2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

先日の記事がバズりまくった結果、恐ろしいことが起こった

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

こんにちは

ブロガー起業家のトリイです。

昨日、ちょっと面白い事があったので少しだけ。

なんか何気なくfacebookのタイムライン見てたらこんなのが流れてきまして

フェイスブック恐るべし

 

へぇー男前な人がいかにも何か主張したそうな目をして物議をかもしてるなぁ、、、

それにしても、すごいいいね数じゃん、、、、

あれ、、、、

なんだろうこのもやもや、、、、

なんかタイトルに見覚えがある気が

いやこれ俺の記事やん\(^o^)/

いつからこんなに男前になったのか?

いやー気づきませんでした。

自分を客観視できている自信はありませんでしたが、もしかしたら他の人から見たらこう見えてたんですかね?

僕の自己認識だと

本来あるべき姿

こうなってなくてはおかしいんですがね。

作ってみて感じましたがこれだと絶対にいいね増えませんね。disライクが伸びます。

すごいですね、アイキャッチ画像の重要性を改めて勉強になったんじゃないですか?皆さん。

この見ている人を苛つかせるようなニヤリとした笑顔はなんだかそれだけで殴りたくなってきます。

この顔でこのタイトルを見た瞬間、「お前に言われたくねーよ、死ね」と思っちゃいますもんね。

そんな気持ちで記事に入ってきたらそれはもうすぐ炎上ですよ。炎上。

しかし、なんでこんな事になっちゃったんでしょうかね。

と思って問題の記事に入ってみたら

子供のために親がやりたいことを我慢するのは正しいことなんですか – ネタりか
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150511-00000013-allabout

あれ?この画像が存在しない。。。

一体どこに消えたんだ。。。そしてなぜ入れたんだ。。。

しかもページのトップにはさらに見覚えの無いフリー画像がこんな感じ

子供のために親がやりたいことを我慢するのは正しいことなんですか   ネタりか

につけられとるし、

いやーすごいですね。

すごい変わりようです。

結論から言うと、私のブログはall about newsdig様にいつでも自由に全文転載していいよ!という許可を与えてしまっていまして、その規約の中にさらに「他のメディアとかにも自由に提供しちゃうからね!」という約束が含まれていたという話です。

まぁ分かってたんですけどね。

記事の一番下のところにこんな感じで

ニュースディグ様素敵!

がっつり明記されてましたからね。

そこはまぁいいですよ。

好きに転載でも何でもしてください。

ただですね。

何だったら誤解を生みかねないアイキャッチ画像

おかしいですよね。これは明らかに。

フェイスブック恐るべし

こんな設定にしといたら、この人が言ってるみたいに見えませんかね。

ほんでもって、記事の一番下にちょろっと

(鳥井謙吾)

著者名まじ適当

って書いてあってもさ。

著者がどこの誰だかもう全くわからないじゃないですか。これじゃ。

だって元記事の僕のブログへのリンクは言わずもがな、もはや提供元のNewsDigさんの記事へのリンクも無いんですよ。何にも無しです。

もはや出自不明。

住所不定無職。

一応担当の方からメールもらって、「他の鳥井さんの記事にリンクは貼ってありますので」とか言われましたけど、いやいやそれってまさかのこれのことじゃないですよね。

関連記事って

関連記事って\(^o^)/

しかも上の2つだけって

これはひどいですね。マジで。

いいんですかね?こんなことして。記事と全然関係ない人の画像引っ張ってきてOGPに設定して、著者の情報をわかりにくーーーくして読み手を混乱させても。

マジで知りませんよ。僕のせいじゃないですからね。

引用の部分のタグを全部かってに消しちゃってるし

しかもですね。

元々、この記事は話題になっていた別のアメブロの記事があって、それに関して自分の考えを書いたものだったんです。

だから僕は、参照させてもらった記事へのリンクもしっかり貼りましたし、引用している部分はちゃんと引用って分かるタグを付けて、読んでいる人が読みやすいようにしたつもりでした。

そしたらですね。

引用タグも元記事へのリンクも全部消えてるし\(^o^)/

いや、これじゃ何を言ってるのか分からなくなるじゃないですか。

めちゃめちゃ読みづらいですよ。

案の定コメントのところにこんな感じで

文章がものすごく下手! 文章下手すぎて何言ってるのか分からない

とか書かれちゃってるじゃないですか。

俺のせいじゃないよ\(^o^)/

マジで。

俺のせいじゃないんだよ。

頑張って書いたつもりだったんだよ、俺は。

これじゃあ俺がすごく文章が下手で、しかも参照記事への敬意も払えないようなクソ野郎みたいに見えるじゃないですか。

なのに名前「だけ」はちゃっかり出しちゃうわけでしょ。

傷つくよ。俺の名前とハートが傷つくよ。

あれ、なんだろう目から汗が。。。

花粉かな。。。

別に修正しなくてもいいし怒ってないよ

いや、マジでなんでこうなったんでしょうかね。

ただ、誤解の無いように言っておきますけど、別に怒ってないですよ。

WEBメディアの業界はこんなもんだって知ってますからね。人間に絶望してるタイプなんで、別に今さら怒ったりしませんし、修正しろとか不毛なことも言いません。

ただですね、あまりの変わりように驚いただけです。

なんでしょうか。バイラルメディアとかも最近よく問題になってますけど、WEBの世界っていくつかメディアをはしごすると全く違うものになっちゃうんですかね?

まぁ確かに僕も会社員のころは4軒くらいはしごして別人みたいになった事は良くありますよ。分かります。ええ。

というか、既に僕のブログに貼ってある自分の写真が2年も前のやつだから、今の自分とは別人みたいな状態ですからね。

今のありのままの姿を見せたらこうなりますからね。

2年ぶりのシャバの空気

一応言っておきますけど、別に2年ぶりのシャバの空気ってわけじゃないですよ。

ホリ●モン大先生みたいに実刑いただいたせいで痩せたわけじゃなくて、3人の子供の世話でやつれたんですよ。

事業に集中したいから美容院も面倒になってバリカンで20ミリにしたら思ったより短かっただけです。

こうやって見ると僕自身が最も強度の強い捏造を毎日ブログでやってるようなもんですね。

しかし恐ろしいのはアイキャッチ画像のパワーですね。

こんな感じでニュースフィードに流れてきたら、家庭内でなんか犯罪でもやらかしたやつの釈明会見の書き起こし記事みたいに見えますからね。

我慢が爆発して親でも刺したの?って見えませんか。

そういうつもりでよーく見てください。見えますよね?

逆に助かってますね。そういう意味で考えると。

男前に仕上げて頂いてありがとうございます。

読みにくくなっていた記事はそれでチャラにします。

拝啓関係者様

それにしても、運営元はyahoo様なんですね、この転載先のネタりかって媒体。

相変わらず素晴らしいお仕事をされてますね。

最後にお礼をお伝えしておこうかな。一応ね。社会人として。

拝啓関係者様

今回は、素晴らしいネタ記事を作るチャンスをいただきまして、誠にありがとうございました。

WEBメディア業界の倫理観や文化は、皆様のようなオピニオンリーダー企業が率先して創っていらっしゃるんだなぁと改めて感服いたしました。

是非、お子様に胸を貼って誇れるような素晴らしいお仕事を今後も続けられてください。

お礼にささやかではございますが、私の頑張ってコツコツ育てているブログから被リンクをご提供させていただきました。

御社もご利用されているともっぱら評判のGOOGLE様の検索エンジンからの評価に、少しでも貢献できますと幸いです。

今後共よろしくお願い致します。

かしこ

今日は以上。

別に怒ってないよ。

ただ、これを読んで何か思うところある人は、是非ついついして倫理観の醸成を手伝ってください。

※追記※

忘れてましたが元記事はこれです。

子供のために親がやりたいことを我慢するのは正しいことなんですか

書き手のコンテキストや感情、アイキャッチ画像や見出しやデザインなどで伝わりやすさが全然変わってくるという良い勉強になりますね。

お互いに、丁寧にコンテンツ作っていきましょうね。

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓