「本を読んだら100円お小遣いあげる」という教育システムは正解か?

がくちょうのコラム♡

みなさん

おはこんばんにちは

がくちょうです。

久々にブログ復活ということで、今日から色々書いていきます。

なんか久しぶりに執筆が捗る気がする。

さて今日のテーマはこちらの記事▼

『本を読んで内容を説明して面白かったらお小遣い』というルールを子ども達に実践したら驚異的な成果があった話「win-winな子育て法、スゴイ」
個人的にはとっても良いと思います

分かりやすいように画像で貼っとく↑

まぁつまりそういうこと。

本を読む⇒親に説明する⇒お小遣いが増える

というルールを作ったら、めっちゃ機能したという話。

実はうちも似たような報酬ルールとかを創っていて、うちの場合は

自分のことを自分でやる⇒スタンプを1つ押せる

他人のことを手伝う⇒スタンプを2つ押せる

というルールで、スタンプを10個貯めると「ゲーム券」「おやつ券」と交換できるというルールになってます。

8歳、5歳、4歳の3人にはこのルールが適用されていて、めちゃくちゃ機能している。

これのおかげで、子供は自分の食器は自分で洗うようになったし、洗濯物も自分で畳んでタンスに片づけるようになったし、調子が良いときは自分から掃除機をかけたり、お風呂掃除やトイレ掃除までするようになった。

というか、このシステムを「ゲームシステム」だとするなら、運営しているオンラインサロン「ファーストペンギン村」でも大人向けに「クエスト」というビジネススキルをゲームっぽく身につけていくシステムを稼働させていて、そっちもめちゃくちゃ機能している。

最近、僕は

良いルール設計は習慣形成を促せる

という素晴らしい事実にたどり着いた。

結局、学習というのはモチベーションが10割。

良い教育者というのは、モチベーションを操れる魔術師になる必要があるのかもしれない。

今、僕は既存の学校教育とは違った形で

16歳までに「精神的自律と経済的自立」を達成し、早い段階で「少ない時間で十分な金銭を稼げる」人間になり、その後は人生を通じて好きなテーマや学問を生涯学習していく

という21世紀の教育レールを提案しています。

上記の実現のために、小学校低学年くらいから入れる「オンラインの学校」を創ろうとしていて、その学校でも「ゲーム形式」で色んなスキルや考え方が学べて、実践していけるようにしようと思ってる。

じゃあ小学生って、子供って、何がモチベーションなんだろう?

前提には「人間は学ぶのが好きだ」という考え方があるんだけど、

じゃあどういうトリガーを用意すれば、子供の「学ぶのが好き」を呼び起こせるだろう?

もちろん、今回の記事みたいに「100円お小遣い増えるよ」でも機能したりする。

うちみたいに、「ゲーム券」「おやつ券」とかも十分報酬になったりする。

でも、根本的には「報酬が欲しいから学ぶ」だと続かない気がしているんですよね。

なんというか、本来は「学習の報酬は成長」であるべきで、報酬システムは補完するものであっても、学習する「理由そのもの」になってはいけない気がしています。

何かを集めたり、貯めたりするのは、いつか飽きちゃいます。

でも、「自分の変化や成長」という報酬は、一生追いかけ続けられる。

100円が欲しくて本を読んでる

ではなく、

ちょうど本を読みたかったところに、100円もらえるシステムがきっかけになった

という状態にしなきゃいけないんだと思う。

外的要因(100円とか)じゃなくて、本を読んだことによる経験や成長自体が報酬になるようなゲーム設計が、本当に優秀な設計です。

そのあたりを詰めていって、とっても素敵なオンライン学校を創っていきます。

楽しい・・・w


次のページでは、

頭の良い人ほど間違ってしまう「起業の3つの壁の越え方」

についてご紹介しています。

何千人という事例を見てきましたが、起業や副業など、ビジネスを自分で始めようとした人の9割がこの3つの壁にぶつかります。

そして、なぜか頭の良い人ほど間違った壁の越え方をしようとする傾向があります。

おそらく、これを読んでいるあなたも間違ってしまうでしょう。

過去1万3千人以上が受講して絶賛いただいたメール講座を特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?」

9割の人が間違える「3つの質問」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました