娘に学校を休ませてガストで一緒に仕事をする

がくちょうのコラム♡

がくちょうです。

今、私のこの8年の研究の集大成にもなる講座を作っていて、基礎資料の作成をやっています。

で、早朝からデニーズで執筆が進んでいたのでちょっと帰りが遅くなってしまって、朝の8時に帰宅したらやっぱり誰も起きてなくて学校に遅刻する時間になってしまいました。

せっかくなので学校に「家の行事で休みます」と連絡を入れて、娘に宿題を出しました。

私:あーちゃんは公文で勉強したから計算できるし、漢字も読めるよね

あーちゃん:うん

私:学校の授業つまんなくないの?

あーちゃん:全然つまんない。もうわかってるから「あーめんどくせーつまんねー」って思って座ってる

私:その時間無駄じゃない?パパは会社員の頃も、やらなきゃいけないことを人より短い時間で終わらせて、残りの時間で漫画読んだりビジネスの勉強してたよ。人より早くできるようになったら、余った時間をちゃんと再投資しないと無駄になっちゃうよ。

あーちゃん:えーでも学校行かなかったらやることないじゃん

私:じゃあ今日学校に連絡しといたから、休んでいいよ。代わりに

「学校に行って分かってることを我慢して座って聞いてる」よりも、賢くなる1日の時間の使い方

を考えて、この紙にまとめてください。それが今日の宿題ね。俺のキンドルに入ってる本は好きに読んでいいよ。

 

と言って一緒にガストに来た。

僕はこれから講座の資料を作る。

娘は横でうんうん唸ってる。


次のページでは、

頭の良い人ほど間違ってしまう「起業の3つの壁の越え方」

についてご紹介しています。

何千人という事例を見てきましたが、起業や副業など、ビジネスを自分で始めようとした人の9割がこの3つの壁にぶつかります。

そして、なぜか頭の良い人ほど間違った壁の越え方をしようとする傾向があります。

おそらく、これを読んでいるあなたも間違ってしまうでしょう。

過去1万3千人以上が受講して絶賛いただいたメール講座を特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?」

9割の人が間違える「3つの質問」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました