日本一詳しい「フリーランスの始め方」メール講座を無料配布中!

フリーランスになって自由な働き方を実現するための方法を、クイズ形式で楽しく学べるメール講座です。期間限定で無料配布中↓↓

詳細はこちら

テラコヤのおかげで、オリジナルサービスが完成!バックエンドを次々に販売できました

お客様の声

皆さんは「フリーランスになりたいけど、サービスがなかなか固まらない・・・」と困っていませんか?

こんにちは!

編集ライターのほりゅちゅこです

今回、5人の子供を育てる起業家・鳥井さん(通称:がくちょう)が運営するテラコヤで、フリーランスデビュー&オリジナルサービスをリリース&法人案件を獲得した、TAROさんに突撃インタビューしました。

とても興味深いお話が聞けたので記事にしてみました。

  • オリジナルサービスを作って、フリーランスとして独立したい!
  • でも、何から手をつけていいのかわからず、一人で悶々と考え込んでしまう・・・

なんて人はぜひ読んでみてください。

テラコヤに入ったきっかけは?

TAROです!こんにちは。

会社員として15年間、介護施設でシニア向けの運動指導をしていました。シニアの方がどんどん元気になっていくのが嬉しかったんですけど、給料は上がらず・・・しかも、人手不足でだんだん忙しくなっていきました。夜中に呼び出しがあったり、休みがない月もありましたね。

そんな時間がない中、5年くらい前に副業でパーソナルトレーナーを始めてみたんですよ。でも、「サービスの内容ってこれでいいのかな?」と一人で悶々と悩んだり、本を読んだりして、気づいたら1日が終わる毎日でした。

「もう二足のわらじは無理だ!フリーランス1本でやっていこう」と思って、ファーストペンギン村(以下、トリ村)へ。同時に、がくちょうの教育にかける熱い想いに心動かされてテラコヤに入りました。2021年6月のことですね。

テラコヤに入ってよかったことは?

テラコヤに入ってすぐの相談会(現:公開コンサル)で、挨拶がてら「シコ(四股)トレーニングをやろうと思っています」と伝えたら、がくちょうに「すごいね、それ!すごく売れると思うよ」と言われたんです。テラコヤメンバーも次々に「おめでとう!」って言ってくれて、まだ何にも始めてなかったんですけど(笑)嬉しかったですね。他のところだと「シコ・・・?」みたいな反応なんですよ。自信につながりましたね。


▲日本伝統のトレーニング「シコ」

それから、ビジネスの基本のキを学びました。そもそもサービス作りも何から手をつけていいかわからないし、ターゲットもどうやって決めていいのかわからなかったんですよね。

「ずっとサポートしてきたシニア世代にしようかな?」「子育て世代の主婦も運動不足だし、そのほうが需要があるかな?」と、いろいろ考えていました。がくちょうに相談すると「どうしてターゲットを絞ろうとしてるの?」と聞かれて、答えられなかったんです。

よくマーケティングの本に「ターゲットを絞りましょう」と書いているので、そのまま実践しようとしていたんですけど「まず広げてから絞るんだよ」というアドバイスをもらって、いったんターゲットの幅を広げることにしました。

テラコヤの『学習マップ』に沿って、トリ村で無料イベントを開催したり、スキルシェアプラットフォームで有料セミナーを開催してみたり。シコに興味のある人と接する機会を増やして「相手はどんなことに悩んでいるのか」をヒアリングし、「自分はどう役に立てるのか」を考え、がくちょうの推奨している“診断”の質を高めていきました。

サービス内容については、「熱心なラーナーと話しなさい」というがくちょうのアドバイスを受けて、一人ひとりに合わせてオーダーメイドすると、自然と固まりましたね。2カ月間、週に2回Zoomでシコトレーニングをするという『シコトレ オンライン』です。


▲オリジナルサービスが見事完成!

今年の4月に念願のフリーランスになったんですが、2カ月後に個人向け2件、法人案件1件を受注できたんです!どちらもモニター価格なんですが、合計15万円以上になり、売上目標を達成できました。そして、ターゲットも「親と同居している40~50代」に固まりました。

というのも、「高齢の親もできますか?」と聞かれて「もともとシコトレの原点は、シニア向けの健康指導なんですよ」と僕のストーリーをお伝えできたんです。狙っていたわけでは全くなかったんですが、個人向けが2件とも親と同居している40~50代の方でした。驚きましたね。「最初からターゲットを絞らなくていいって、こういうことだったんだ!」と腑に落ちた瞬間でした。


▲熱心なラーナーに出会ったことで、ターゲットも決定!

どんなふうにテラコヤを活用しているの?

基本的に、週に1回『公開コンサル』に参加しています。小さなことでも相談して解決できるので、立ち止まらずに進めるのがすごくいいですね。例えば、セミナーを始めた頃は、なかなか予約が入らなかったんですよ。がくちょうに相談したら、「セミナーの切り口を変えて、いろんなプラットフォームを試してみて」というアドバイスをもらいました。

そこで、肩こりや腰痛といった症状別、子供向けといったターゲット別にしてみたりと、切り口を20個くらい作ってみました(笑)プラットフォームも最初は1つだけだったんですが、5~6個に増やしました。これが良かったですね。高齢の親と同居している人という、思ってもみなかったターゲットに出会えました。

また、テラコヤメンバーに言語化を手伝ってもらっています。2人1組の『ペアワーク』で「シコって何に効くんですか?」と興味を持って質問してくれるので、シコトレーニングの“名医”に近づいていっているという感覚があります。

ちなみに僕は、80代以上とお話するのは得意なんですけど、若い方とお話するのが苦手だったんです(笑)テラコヤに参加しているうちに克服できました!皆さんのおかげです。

しかも、テラコヤメンバーは、ポジティブでエネルギーの高い人ばかり。僕は一人だと考え込んでしまうタイプで、しかもサボり癖もあるので「もういいや」って思いがちなんですけど、毎週仲間から刺激をもらっています。

テラコヤはオンラインですが、みんなで集まって切磋琢磨している様子は、まさに「寺子屋」。青春っぽいなと感じています。テラコヤの皆さん、本当にありがとうございます!

僕のこれからのビジョンは、シコの魅力を日本全国に届けること。ゆくゆくは、世界に届けていきたいです。目下の目標は、2023年3月までに年収600万円、1日の労働時間を4時間にしたいなと思っています。1歳と5歳の子供がいるので、家族と一緒に過ごす時間を大切にしたいですね。料理をするのが好きなので、15時くらいからお酒を飲みながら料理するライフスタイルを実現したいなと思っています(笑)

テラコヤは、どんな人におすすめ?

フリーランスになりたい人ですね。特に、モチベーションを含めて、ビジネスをする環境を整えたいという人にピッタリです。

オリジナルサービスを作るとなると、サービス内容を考えるのはもちろん、需要のあるターゲットを一人で探り当てるのはなかなか難しいですし、時間もかかりますよね。テラコヤでは、がくちょうが方向性を導いてくれるので、本当に心強いですよ。こんなに真摯に向き合ってくれる人はいないと思います。

基礎コースのカリキュラムも充実していますし、全くゼロの状態の人でも、やる気さえあれば全然問題ないですよ。ぜひ、一緒に頑張りましょう!

テラコヤにご興味のある方へ

10年以上にわたって数千名をアドバイスしてきたがくちょうが創ったオンラインスクール「テラコヤ」は、メールマガジンの読者から限定してメンバー募集しています。

ご興味のある方は、下記トップページから無料メール講座をチェックしてみてください↓

このサイトを運営している人▼ がくちょう 家事と5人の子供の育児をバリバリにやりながら隙間時間でたくさんビジネスを回して一人で数千万円稼いでしまう日本に1匹しかいないトリ。 1000人以上の卒業生と起業家を輩出...
タイトルとURLをコピーしました