娘が学校に行かなくなった日の話

がくちょうのコラム♡

おはようございます。

がくちょうです。

最近は小中学生向けのオンライン教育のシステムを作ろうと思ってモチベーションが少しだけ上がっています。

そんな中、最近娘が学校に昼くらいに行くようになりました。

というのは釣りで、厳密には毎週月曜日は昼くらいに登校しているという感じです。

私が月曜と火曜をオフにして、水木金だけ働く感じにしたので、どうしても月曜日はオフ感覚で朝も寝坊してしまうんですよね。

そして我が家は私が起きないと誰も起きません。

今日も昨日の夜中にポケモンを全クリするのに忙しくて、朝起きたら8時半でした。

私が起きないから本当に誰も起きない。w

そして関係各所に「寝坊したのでゆっくり行きまーす」と電話して、そこから7人分の朝ごはんとか準備とかをしつつ、娘には「まぁゆっくりしてていいよ」とか伝えておいて保育園児の方を先に送っていきます。

とはいっても保育園も2か所。ザクっと1駅分の距離を2往復して、帰ってきたらもう10時半。

そこから娘と嫁とブランチを食べながら、

私「他人が決めた納得のいかないルールに黙って従うような人生はクソや。そもそも土日が休みって話なのに、月曜にあさイチから動かないといけなかったら、日曜日の夕方から明日の準備で休めなくなるやろ。そういうのを世間ではサザエさんシンドロームって言うんやで。名前まで付けてアホやろ?月曜は普通は昼からやで。」

じゃんさん(嫁)「いやそれ大学生のルールやんw」

私「自分のルールを守れるようになれよ。他人のルールばっかりなんも考えんと守ってたらクソな人生になるぞ。そもそも朝にゆっくりと過ごせないような人生ってどうなん?そんなんでいいと思う?」

あーちゃん(娘)「確かにゆっくりしたいよねぇ朝くらい。だって朝も急いで学校行って、学校でずっと勉強して、帰ってきて公文行って、宿題して、ご飯食べて寝て、ずっとバタバタしてるじゃん。学校の休み時間も5分しかないんだよ?」

私「え?今って学校の休み時間5分なの?何それ休んでないやん」

あーちゃん「水飲んでトイレくらいは行けるよ」

私「マラソンの給水やんけそれw いつからマラソンみたいに勉強するようになったんや学校は」

あーちゃん「ねぇパパ、もう3時間目終わる時間になってきてるけど、このあと学校行ったら給食食べに来たの?って言われちゃうよw」

私「給食食べにくる女ってヤバいやんw でも給食はちゃんと食べろよ」

とか言いながら学校に行く準備をして、そのあと一緒に商店街を散歩をしながら

  • なぜ商店街のテナントが空いたままになって埋まらないのか
  • 今のペースだと日本の人口はどれくらい減少していくのか
  • なぜ今銀行にお金を預けても金利が低くて増えないのか
  • 景気が良いときと悪いときの差と、デフレスパイラルの仕組み
  • 文明の進み具合によってなぜ子供を産むのが合理的ではなくなっていくのか
  • 多数決で物事を決める社会で、老人が多数になった場合に未来への投資が行われなくなる構造的欠陥について
  • 学校で実用的な教育を行わない理由とプロパガンダの政治的有用性について

などの話をしながら、娘を学校に送り届けた。

昔は常識人だったじゃんさん(嫁)も、最近はすっかり私に毒されて頭がおかしくなったのか、ニコニコしながら遅刻する娘と一緒に駅まで歩いていた。

みなさんにも同じことを伝えておこう。

自分で考えた納得のいくルールを守れるようになりなさい。

他人の考えた納得のいかないルールはゴミと一緒です。

他者とよく話し、よく考え、より優れた考えがあれば素直に取り入れましょう。

God bless you

タイトルとURLをコピーしました