成功事例の記事とかよく見てました。

仕事を辞めたい人の原因はダントツでこれ

トリイケンゴ ちなみに、なんで辞めたいんですか?

肉島先輩 色々あるんだけどよ。そもそも仕事があんまり楽しくねーのよ。面倒で無駄ばっかりの仕事が大量に降ってきて、さすがに俺の筋肉でもさばけねぇ量になってるわけ。

トリイケンゴ 一応確認ですけど営業職でしたよね。

肉島先輩 その割に評価もあんまりしてくれないし、給料も安いしよ。

トリイケンゴ まぁでも給料はどこ行ってもそんなに上がらないでしょう。仕事も楽な会社なんてそんなに多くないと思いますよ。

肉島先輩 いや、それだけじゃねーんだよ。職場の雰囲気がなんか悪くってさぁ。上司が頭おかしいんだよ。社長もちょっと気が狂ってる気がするね。あれは。いきなり「お前は仕事をナメてる」とか言ってキレたりするんだよ。何にもしてねーのにさ。

トリイケンゴ (いや、それはたぶんタンクトップのせい・・・)

仕事を辞めたい人の最後のスイッチはだいたい人間

起業の支援に関わっていると、年間で何百人ものいわゆる「仕事を辞めたい」という人にお会いします。

もちろん様々な理由が人によってありますが、最終的には「人間関係」というのが最後の後押しになるケースが多いように感じます。

仕事が面白く無い、給料や待遇が悪い、などの条件などが積み重なったところに、最後に「人間関係まで悪い」というのが上乗せされると、「仕事辞めたいスイッチ」がぽちっと入るのが一般的なパターンです。

ちなみに私も、仕事があまりにつまらなくて死にそうになったのが仕事を辞めたいと思った最初のきっかけではありましたが、最終的に「マジで絶対辞めてやる」と思ったのは頭のおかしい上司がいる部署に配属になった瞬間でした。

いきなりキレたりむちゃくちゃな要望を出してきたりするタイプの人間で、25回くらい「いつか殺そう」と思いました。

同僚とはお互いに相談に乗ったりしていましたが、結局部署の半分もの人間が退職し、私はある日職場にいくとほとんど声が出なくなっていました。

人間関係はマジでどうしようもないしあなたのせいじゃないし改善もできない

昔から、学校でもバイト先でもなんでもコミュニティというのはありましたよね。大人になっても職場や保育園のママ会など、人間関係の悩みは一生続きます。

もうしんどいですね。人間関係って。

性格は「合う合わない」が確実にありますし、その中で「合わない人」と職場という閉鎖環境で巡りあってしまったのは不運でしかありません。

よく、「職場の人間関係を改善するための・・・・」みたいなテクニックを見かけますが、相手が理不尽だったり頭がおかしい人間だったりする場合に、こちらが努力してもたいてい無駄です。

それに、職場全体の雰囲気が悪いという場合もあります。それをたった一人の力で変えるのも、ほぼ不可能ですよね。

ですからどうしようも無いです。一定の確率で人格破綻者はいますし、雰囲気の悪い職場はある。それに関してあなたは一切悪くない。

大事なのでもう一度言います。あなたは一切悪くない。

とにかく自分を責めたり、人間関係を改善しようと努力したりするのを辞めましょう。無駄な時間です。

私も最初はどうにかしようと努力していましたが、途中から諦めて違う方向にエネルギーを使い始めました。振り返ると正解でした。

今すぐ辞めてやる

肉島先輩 そうだよな。俺は悪くないよ。もう辞めようかなマジで。

トリイケンゴ 辞めてどーすんすか。

肉島先輩 転職だよ転職!もう思い切って来月転職だ!

トリイケンゴ どこに?

肉島先輩 もうどこでもいいよ。せめて今より「待遇が良い」か「仕事が面白い」か「雰囲気が良い」か、何かしら改善すればどこでもいい気がしてきたわ。

トリイケンゴ あれ、なんかリク●●に肉島先輩の会社の求人が出てますよ。これ。

マヨナビネクスト

トリイケンゴ ん?よく見たら肉島先輩写ってますね。これ。

肉島先輩 ああそういえば撮ったなこの前。最高な感じでポーズとってくれって言われて。

トリイケンゴ こうやって外から見たら先輩の会社も最高に見えますけどね。

肉島先輩 いや、完全に嘘だよこの写真。俺もっと筋肉あるし。

トリイケンゴ だからそこじゃねーよ。アホ。

とりあえずまずは職場を変えよう

私はこれまでたくさんの方に起業やビジネスのアドバイスをしてきましたが、実際に起業したいとかビジネスをやりたいという方のうちの、およそ8割くらいは転職します。

というのも、そもそも職場に不満がある人は、今の職場にいると「つらい仕事で精神を削られてしまう」とか「ブラック企業やブラック上司に時間を削られてしまう」などが日常的に起こってしまうからです。

新しいことを始めるときには、やはり自分に余裕が無いとうまくいきません。

今の職場で精神や時間を削られてしまうようでしたら、まずはとりあえず心に余裕が持てるような環境に転職することがおすすめです。

私は仕事辞めたい!と思ってから、勢いで本当に辞めてしまいましたが、その後に収入も無いし、やりたいことがあるわけでもない、、、という精神的に地獄のような経験をしました。

まずは、環境の良い企業に転職をする。

その上で、副業やサイドビジネスなどで収入を複数作っていくような働き方が、最もお勧めです。

転職のコツなどを紹介しているこちらのサイトも是非見てみてください。

良い環境に転職するコツ

勤務時間がコントロールしやすい仕事や、ITで比較的自由な環境で働ける仕事など、探せば色々な条件の仕事があるものです。

ただ、転職未経験の人がうまく自分にぴったりの職場を見つけるのはほぼ不可能でしょう。なにせ膨大な転職情報があります。

ですから、人材紹介会社を活用するのがおすすめです。

ポイントは、「特化型」の人材紹介会社を使うことです。

大手の紹介会社は確かに案件も多く持っていますが、たくさん案件があるから良い転職ができるわけではありません。

むしろ、業界を特化していたり、第二新卒に絞り込んでいたりなど、「特化型」の人材紹介会社のほうが、丁寧に面談をしてくれますし、良い職場が見つかる可能性が高いです。

こちらのサイトでも、特化型で丁寧にキャリアコンサルティングをやってくれる人材紹介会社をいくつか紹介しています。是非参考にして、キャリア相談をやってみてください。

 

次のページでは、仕事を辞めたいと思ってから、独立準備のために実際にコツコツとやっていった事について説明していきます。簡単に言うと「勉強会」を主宰することがおすすめです。

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想はこちらです↓↓

1 個のコメント