100%オンラインで仕事している私の働き方を紹介します

がくちょうのコラム♡

皆さんの仕事はコロナの影響を受けていますか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

「コロナの影響は1ミリも受けていません!

と、がくちょうがお話していました。

驚きの内容だったので記事にしてみました。

  • ビジネスを完全にオンライン化したい!
  • 有事に強いビジネスを構築したい!

なんて人は、ぜひ読んでみてください。

遊びも仕事も100%オンライン化できる!

コロナ、本当にヤバいですね。僕、東京の大田区に住んでるんですけど、家の近所でも感染者が出たっていう噂があって。もう感染経路がたどれなくなってますから、うつるかもしれないって覚悟しなきゃいけないですね。はぁ嫌ですね、憂鬱です。気分が暗くなっちゃいますよね・・・。

でも、僕の仕事は完全にオンラインなんですよ。仕事だけじゃなくて、趣味もオンラインです。趣味はeスポーツで、今週も『スプラトゥーン』の「ドラフト杯」という大会にも出場してるんですよ。

皆さん想像できないかもしれないですけど、eスポーツの大会はコロナの影響が一切なく順調に行われております。我々ゲーム実況者、配信者も全くもって活動量は落ちていません。むしろ「コロナに負けるな」と言って活動量が増えているくらいです。ちなみに、このラジオの後もゲームの練習をします。

僕が仕事をオンライン化したのは、もう何年前でしょうか。少なくともベンチャーを畳んでからですけど、もう完全にオンラインでやってますね。今の仕事は、法人向けの経営コンサル、個人事業主向けのコンサル、オンラインサロンの運営の3つです。

詳しく説明すると、法人向けのコンサルは、事業規模が1億円以内の中小規模企業がクライアントです。個人事業主向けのコンサルは、法人化を問わず3000万円以内くらいのレベル感の方と、「副業をやりたい」「これから始めたい」というレベルの方を十把一絡げにして、マンツーマンのアドバイスをしています。オンラインサロンの運営はもちろんオンラインなので、3つとも100%オンラインでやっています。

アポイントは数年前にZoomに移行完了

具体的にどうやっているかというと、法人向けのコンサルに関しては、月額契約で、社長と直接アポイントを取ってZoomで話すというスタイルですね。もうかれこれ2〜3年、このスタイルでやってます。偶然ご縁があった社長さんが多いんですけど、主にマーケティングのコンサルですね。

「新規事業を立ち上げたいけど、マーケティングが弱い」とか「これから事業を拡大していきたいけど、社内のマーケティング担当者が弱い」とか「社長自身がマーケティングに弱い」とかですね。基本的に気が合った方とゆるくお付き合いさせていただいている感じで、「どんどん固定費をかけて、どんどん事業規模を拡大して人を雇う」という感じではなく、「自分たちが楽しくやれたらいいよね」という方針の企業をクライアントにしています。

個人向けのコンサルは、Zoomではなく動画です。質問をいただいたら、その回答を動画に撮って送るというスタイルです。

こうしてオンラインだけで仕事している人って意外といないと思うんですよね。皆「コロナだ」とか「自粛だ」とか言ってますけど、僕はもともと外出しないので、自粛は一切してないし、経済活動も一切止まってないんですよ。これはガチな話です。だから、たぶん皆さんと感覚がだいぶ違うんだろうなと思っていて。世間のことが分からないんですよ。

僕自身、仕事は一切影響を受けてないし、遊びも一切影響を受けてないんです。全て今まで通りに動いています。たぶん日本で一番コロナの影響を受けていません。なぜなら、遊びも仕事も純粋に100%オンラインだからです。

コロナは本当に”感触”だけですね。もちろん「怖いな」という気持ちはありますし、ニュースをチェックしたりして「今後どうなるのかな」「僕にできることがあるかな」とか、いろいろ考えていますよ。でも、実質1ミリも影響を受けてないんです。「アフターコロナ」という言葉も出てきたこの機会に、仕事はここまでオンライン化できるという話をしています。

ニーズさえ把握できれば、オンラインかオフラインかは問題ではない

こんな感じで、コンサルの仕事は完全にオンライン化できます。

特に経営コンサルについて言えば、僕自身リクルート時代からいろいろ勉強してきたし、ベンチャーの立ち上げにも参画した経験があります。B to Bの仕事をやっていたおかげで経営者と話す機会が多かったので、経営者の課題が分かるというか、経営とは何かが分かります。自分でも会社を経営してますしね。

人を雇ったり、事業拡大したり、資金調達をした経験もあるので、法人が何に悩むのかが分かるんです。それが分かるところまである程度経験を積めば、オンラインだけでも十分に法人向けの経営のアドバイスはできるって感じですね。ぶっちゃけ会って話すのとZoomで話すのは本当に何も変わらないです。


次のページでは、

頭の良い人ほど間違ってしまう「起業の3つの壁の越え方」

についてご紹介しています。

何千人という事例を見てきましたが、起業や副業など、ビジネスを自分で始めようとした人の9割がこの3つの壁にぶつかります。

そして、なぜか頭の良い人ほど間違った壁の越え方をしようとする傾向があります。

おそらく、これを読んでいるあなたも間違ってしまうでしょう。

過去1万3千人以上が受講して絶賛いただいたメール講座を特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?」

9割の人が間違える「3つの質問」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました