日本一詳しい「フリーランスの始め方」メール講座を無料配布中!

フリーランスになって自由な働き方を実現するための方法を、クイズ形式で楽しく学べるメール講座です。期間限定で無料配布中↓↓

詳細はこちら

専業主婦の私がたった3カ月で3種類のサービスをリリースして販売できた話

がくちょう式!ビジネスの始め方

皆さんは「得意なことはあるけど、大したことないし・・・」と思っていませんか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てる起業家・鳥井さん(通称:がくちょう)が運営するファーストペンギン村(以下、トリ村)で、大好きだったイラストでビジネスを始めた板垣まるさんに突撃インタビューしました。

とても興味深いお話が聞けたので記事にしてみました。

  • やっぱり好きなことで稼げるようになりたい!
  • でも、自分と同じくらいのレベルの人はいっぱいいるし、フリーランスとしてやっていけるかな・・・

なんて人はぜひ読んでみてください。

トリ村に入ったきっかけは?

板垣まるです。こんにちは。

きっかけは、結婚を機に会社を辞めたことですね。前職は輸入車の営業だったんですけど、次は自分の力を発揮できる仕事がしたいと考えていたんです。「フリーランスとしてやっていきたいな」という気持ちはあったんですが、新卒で入った会社を2年で辞めてしまってキャリアもないし、何を仕事にすればいいのか、どうやって始めていいのか全然わからなくて・・・。

そこで、オンラインサロンに入って、いろんな人に話を聞いて勉強しようと思ったんです。有名人が運営しているサロンや、プログラミングやライティングといったスキルに特化したサロンなど、いろいろ調べました。

その中で、「主婦の私が変われた!」「メンバー同士の交流が盛ん」というインタビュー記事を見つけたんです。それがトリ村でした。2021年1月末に入村したので、丸3カ月ですね。

トリ村でどんなことが体験できた?

がくちょうがよく「やっていて苦にならないことを仕事と結びつけるといい」とおっしゃっていますが、私は字を書いたりイラストを描いたりするのが子供の頃から好きだったんです。自己紹介を載せる『トリ図鑑』にイラストをアップしたら、たくさんのリアクションやコメントをもらえました。

それから、Zoomでおしゃべりする雑談会に参加したところ、「トリ図鑑見たよ。ライブ配信の『ペンテレ』のまとめとか得意そうだね。村の人の似顔絵とかもいいかも」とヒントをもらったんです。似顔絵は今まで描いたことがなかったんですけど、描いてみたらすごく楽しかったんですよね。

ひょんなことから似顔絵制作をスタート!

▲絵のタッチが豊富!

ペンテレのイラストは、自分用のメモとして描いたんですが、まだ動画を見てない方もいるかなと思って、軽い気持ちでアップしてみました。すると、「めっちゃわかりやすい!」というコメントをたくさんもらって、もうびっくりしました!ずっと「私くらいのレベルの人なんていっぱいいる」と思ってたんですけど、アップしたことで「すごい才能だね!」と言ってもらえて・・・驚きと嬉しさでいっぱいです。

グラフィックレコーディングにも挑戦!

▲動画をわかりやすくイラスト化!

トリ村の文化に「挑戦と貢献」があるんですけど、自分一人では何が貢献できるかわからなかったんですよね。コロナ禍で会社を辞めて、人と交流する機会がほとんどなくなってしまったので、こんなふうに背中を押してもらえたのは本当にありがたいです。

また、雑談会の中で「どうしたら、みんなともっと仲良くなれますかね?」と相談したところ、「スナオ子に話聞いてみたら?」と紹介されたので、DMで突撃してみました。インタビュー記事を読んでいたので、勝手に親近感を持ってたんです(笑)すると、「ぜひお話しましょう」と言ってくださって、2人でZoomで盛り上がりました。

トリ村に入ってよかったことは?

もともとフットワークが軽いわけではなく、どちらかというと重いほうだったんです。ネット上で知らない人と交流するのはちょっと怖いイメージもあったんですけど、トリ村に入ったことで吹っ切れました。Twitterなどの一般的なSNSと違って、トリ村はがくちょうの理念に共感している人や、同じような考え方の人が多いので、安心感があるんですよね。

入った当初は何をしていいのかわからなかったんですけど、興味のあるイベントに参加したり、気になる投稿にコメントしたりしていました。がくちょう主催の『新人さん歓迎会』に参加したら、お昼の時間帯だったこともあって主婦の方が多かったんです。自分と同じような境遇の方と交流できたことで、夫に「トリ村に入ったよ」と報告できました。

オンラインサロンというと、中には怪しいイメージを持つ人もいますよね。私の場合は特に夫が心配性ということもあり、否定されたりしたら嫌だなと思って伝えてなかったんです。でも、いざ話したら温かく見守ってくれることになりました。翌日、トリ村で「夫に報告しました」という投稿をしたら、「その気持ちわかるよ〜」など、いろんな方から温かいコメントをもらえました。

また、挑戦や貢献をして投稿したらAmazonギフト券がもらえるのもいいですね。Amazonギフト券狙いで、小さなことでも投稿しています(笑)最近は「スタンプを作りました」という投稿でAmazonギフト券をゲットしました!歓迎会で「トリ村の中で使えるスタンプがあったらいいよね」という話が出たので、さっそく作ってみたんです。皆さんが使ってくださるのはもちろん、「こういうの描ける?」などリクエストいただけるのが嬉しいですね。

▲がくちょうの可愛らしいペンギンスタンプ

どんなふうに好きなことが仕事につながったの?

トリ村にイラストをアップするようになってから、「対談記事のグラフィックレコーディングをお願いしたいです」「似顔絵を描いてくれませんか?」「ポスティング用のチラシを作ってください」とDMをいただけるようになりました。

貢献のつもりで描いていただけなんですけど、お仕事の依頼があってびっくり!本当に嬉しいです。トリ村に入って3カ月も経たないうちに、イラスト関連サービスが3種類も生まれました。

▲対談内容が一目瞭然!

さらに、サービスが生まれたことで、SNSにイラストを投稿できるようになりました。TwitterはずっとROM専で、 Instagramはキラキラしすぎて踏み入ることすらできなかったんです(苦笑)

でも、イラストは Instagramとすごく相性がよくて発信しやすいんですよね。トリ村の『みんなのインスタを褒めて伸ばす会』に入って、みんなで「いいね」しあったり、コメントしあったりしています。トリ村と同じノリで楽しいですね。これから集客ツールとして、さらに活用していけたらと思っています。

トリ村は、どんな人におすすめ?

私のように、専業主婦の方や20代の方、「自分にはキャリアがない」と思っている方ですね。トリ村は、自分の中にあったものを発信できる場です。私の場合は「イラストを描きたい」という自分の中で眠っていた思いが、「貢献」という軽い気持ちでアクションを起こしたことで、皆さんに喜んでもらえた上、サービスにつながりました。

何か特定のスキルに限定したサロンじゃないからこそ、幅広い経歴を持った方と気軽にお話できますし、「考えてからじゃないと動けない」という方にもお勧めです。

しかも、他のオンラインサロンと比べて、めちゃくちゃ安いですよね。年間5600円なので、月々500円もしないじゃないですか。年払いで、好きなときに使えるのもいいですね。月払いだと「今月使わなかったのにな・・・」っていう場合もあると思うんですけど、トリ村は1回払えば1年間使い放題。入村を検討されている方はぜひ入ってみてください。

板垣まるさんからひと言メッセージ

トリ村から毎日いい刺激をもらって、充実した生活につながっています。トリ村の皆さんには本当に感謝しかありません。1年後には、フリーランスとして生活していけるようになりたいと思っています。これからもよろしくお願いします!

\ 今回のインタビュー内容をイラスト化してみました /

その他のお客様の声もぜひご覧ください

いかがでしたか?

今回は、自分の内なる声に耳を傾け、周りに背中を押されながらサービスをリリースした板垣まるさんにお話を伺いました。

トリ村では、このように「毎日みんなから刺激をもらっている!」「フリーランスとしてのファーストキャッシュを手に入れた!」という方がたくさんいます。

他にもまだまだお客様の声がありますので、ぜひこちらをご覧ください▼

ファーストペンギン村お客様の声
ファーストペンギン村は、「自由業を目指そう」というメッセージを掲げ フリーランスや独立事業主などの自由な働き方を目指す...

次のページでは、

9割の人が間違っている「フリーランスの始め方」

についてご紹介しています。

私は2009年にリクルートに入社して以来、10年以上にわたって「自由な働き方」を推進するための事業を行ってきました。そして、過去1000人以上の方の独立支援をしてきた経験から、自分でビジネスを始めてフリーランスになろうとする方のほとんどが「ある失敗パターン」に当てはまることに気づきました。

今回、それらの失敗パターンや成功の法則について、正解率1割以下のクイズ形式にしてご紹介します。

おそらく、これを読んでいるあなたも正解できないでしょう。

私が10年以上かけて研究と実践を繰り返して形にしたノウハウを特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜかハマってしまうフリーランスの失敗パターンとは?」

9割の人が間違える「3つのクイズ」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました