日本一詳しい「フリーランスの始め方」メール講座を無料配布中!

フリーランスになって自由な働き方を実現するための方法を、クイズ形式で楽しく学べるメール講座です。期間限定で無料配布中↓↓

詳細はこちら

ライブ配信をするなら、先に〇〇〇〇を育てるべし

がくちょうのコラム♡

皆さんはライブ配信をしたことがありますか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てながら起業されている鳥井さん(通称:がくちょう)のラジオで、

「友人と一緒に隔週でライブ配信をしているのですが、レスポンスがほぼありません。まずはラジオ以外でコミュニティ作りなどの地盤が必要なのでしょうか?」

という視聴者さんからの質問がありました。

質問をいただいた方は、2カ月間、改善しながら楽しく続けているものの、自分たちを知らない人はまず聞かないだろうなと思ってしまうとのこと。

それに対して、がくちょうから有益な回答があったので記事にしました。

  • ライブ配信のレスポンスがもっとほしい!
  • リスナーと一緒にワイワイしたい!

なんて人はぜひ読んでみてください。

本日の質問「ライブ配信をしているのですが、レスポンスがほぼありません。まずはラジオ以外でコミュニティ作りなどの地盤が必要なのでしょうか?」

がくちょうの回答はここから▼

ナイスペンギン!続けるのが大事ですからね。2カ月間続けている君は、本当にエライです。
まず、ライブ配信をする前にリスナーを育てる必要があります。ですから、コミュニティ作りをしないといけません。どこでコミュニティを作るかにもよりますが、例えばYouTubeなら、最初は手堅く検索寄りのコンテンツ、いわゆるフォロワーが増えやすい系のコンテンツをゴリゴリ出したほうがいいですね。

ライブ配信では、チャンネル登録者は増えないです。むしろ減りますね。ライブ配信は、時系列が揃って双方向性のあるインタラクティブなコミュニケーションができるので、どちらかというとエンゲージメントを上げるのに向いているんですよ。ライブ配信でチャンネル登録者を増やしていくのはかなり厳しいですね。なので、ストック型コンテンツ、かつリピートされやすい検索狙いのコンテンツを大量にアップして、登録者が増えた時にライブ配信をしたほうがいいですね。

ライブ配信は、やっぱりライブ感が大事です。ノウハウとかじゃなくて、感情や思想が入ったり、エンタメ要素が入ったりして、自分のキャラクターを好きになってもらえるような配信じゃないと、レスポンスは薄いですね。
僕のライブ配信にコメントをくれてる人たちは、主にファーストペンギン村の人たちなんですよ。仲が良いですし、普段からワイワイやってるメンバーなので、コメント欄が活発になっているという部分があります。一方、ゲーム実況のYouTubeは、全然キャラ押ししてないので、ライブ配信をしてもコメントはそんなにガンガン入らなかったりします。だから、やっぱり母体作りの上でのライブ配信かなと思いますね。

また、ライブ配信でおひねりをもらっているYouTuberもいますよね。「投げ銭」もしくは「スーパーチャット(スパチャ)」と呼ぶんですけど、ゲーム配信YouTuberやVTuberなら1回の配信で3万円とか、なんだったら100万円とかが入ってきたりします。そういう世界です。
その辺は、いろいろ考えながら戦略的にやるのも大事だと思います。まあ両方大事ですね。「やってみて経験から学習していくこと」と「ノウハウやナレッジを吸収しながら改善していくこと」は両方大事です。同じ仲間として、ぜひ頑張ってほしいですね。


次のページでは、

頭のよい人ほど間違ってしまう「オンラインサロンの立ち上げ方」

についてご紹介しています。

私自身、6年間にわたってオンラインコミュニティを運営し、DMMアワードを受賞するなどの成果を出してきました。そして、オンラインサロンを作って失敗する人は2つのパターンに分かれることに気づいたのです。

今回、それらの失敗パターンや成功の法則について、正解率1割以下のクイズ形式にしてご紹介します。

おそらく、これを読んでいるあなたも正解できないでしょう。

私が6年以上かけて研究と実践を繰り返して形にしたノウハウを特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜかハマってしまうオンラインサロンの2つの失敗パターンとは?」

9割の人が間違える「3つのクイズ」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました