時間と収入のコントロールを目指す人は必ずこの能力を身につけておくべき

がくちょう式!ビジネスの始め方

こんにちは。

がくちょうです。

さて、いつも言ってますが、お金を稼いでいくことは、実はそんなに大変なことじゃないです。

構造を理解して、やるべきことを明確にしていけばはっきり言って誰でも簡単にできます。

ただお金だけじゃなくて、時間もコントロールしたいとなると、必ずある能力が必要になります。

今日は収入と時間をコントロールするために必要な能力についての話。

時間をコントロールしたいならスモール&高収益

そもそものところなんですが、時間と収入を両方コントロールしようと思ったら、基本はスモールビジネスと呼ばれるような規模の小さいビジネスしかないです。

規模が大きくなるほど、社会的責任も膨らんでいっちゃうので、無駄な仕事とか面倒なことが増えます。

仕事の量というのは、関係する利害関係のある人、つまりステークホルダーの数で決まります。ですから資金を借り入れしたら出資者との打ち合わせや説明会が増え、従業員を雇ったら労務が増え、顧客が増えたら顧客管理が増えます。

だから、規模の拡大は必然的に時間のコントロールと離れていってしまいます。

もしあなたが時間をコントロールできる人生にしたいと本気で考えているなら、小さくて高収益で低コストなビジネスモデルをどうやって構築するのか?がすごく大切。

ステークホルダーはできるだけ増やさない。単価や収益もできるだけ高くして顧客数も増やさない。資金もできるだけ借りない。従業員もできるだけ雇わない。

金額で言えば、年収で数億欲しいみたい!みたいなのは無理で、時間もできるだけ自由にコントロールしたいという話であれば、月に50万円くらいを狙って始めていって、最終的に年収で2000万とかを目指すのがゴールとしては適切かなーなんて僕は思います。

あとは、仕組み化していけば労働量は減らせるし、そんなビジネスを3つくらい作れば全然裕福だと思うんですよね。あとは余剰資金を投資に回して複利で増やしていく。

それ以上を求めると、やっぱり必然的に家族との時間とか、友人と遊んだり趣味に費やしたりする時間って減る傾向にあるわけで。

人間ってのは「お金」じゃなくて「時間」で構成されてるわけじゃないですか。

貴重な時間を使ってまでやること?やりたいこと?ってのを自問していくと、ほとんどの人はバリバリのビジネスやって経営者として人生を過ごすのは向いていないと思います。

どちらかというと、「好きなことや興味のある事に関連したスモールビジネスをやる」ってのがほとんどの人にとっての幸せな気がします。

まずはみなさんも、そこを目指して欲しいと思うんですよね。

では、スモールで高収益なビジネスを構築するためには何をすればいいか。

商品価値=お金をゼロから生み出す能力

とにかくこれが大切ですよね。

ほとんどの人が、ここで困ってるので。

自分だけが持っている、価値の高い商品を作れたらいいなと思いません?

ずっと稼いでいきたいなら、代理店みたいなビジネスは絶対ダメです。

やっぱり、元締めになって品質コントロールできる商品を自分で作れないとダメ。

じゃないと、収入と時間ってのは絶対に自由に操作できないんですよね。

だから、まずはとにかくこれなんですよ。ゼロから価値を生み出すという作業が必要なんです。

もし、今あなたが自分の商品を持っていなくて、代理店ビジネスやってたり、受託とか下請けみたいな仕事をしているとしたら、その先に収入や時間のコントロールという答えはありません。絶対に。

だって単価をコントロールできないから。

高収益を目指すなら、単価のコントロールが必須なんですよ。だから、とにかく一度でいいから全くのゼロの状態から何かお金に換わる「価値」を生み出す作業をしてください。

それが、自由に収入と時間をコントロールするために必須の能力と経験です。

もう間違いなくこれができないとダメです。

価値の生み出し方

やり方は簡単で、ターゲットを決めるってことです。

ビジネスってのは誰かの望みをかなえるか、痛みを取り払うことでお金をもらうことなので、「誰の役に立つべきか」というのを考えれば、「どう役に立つべきか」というのも自然と決まります。

このターゲティングが自然にできるようになると、ビジネスは何度でもゼロから生み出せるようになりますからね。

ターゲティングのやり方ですが、最初はぼんやりと設定をします。

「この人、こんなことで困ってそうだから救ってあげたいな」という人をイメージするわけです。

そこからは、大雑把に設定したターゲットに向けて発信をしたり、実際に会ってみたりしてコミュニケーションを取っていきます。

たまに、ずっとターゲットについて自分ひとりで部屋にこもって考えている人がいるけど、時間の無駄です。

実際に会って話を聞きましょう。それが一番早いです。

実際に現場でターゲットの悩みを理解して、はっきりイメージするのはめちゃくちゃ大切。

逆にこれがぼやけていると、「なんとなく必要そう、、、、でも実際には必要ない」みたいなサービスになりやすいんですね。

ちなみに下記の記事↓↓↓

誰もやってないビジネスが失敗する理由と稼げるサービスの作り方

に、そういった現象を防ぐために、どうすればいいのかも書いておきました。

ターゲットが明確にイメージできると失敗しにくい

経験上、ターゲットを先に明確にしにいくと、特にスモールビジネスはほぼ失敗しなくなります。

なぜかというと、そもそも救ってあげたいとイメージできる人は、自分や自分の身近な人であることが多いため、ニーズを明確にイメージしやすくなるから。

いきなりインドネシアで新規ビジネスを立ち上げるよりも、身近な人を救うほうが素人には向いているってこと。

あと、そういった身近な人に「ありがとう!!●●さんのお陰で人生が変わりました!」って言ってもらうのって、

すごーく嬉しいんですよ。

だから、モチベーションも保ちやすいし、メディアとかで発信するときも実感とか経験がこもるからすごく共感されやすくなったりします。

そういった人に喜んでもらうために、毎日がんばる。

素敵じゃないですか。

 

というわけで、ターゲットを決めて、掘り下げて、その人を救うビジネスをやる。

という流れで、大枠ですが誰でも

「ゼロから商品価値=お金を生み出す」

ということはできます。

こういったクリエーション抜きに高利益とか時間のコントロールってのは絶対無理です。

だから、商品は自分で創れるようになること。

それが人生の時間を自由にコントロールするための必須条件です。

そんなこと言っても何から始めたらいいかわからない!という人は、「勉強会を開く」というのがオススメです。

こちらの記事↓

仕事を辞めたいと思ったうつ状態だった私が実際に辞めるまでにやったこと

でも紹介していますので、是非参考にどうぞ。

 

それでは今日はこの辺で。

良い一日を。


次のページでは、

頭の良い人ほど間違ってしまう「起業の3つの壁の越え方」

についてご紹介しています。

何千人という事例を見てきましたが、起業や副業など、ビジネスを自分で始めようとした人の9割がこの3つの壁にぶつかります。

そして、なぜか頭の良い人ほど間違った壁の越え方をしようとする傾向があります。

おそらく、これを読んでいるあなたも間違ってしまうでしょう。

過去1万3千人以上が受講して絶賛いただいたメール講座を特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜか間違ってしまう起業の3つの壁の乗り越え方とは?」

9割の人が間違える「3つの質問」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました