私がオンラインサロン業界の常識を変えていきます

がくちょうのコラム♡

皆さんは、オンラインサロンで仲良くなった友達はいますか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

ファーストペンギン村の皆さんは仲が良さそうですが、オンラインサロンで友達を作るにはどうすればいいのでしょうか?」

という視聴者さんからの質問がありました。

質問をいただいた方は、残念ながら他のオンラインサロンで友達が一人もできなかったとのこと。

それに対して、がくちょうからの心強い回答があったので記事にしました。

  • 社会人になってから友達が減った・・・
  • 新しい友達がほしい!

なんて人はぜひ読んでみてください。

本日の質問「オンラインサロンで仲の良い友達を作るにはどうすればいいでしょうか?」

がくちょうの回答はここから▼

これは難しいですね。そもそもユーザー同士の交流を促していないオンラインサロンもありますから。というより、今ほとんどのオンラインサロンは、イタリア風のイケメンオーナーがTwitterやテレビで尖ったことを言って、それをそのままFacebookグループでたまに言っている、みたいなレベルなんですよw

そんな場所に入っても友達なんかできません。皆、月に何千円か払って、オーナーの話を聞いては「ああ、私も人生が変わる気がする」「明日から変わったら嬉しか〜」と言ってる場所なので、友達なんかできないですよ。環境が変わらないと、つまりよく話す人、よく一緒に行動する人が変わっていかないと、人生は変わらないです。僕は、オンラインで環境を提供できる社会にしたいなと思っています。

でも、そんな友達が一人もできないようなオンラインサロンばかりになったのは、私がほったらかしにしたせいなんですよ。本当に申し訳ないです。もっと言えば、コロナのせいです。オンラインサロン講座のリリースが2カ月以上遅れてしまったのは完全にコロナのせいです。

私がこれからオンラインサロンの作り方を広めて、業界を変えていきます。具体的には、Twitterのフォロワーがいっぱいいなくても、インフルエンサーじゃなくても、ユーザーが勝手に増えていくオンラインコミュニティの作り方ですね。なおかつ、ユーザー同士が何千、何万回とコミュニケーションを取りながら環境が変わって、人生が変わっていく人がたくさん輩出できるようなオンラインコミュニティの作り方です。実際に、ファーストペンギン村では、1カ月のコミュニケーション量が1万回を超えているんですよ。あなたもファーストペンギン村に入って友達をいっぱい作ってください。


次のページでは、

頭のよい人ほど間違ってしまう「オンラインサロンの立ち上げ方」

についてご紹介しています。

私自身、6年間にわたってオンラインコミュニティを運営し、DMMアワードを受賞するなどの成果を出してきました。そして、オンラインサロンを作って失敗する人は2つのパターンに分かれることに気づいたのです。

今回、それらの失敗パターンや成功の法則について、正解率1割以下のクイズ形式にしてご紹介します。

おそらく、これを読んでいるあなたも正解できないでしょう。

私が6年以上かけて研究と実践を繰り返して形にしたノウハウを特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜかハマってしまうオンラインサロンの2つの失敗パターンとは?」

9割の人が間違える「3つのクイズ」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました