日本一詳しい「フリーランスの始め方」メール講座を無料配布中!

フリーランスになって自由な働き方を実現するための方法を、クイズ形式で楽しく学べるメール講座です。期間限定で無料配布中↓↓

詳細はこちら

たくさん貢献していたら、本当にお仕事がトントン拍子で舞い込んできました!

がくちょう式!ビジネスの始め方

皆さんは「このまま会社員だけ続けていて大丈夫かな・・・?」と不安に思ったことはありませんか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てる起業家・鳥井さん(通称:がくちょう)が運営するファーストペンギン村(以下、トリ村)で、副業を始めて自分の力で稼げるようになった、なおみんさんに突撃インタビューしました。

とても興味深いお話が聞けたので記事にしてみました。

  • 自分で稼げる力を身につけたい!
  • でも、周りにフリーランスの知り合いもいないし、一体どうすればいいんだろう・・・

なんて人はぜひ読んでみてください。

トリ村に入ったきっかけは?

なおみんです。こんにちは。

小さなデザイン事務所で働いているんですが、本当に昔ながらの会社で、制作物が雑誌や通販カタログ、パンフレット、名刺など全て紙媒体なんです。ペーパーレス化の波で休刊になったり、契約解除されたりすることが続いて・・・どんどん仕事がなくなっていくという危機感がありました。特に有名な実績があるわけでもなく、紙媒体のデザインだけをすることにコンプレックスを感じていたんですよね。「Webデザインの知識がないとダメだ!」と痛感していました。デザイナー歴は20年ですが、再就職するにも年齢的にだんだん厳しくなっていくので、「自分で稼ぐ力を身につけたい」と考えるようになったんです。

そんな頃、トリ村を知りました。いつもなっちゃんのVoicyを聞いていてトリ村の話がよく出てくるので「怪しいサロンじゃないんだな」と思ったんですよね(笑)2020年12月に入村して、ちょうど半年が経ちました。

トリ村でどんなことが体験できた?

入ってすぐ『新人さん歓迎会』や、『トリーバックスコーヒー』というZoom交流会に参加しました。この時、Zoomを初めて使ったんですよ。顔を合わせてお話することで仲良くなれました。毎日いろんなオンラインイベントがあるので、興味があるものはどんどん参加しています。

他のオンラインサロンに入ったこともあったんですけど、Zoom交流会ってないんですよね。投稿しようと思っても「有益なことしか書いてはいけない」という雰囲気でハードルが高かったんです。だから、ずっとROM専で・・・入っては辞め、入っては辞めを繰り返していました。

一方、トリ村は自己紹介をする『トリ図鑑』があったので、「まずはここに書き込めばいいのね!」とハードルがグッと下がりました。憩いの場である『トリーズコーヒー』も他愛のない話題で盛り上がっていましたし、「私も気軽に投稿していいんだ♪」と思えました。今までのオンラインサロンの概念を完全に覆されましたね。

トリ村に入ってよかったことは?

「私にはデザイン以外何もない・・・」と思っていたんですが、副業で続々と発注いただけるようになりました!激動の半年という感じですが、すべてトリ村の「挑戦と貢献」の文化のおかげなんです。皆さん、いろんな貢献をされているので、「私にも何かできることはないかな?」と自然と考えるようになりました。

すると、トリ村メンバーから「アイコンは自分で描いてるんですか?アイコン作成とかよさそうですね」と言われたんです。「こんなの描いてほしい人いるかなぁ?笑」と思いながら募集してみたら、すぐに5名の方から応募がありました。追加募集を含めると15個以上作成しましたね。とても喜んでくださって「価値があるんだ!」と実感しました。制作費は無料でしたが、中にはAmazonギフト券をくださる方もいましたね。

▲似顔絵が想像以上の大人気に!

また、周りにフリーランスがいなかったので、オンラインイベントや、ライブ配信の『ペンテレ』で、フリーランスとして活躍している人のリアルな話を聞けるのは、とてもありがたいです。刺激になりますし、モチベーションアップにつながっています。

ペンテレのまとめも、板垣まるちゃんと一緒に作るようになりました。こうして会社以外のつながりで分業パートナーができたのは、とても嬉しいです。

「挑戦と貢献」がどうやって仕事につながったの?

アイコンを描かせていただいた方から「会社の人物アイコンを作成してほしい」と発注があったんです!副業としてのファーストキャッシュでした。トリ村には後輩を応援しようという文化があって、とても素敵だなぁと思います。

さらに、「CanvaでA4サイズのテンプレートを作ってくれる人、募集」という投稿があったので、手を挙げてみました。Canvaは初めて使ったんですが、「こんな便利なものがあるんだ・・・もうデザイナーいらないじゃん!」と衝撃を受けました(苦笑)

でも、納品したらとても喜んでくださって「想像以上です。安くてすみません!」と言われたんです。今までの紙媒体の知識を生かせましたし、「デザインって誰でもできるんじゃないんだな」と自信につながりました。これまでの「不安」が「期待」にどんどん変わっていきました。

また、『インスタを褒めて伸ばす会』に参加しているんですが、「タグの付け方講座」を受けてレポートにまとめたら「お金を払わせてください」と言われました!さらに、新規メンバーを募集するためのポスターもお仕事として作成させていただきました。

▲おしゃれなポスターがたくさん!

そして先日、「『お金を払わせてください』と言われたお話会」をZoomで開催。人生初のウェビナーで緊張しましたが、16名も来てくれました。嬉しかったですね。

これからは、資料の制作代行を始めていこうと思い、ココナラへの出品を考えています。また、Zoomのバック紙をデザインして販売したいなと。ずっとやりたかったので「失敗してもいいや!」と思っています。トリ村のおかげで、失敗が怖くなくなりました。

あとは、デザイン講師もしていきたいですね。今までは「人に教えるなんておこがましい」と思っていたんですけど、私にも教えられることがあるんじゃないかと思うようになりました。ついつい有名なデザイナーさんと自分を比べて劣等感を感じていたんですけど、トリ村に入ったことで自信を得たので「自分は自分、人は人」と思えるようになりました。

トリ村は、どんな人におすすめ?

「自分には何もない・・・」と思っている方ですね。普段している仕事の価値って、外の世界に出ないとわからないんですよね。自分の当たり前の基準が知らず知らずのうちに高くなって、スキルの価値に気づかないことがあります。なので、まずはいろんな人と関わることが大切だと思います。トリ村はそういった意味でぴったりですね。

また、仕事にブランクがある方にもお勧めです。ずっと専業主婦で10年のブランクがある友達が「今から働くとなるとパートしかないよね」って言っていたんですけど、「そんなことないよ!」と伝えたところです。

オンラインに慣れてなくても大丈夫です。私もトリ村に入ってからZoomを初めて使いましたし、皆さん親切に教えてくれるので、一歩踏み出すきっかけになると思います。若い人ばかりじゃなくて、お年を召した方にもお勧めですね。

なおみんさんからひと言メッセージ

トリ村の皆さん、いつもありがとうございます。私のことを否定する人が誰もいないので、安心して本心をさらけ出せました。今思えば、夫や友達とも仲良しなんですけど、無意識に「相手の求める自分」になってしまっていたんですよね。何も知らない状態からオンラインだけでこんなに打ち解けられるなんて、思ってもみなかったのでびっくりしています。私にできることがあれば、いつでもお声がけください。これからもよろしくお願いします!

入村を検討されている方もいるかと思いますが、トリ村は他のオンラインサロンと違って、自分からどんどん発信できる&たくさん交流できる場所です。何の利害関係もないですし、楽しく活動できるので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

その他のお客様の声もぜひご覧ください

いかがでしたか?

今回は、自分のスキルの価値に改めて気づき、どんどんアクティブに活動されている、なおみんさんにお話を伺いました。

トリ村では、このように「自信を持てるようになった!」「仕事仲間ができた」という方がたくさんいます。

他にもまだまだお客様の声がありますので、ぜひこちらをご覧ください▼

ファーストペンギン村お客様の声
ファーストペンギン村は、「自由業を目指そう」というメッセージを掲げ フリーランスや独立事業主などの自由な働き方を目指す...

次のページでは、

9割の人が間違っている「フリーランスの始め方」

についてご紹介しています。

私は2009年にリクルートに入社して以来、10年以上にわたって「自由な働き方」を推進するための事業を行ってきました。そして、過去1000人以上の方の独立支援をしてきた経験から、自分でビジネスを始めてフリーランスになろうとする方のほとんどが「ある失敗パターン」に当てはまることに気づきました。

今回、それらの失敗パターンや成功の法則について、正解率1割以下のクイズ形式にしてご紹介します。

おそらく、これを読んでいるあなたも正解できないでしょう。

私が10年以上かけて研究と実践を繰り返して形にしたノウハウを特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜかハマってしまうフリーランスの失敗パターンとは?」

9割の人が間違える「3つのクイズ」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました