SNS疲れは不幸の始まり。ピンチをチャンスに変える方法

がくちょうのコラム♡

皆さんはFacebookやTwitterなどSNSを楽しく使っていますか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

「がくちょうは、SNSのコメントに腹が立つことはありますか?」

という視聴者さんからの質問がありました。 

質問をいただいた方は、SNSは楽しいけれどイライラすることもあって疲れるとのこと。

それに対して、がくちょうからの深イイ回答があったので記事にしました。

  • 嫌いな人の投稿をなぜか見てしまう・・・
  • SNS疲れを解消したい!

なんて人は、ぜひ読んでみてください。

本日の質問「いつもラジオを楽しく聞かせてもらっています。がくちょうに質問です。私はSNSをよく使いますが、便利な半面、激しくSNS疲れします。がくちょうが『これ腹立つな』って思う投稿はありますか?」

がくちょうの回答はここから▼

ありますよ、いろいろ。いろいろありますが、知っておいてほしいことは2つあります。

 

1つは、腹が立ったり、イライラしたり、感情が動くということは、自己理解に大変有意義だということ。「腹立つな」で終わらせるのはもったいないですよ。腹が立つってことは、自分の大事にしているものとズレているわけなんですよね。

 

僕は、最近、怒りを超越してしまったので、何を見てもあんまり腹が立たないんですけど、自己啓発系の方を見ると「やってるな、人を育てる気ないでしょ」と思っています。

例えばですけど、あたかも「月に1回、私とセッションしたら人生変わりますよ」みたいな雰囲気を出して、セッション1回2時間ウン十万円みたいなサービスをやってる人いますよね?

その人たちを見ると、イライラしたりはしないんですけど、「やってるなー」と感じますね。

「たった一つのきっかけで人生は変わる」みたいな雰囲気を出してる人いるじゃないですか?「そのきっかけを与えられる私と1時間しゃべるのは50万円の価値がある」みたいな人とかいますけど、おまえにそんな価値あるわけねえだろ、2時間で人生変わる人間なんかいねえよ!バカじゃないの?って思いますね。

 

僕は人間を育てる仕事に10年間コミットしているので、人が育つには時間がかかるというのを経験上知っています。やっぱり人間ってそんな簡単に変われないし、無理やり変えたつもりになっても反動があって結局全然変わらなかったってこともあるんです。

もちろん、僕も高額商品を取り扱っていたこともあります。高いお金をいただくのが悪いってわけじゃないんですよ。

でも、一瞬で人を変えられることは少ないって話です。例えば月1回のアポイントとかじゃ、全然変えられませんでした。僕の実力不足って言われたらそうかもしれませんが、自己啓発系の方から裏の話も全部聞いています。結局は、ただお金を払いたい人が集まって払ってるだけですよね。

みんな、なんでそんな人にお金を払いたがるんですか?なんで人に50万、100万払って人生を変えてほしいんですか?

自分で変えろ、人生ぐらい。強くなれ。100万だろうが1億だろうが、人に金払っただけで人生変わるわけねえだろって思ってます。

もちろん、目の前のことを一つ一つ向き合うために、他人に協力してもらうのはいいですよ。でも、「1回私と話したら人生変わりますよ」みたいな人に簡単にお金を振り込んで、人生を変えてもらおうとするのはダメです。

あなたは、そんなに安っぽいんですか?今まで何十年生きてきたあなたが、人にパチーンって指鳴らしてもらって、2時間しゃべって100万払ったぐらいで変わるほど、あなたの人生は安くないはずです。

コツコツ、ちょっとずついいほうに人生を変えていくしかないんです。「人生変わる」系の雰囲気を出して、情報弱者からお金を巻き上げてる人を見ると、そういう人にはそういう人の神が必要なんだろうなと思いますけど、僕のポリシーとは反しています。だから、「やってるな」と思います。別に否定してるわけじゃないですよ。すべての人には意味があって、自己啓発系の人にも役割があるんだろうなと思います。

 

話を戻しますが、大切なのは、イライラしたときが、自分のポリシーを確立するチャンスだということ。腹が立った相手を否定しても、その人をぶん殴ろうとしても、無駄ですよ。「そんなことやめろよ」とか、「あいつはクソだ」とか、そんなことを言うのは間違ってます。

腹が立ったら、「なんで違和感を感じたのか?」と自分と向き合うチャンスなんです。なぜなら、イライラした理由や気に入らない部分がわかったら、自分が何を大事にしているかわかるからです。その“自分が大事にしてること”を大事にしなさい。

 

僕は、そういった経験から、「人を育てたい」と心の底から実感しました。「『なんとなく意識が上がって人生が変わる気がします』と言って、結局元の生活に戻っていくような人ではなく、実際に収入が上がったり、人間関係が少しずつよくなったりするような人の地道な成長を見守っていきたい」って気づいたんです。

だから、あなたも自分が大事にしてることを見つめ直しなさい。そして、それを人に伝えていったらいいんです。そんなふうに処理する習慣が付くと、SNSは別に悪いものじゃないと思いますよ。腹が立った経験もポジティブに生かせるはずです。

 

もう一つ覚えてほしいのは、「人間が不幸になる一番簡単な方法は、気に入らない人を追いかけることだ」という格言です。これは科学的に証明されています。不幸な人を研究したら、自分が気に入らないものばっかり見てるんですね。

例えば、この動画を見て、ディスライク(いいねじゃないほう)を押していく人がいるんですね。僕のゲーム実況動画も、必ずディスライクを押していく人いるんですけども、そういう人が率先して自分を不幸にしていってるわけです。

ディスライクを押すくらいなら見なければいいですよね。僕は、人の動画にディスライクを押したことないです。こうやって、わざと自分が気に入らないものばっかり見てイライラするのは、精神的な依存性があるらしいんです。

例えば、ネットウォッチャーと呼ばれる人ですね。イケダハヤトさんを気に入らないからって付け回してる人いるじゃないですか?ああいう人は、気に入らない人を見て自分を確認したいという麻薬的な成分が出て不幸になっていってるんですけど、快感も一部あって中毒性があるらしいです。

 

気に入らないものを追い掛けるというのは、非常に危険で、かつ効果的に不幸になる方法なので、もし自分が「腹立つな」と思う投稿がSNSにいっぱいあるなら、あなたはもう不幸まで一直線ですよ。

すぐにリムーブ(フォロー解除)しなさい。気に入らない人なんかリムーブすればいいんです。僕はもう徹底的にリムーブしました。一瞬でも気に入らなかったらリムーブです。以上。


次のページでは、

頭のよい人ほど間違ってしまう「オンラインサロンの立ち上げ方」

についてご紹介しています。

私自身、6年間にわたってオンラインコミュニティを運営し、DMMアワードを受賞するなどの成果を出してきました。そして、オンラインサロンを作って失敗する人は2つのパターンに分かれることに気づいたのです。

今回、それらの失敗パターンや成功の法則について、正解率1割以下のクイズ形式にしてご紹介します。

おそらく、これを読んでいるあなたも正解できないでしょう。

私が6年以上かけて研究と実践を繰り返して形にしたノウハウを特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜかハマってしまうオンラインサロンの2つの失敗パターンとは?」

9割の人が間違える「3つのクイズ」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました