生活費以上のお金を稼ぐのにモチベーションが上がらない若者の話

がくちょうのコラム♡

がくちょうです。

みなさんは「どっち派」ですか?

  1. 生活費以上のお金を稼ぐのに、モチベーションが上がらない派
  2. お金を稼ぐんだったらいくらでも多い方がいいからバリバリやる気出る派

 

実はこんな記事がすごく話題になっていたんですが▼

なぜ皆「生活費以上のお金を稼ぐこと」にそんなに興味を持てるのか
稼ぎが生活費に達するまでは頑張るけど、それ以上は給料が上がったらラッキーくらいでいいじゃん、と思ってしまう追記伸びていて驚いた。生活…

要約すると

  • 投稿主は「生活費に必要な金額までは頑張ってお金を稼ぐけど、それ以上はモチベーションが上がらないから頑張れない」とのこと
  • それを見た人達は「子供の将来のため、老後のため、不測の事態のためなど、お金はあるだけあったほうがいいから元気なうちにできるだけ稼いでおくほうがいい」などと反論

分かりやすい部分を転載すると、

「将来に備えて、家族のために、アーリーリタイアするために、今の内に稼いでおく」←わかる

「欲しいものがあるので、そのために稼ぐ!」←わかる

「将来欲しい物ができるかもしれないから、今の内に稼いでおく!」←あまりわからない

「稼いで〇〇を買って生活水準を上げる!その後はさらに上のグレードの〇〇を買って…!」←全くわからない

という感じ。

ってことらしい。

これ、私も最近すごく強く感じるようになっていて、

独立した最初の頃はやっぱり分かりやすく「売り上げが多い」「いくら稼いでる」みたいなのが立派に見えたし、目標にして頑張るモチベーションになっていたんだけど、

正直最近はさっぱり分からない。

 

個人事業主で、売り上げ目標が月商500万とか1000万とか聞くと、

 

(・・・つまり、納税したいのかな?)

 

って思ってしまう。

 

まぁ、とはいっても自分は生活水準が低い方じゃないと思う。普通のサラリーマンよりははるかに使えるお金は多いと思うけど、でもぶっちゃけ5人も子供いるし、「使い放題じゃ~」って感じでは全然無い。

でも、これ以上はもう収入は必要ないなって思っている自分がいる。

 

はっきり言って、何に使ったらいいのか全然分からない。

お金を。

 

確かにお金で解決できることは多いとは思うけど、同じくらいお金以外で解決できることも多いのを知ってる。

どうしても欲しいものがあって、それがお金でしか手に入らないなら、その時にその分だけ稼げばいい。

もちろん、何かしら不測の事態に出会って、「あぁお金をたくさん持っていればこんなことにならなかったのに」と思うこともあるだろうけど、その時は同時に「自分はお金以外のものをたくさん稼いできたから、自分が今持っているものできっと解決できるはずだ」って考えると思う。

 

結局、そういうことだと思う。

 

ピンチになった時に人間の思考は2パターンあって

「あぁ、どうして自分はこんなに何も持っていないんだ、他の選択肢を取って生きてきたらこんなことにはならなかったのに」

と思う人と、

「あぁ、ピンチになってしまった。でも、こういう時こそ自分が持っているもの、自分ができることを丁寧に見つめ直して乗り越えよう」

と思う人がいる。

 

「自分が持っていないもの」を見る習慣は本当に良くない。自分にストレスを与えてしまうし、ピンチに悲観的で誤った選択肢を招いてしまうし、何より心が貧しくなる。

 

「自分が持っているものを見る習慣」は、とても素晴らしい。自分に自信を与えてくれるし、ピンチの時には乗り越えるヒントをくれるし、そして何より周りに感謝する機会を増やして幸福度を上げてくれる。

 

理由もなくお金を目標にしている人を見ると、

自分に自信が無くて、お金という数字で補おうとしているのかな

とか

お金以外に目標の立て方が分からないんだろうか

とか思ってしまうようになった。

 

お金を余るほど持っている人にもたくさん会ったことあるし、色々と話したことはあるけど、彼らが持っているものを欲しいと思ったことは一度も無かった。

住んでないタワマンの最上階とか、乗ったことのないプライベートジェットとか、見たこともない遠い場所にある島とか、

そういうものを「持っていると思っている」状態のために、毎晩夜中まで働くくらいなら、

僕は仲間とスプラトゥーンをやる

 

そんな人生でいい。


次のページでは、

頭の良い人ほど間違ってしまう「起業の3つの壁の越え方」

についてご紹介しています。

何千人という事例を見てきましたが、起業や副業など、ビジネスを自分で始めようとした人の9割がこの3つの壁にぶつかります。

そして、なぜか頭の良い人ほど間違った壁の越え方をしようとする傾向があります。

おそらく、これを読んでいるあなたも間違ってしまうでしょう。

過去1万3千人以上が受講して絶賛いただいたメール講座を特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?」

9割の人が間違える「3つの質問」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました