日本一詳しい「フリーランスの始め方」メール講座を無料配布中!

フリーランスになって自由な働き方を実現するための方法を、クイズ形式で楽しく学べるメール講座です。期間限定で無料配布中↓↓

詳細はこちら

初月から20万円突破!オリジナルサービスを作ったことで、売上をコントロールできるようになりました

がくちょう式!ビジネスの始め方

皆さんは「自分でサービスを作って売るなんてハードルが高すぎる・・・」と思っていませんか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てる起業家・鳥井さん(通称:がくちょう)が運営するテラコ屋で、オリジナルサービスのリリース初月から20万円を超える売上を達成したなっちゃんさんに突撃インタビューしました。

とても興味深いお話が聞けたので記事にしてみました。

  • 売上を安定させたいけど、どうすればいいんだろう・・・
  • 子育て中の限られた時間で、効率的に稼げるようになりたい!

なんて人はぜひ読んでみてください。

テラコ屋に入ったきっかけは?

なっちゃんです。こんにちは!

2020年に子どもが生まれたことで「ママ向けの占い」というサービスのアイデアを思いついたのがきっかけですね。フリーランス6年目で、もともとインスタのPR案件とアフィリエイトブログが収益の中心でした。稼げてはいたんですけど月末にならないと売上が確定しないので、売上予想を立てるのが難しいんですよね。例えば、アフィリエイトだとGoogleアップデートでブログのアクセスが激減したりして、けっこう波があるんです。調子がいい時もあれば悪い時もあり、「今月は大丈夫かな?」「もしかしたら、来月は売上がゼロになるかもしれない・・・」という不安が常にありました。

そこで、収入源を増やしてリスクを分散したいと考えたんです。でも、ずっと「サービスを作るのはめんどくさそうだな〜」と思って敬遠していました(苦笑)そんな時、がくちょうにマーケティングを学ぶ『ガチマ部』の募集があったんです。がくちょうとは4年の付き合いで信頼してましたし、「自分でサービスを作るなら、マーケティングに詳しいがくちょうに教えてもらおう」と思っていたので即申し込みました。ガチマ部メンバーは、『テラコ屋』も無料で使えるのでありがたいですね。

テラコ屋に入ってよかったことは?

子どもが生まれてサービスの着想を得た後、占いの本を読んで勉強を始めたんですが、同時にがくちょうのアドバイスのもとサービス化を進めていきました。

▲専門分野の占いについて書籍でしっかりお勉強!

占いだと対面鑑定やオンライン鑑定が一般的なんですけど、子どもが小さいのでアポが入れにくいんです。しかもコロナ禍ですし、保育園がいつ休園するかもわからなくて・・・。なので、働く時間を自由にコントロールできるように「お客さんから、お子さんの生年月日と生まれた時間・場所を教えてもらって、メールで鑑定書を送る」というサービスにしました。

2021年4月にリリースしたところ、初月で43件のお申し込みがあり、売上が20万円を超えました。5月は約30万円とさらに売上が伸びましたね。数量限定で販売しているんですが、両月とも告知してから1時間以内に完売しました!

▲初月に20万円を突破!

▲翌月はさらに売上アップ!

インスタのPR案件やアフィリエイトとの違いは、受注数をコントロールできることですね。今回、初めて自分のサービスを作ったことで、自分がほしいと思った分の売上を安定的に立てられるようになりました。

単価4,980円という強気の価格設定にできたのも、がくちょうのおかげですね。占い師としてデビューしたてだと、1時間のセッションで鑑定料3000円が相場だと思います。初月から20万円を売り上げようと思ったら、けっこう大変ですよね。いきなり相場の1.5倍で販売できたのは、がくちょうが常々「いかに効率的に稼ぐかが自由業だ」とおっしゃっていたから。最初は2,480円にしようと考えていたんですが、「強気の値段でも、サービスの価値を伝えることで必要な人に届けられる!」と自信が持てました。

こうして振り返ってみると、やっぱり成果が出るまでのスピードが圧倒的に違いますね。自分一人でやっていたら、こんなに早くマネタイズできなかったと思います。もう、がくちょうに足を向けて寝られません!笑

どんなふうにテラコ屋を活用したの?

『がくちょうが勧める!たぶん世界で一番らくちんで幸せなお金の稼ぎ方(以下、セカイチ)』という動画教材があるんですけど、「工程表を作って、指導業・代行業・製造業の順番で仕事を作っていきましょう」と、ステップ形式で解説されています。

初めてサービスを作る時って、「何を基準にサービスを立ち上げればいいんだろう」「アイデアを思いついたけど、何から取り組んだらいいのかわからない」など、いろいろ不安があると思うんですよ。私もわからないことばかりだったんですけど、さすががくちょうですね。「マーケティングのすべてを詰め込んだ」とおっしゃっていましたが、ビジネス初心者の私でも「なるほど、この手順で進めたらいいんだ!」と、すんなり理解できました。ルールがわかれば安心して進められるという自分の性格にも合っていましたね。さらに、「何年もかけて知識を身につけなきゃいけない」「資格を取らなきゃいけない」などの思い込みも全部取っ払ってもらえました。おかげで、半年ほどで「占いによるアドバイス」という指導業を作ることができました。

また、テラコ屋のグループチャットで定期的に共有される「Q&A動画」もすごく役に立っています。いろんなメンバーの相談にがくちょうが答えているんですが、「私もそこが知りたかった!」といつも思いながら見ています。悩むポイントはだいたいみんな共通しているので、本当に勉強になりますね。

基本的には、セカイチ動画の通りに進めればいいんですが、自分のやりたいことにうまく落とし込めなかったり、つまずいたりしたら、途中で諦めちゃう人もいると思うんですよね。テラコ屋は、毎週土曜日にがくちょうに直接相談できるので、きちんとフォローしてもらえるという安心感があります。一人だとどうしても客観的な視点が欠けるじゃないですか。なので、がくちょうからのアドバイスは何でも素直に実行しています。さらに、2人1組になって作業会をする「バディシステム」もありますし、テラコ屋メンバーからフィードバックをもらうことで、サービスのブラッシュアップもできると思います。

私のこれからの目標としては、年内に集客と顧客対応を仕組み化することで、ひと月当たりの労働時間を3時間以内に収めて、40万円の売上を確保できるようにしたいと考えています。外注ライターさんの選定も行っているところです。

テラコ屋は、どんな人におすすめ?

小さなお子さんのいるママさんですね。妊娠・出産で働けない期間がありますが、アフィリエイトだと先に半年間の売上を立てようと思っても、なかなか難しいんですよ。でも、自分のサービスがあれば受注数をコントロールできるので、産休・育休中でも売上を調整しやすいと思います。

実際問題として、「職場復帰したけど、思うように仕事を回してもらえない」「お迎えにいかないといけない」など、後ろめたさを感じながら働いているママさんが多いんですよね。転職しても悩みが解決するわけでもないし、フリーランスになりたいけど、そもそもどうやってなるのかわからなかったり・・・。

テラコ屋は、まさにそんな人にぴったりです。「自分のサービスを作って売る」というのは、すごくハードルが高いように思えますが、本当にイチから学べるのでお勧めです。セカイチ動画の通り、「困っている人を、どういった技術で助けるか」だけです。マーケティングを基礎からしっかり学べますし、同じ志を持っている仲間が集う素晴らしい場所なので、今後の働き方を考えているママさんはぜひ!


次のページでは、

9割の人が間違っている「フリーランスの始め方」

についてご紹介しています。

私は2009年にリクルートに入社して以来、10年以上にわたって「自由な働き方」を推進するための事業を行ってきました。そして、過去1000人以上の方の独立支援をしてきた経験から、自分でビジネスを始めてフリーランスになろうとする方のほとんどが「ある失敗パターン」に当てはまることに気づきました。

今回、それらの失敗パターンや成功の法則について、正解率1割以下のクイズ形式にしてご紹介します。

おそらく、これを読んでいるあなたも正解できないでしょう。

私が10年以上かけて研究と実践を繰り返して形にしたノウハウを特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜかハマってしまうフリーランスの失敗パターンとは?」

9割の人が間違える「3つのクイズ」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました