2017年を締めくくる最高のイベントに登壇します↓↓

↑↑2018年、激動の時代で生き抜くための3つの力について、伝説のギャンブラーとベストセラー著者とプレミアムトーク!!贅沢すぎぃぃいいい!!今すぐこちらをタップ

誰もやってないビジネスが失敗する理由と稼げるサービスの作り方

起業家が育つコミュニティをやってます↓↓

ID-10089409

おはようございます。

ブロガー起業家のトリイです。

僕はビジネスモデルを作るところから相談に乗っているので、そのへんの「商品作り」の段階でよくみなさんがぶち当たる壁というものが分かります。

それがいわゆる

「課金の壁」

というもので、例えばやっていきたい方向性とかもわっとしたビジネスモデルはあるけど、お金にならないようなサービスになっている人が多い。

でも、ビジネスにしていくにはお金にしなきゃいけないですよね。課金できなきゃただのボランティアだから。

じゃあどうやったら「課金できる」ようなサービスを簡単に作り出せるのか。

今日はそんなお話です。

発明品を作ってる人が多い

ビジネスを作り出すときに、ほとんどの人がハマってしまうのがこの「発明品を作ってしまう」という穴です。

どういうことかと言うと、

「あったら便利そうだな」

みたいなサービスを作ろうとしちゃうということ。

こういう人は最初、まさに新しい発明みたいな感覚でサービスを思いつくわけです。

「え、こんなのあったら良くない??」みたいな感覚でね。

例えば、

ヘアカットと同時にネイルもやってくれるサロン

とかがあったら、手間が省けて便利そうじゃん??他もやってないし、絶対流行るって!!

みたいな感じですね。(実例で申し訳ないけれど)

で、競合がいないような誰もやっていないビジネスに突っ込んじゃうんですね。誰もやっていないから、

俺が先駆者になって市場独占だぜ!!

みたいな気持ちになって舞い上がってしまうわけです。

こーゆーサービスは、人に聞いてみると「あ、確かに便利そうだね」みたいな感想が返ってくるから余計タチが悪い。

「このサービス、便利そうじゃない?」って聞いたらダメなんですね。「このサービスに、お金を払う?」って聞かないと。

総論OK,各論NGみたいなもんで、「いいね!」をつけるのと「実際にお金を払う」ってのは全然別の話なんですよ。

そうやって「いいね!」をくれる人に限って、実際にサービスインしたら全然使ってくれないんだから。

解決手段を作ると売れる

そういった「総論OKの発明品」をノリとか勢いで作ってしまうと、

確かに便利だけどお金を払うまでじゃない

ってことになりやすいです。

だから、僕は常に「解決手段」を作るようにアドバイスしています。つまり、

「あったら便利」ではなく、「なくちゃ困る」もの

を作れってことね。

解決手段だから、誰かの悩みを解決するようなものを作ることになりますよね。だから、まずは「誰のどんな悩みを解決するのか」ってのを明確にイメージする。そしてその後、「その悩みはお金や時間を使っても解決したいものなのか」っていうのをちゃんと考えなくちゃダメなんですね。

あったら便利なものは、なくても困らないもの

かもしれないわけですよ。

例えばさっきの例だと、「ヘアサロンで髪を切っている時間に、ネイルも一緒にやってくれたら時間が省けて便利」というのは総論OKでしょ。

でもそれって、あったら確かに便利だけど、なくても別に困らないじゃないですか。

人は願望をかなえるためにお金を払うのではなくて、「苦痛から逃れる」ためにお金を払うんですね。だから、そのサービスがないことによって「どんな苦痛」が発生しているのかを考える必要があります。

では、ヘアサロンとネイルを別の時間でやることによって、どんな苦痛が発生していますかね??と聞くと、「余計な時間がかかっている」くらいしか上がってこない。これは、すごく弱いサービスであることが分かるよね。

だったら、「スピードネイル」みたいなところで15分くらいで終わらせるっていう解決手段でもいいわけだ。別に、そのサービスじゃなくても解決できちゃう。

こんな感じで、

「誰の悩みを解決するのか」⇒「その悩みによって発生する苦痛は何なのか」⇒「その悩みはお金を払ってでも解決したい悩みなのか」⇒「その悩みを解決するためには自分のサービスしかないのか」

という順番で詰めていくと、ほとんどの思いつきは「発明品」の枠を出ていないことが分かります。

なんとなく分かりますかね??

まとめ

こうやって詰めていって、「それでもこのサービスがないとすごく困る人がいる、その人の苦痛を取り払うにはこのサービスしかないんだ!!」といえるところまで詰めきったら、そのビジネスはもう確実に売れます。

僕なら、そこからブログでそのターゲットに向かったメッセージを発信していき、アクセスを伸ばしてお問い合わせをもらいますね。

商品設計さえしっかりできていれば、あとはターゲットに届けるだけで絶対に売れます。届け方は人それぞれだろうけど、僕ならインバウンドマーケティングをやります。楽だからね。

なんとなく分かりましたかね?だいたいのWEBサービスとかは、こういった「便利」な発明品を作って、あとで課金に困ったりしてるのが多いです。結局は広告収入に頼ってしまうのも、この「解決手段」という部分を詰めれていないからなんですね。

みなさんも、新しくサービスを作ろうと検討しているなら、是非この部分をしっかり詰めるように!!

さて、それでは本日も素敵な一日を!!

やっぱり早起きは気持ちいいね!!

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは新しいビジネスを始めたいと思った時に、どういった手順を踏んでいますか?

私はこれまで自身でも4社の事業の立ち上げを行い、コンサルティングやセミナーを通じて1000名以上の方に「新規事業の立ち上げ」についてのアドバイスを行ってきました。

それらの経験で分かったことは、

● うまくいく人は「たった1日」で新サービスをリリースしている

● うまくいかない人は「何か月も何年も」かかってしまう

という両極端な事実です。

この原因は「取り組み方」の違いです。

成功者とそれ以外の人では、取り組み方が180度全く反対だと言ってもいい。

そして大多数の人が、間違った取り組み方によって何年も時間を無駄にしています。

そこでこのメール講座では、成功者が実践している

「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」

について、7通の特別なメールで解説しました。

● 自分でビジネスを生み出せるようになりたい
● たった1日で新ビジネスをリリースする方法が知りたい

という方は、是非下記フォームに今すぐ受け取れるメールアドレスを入力してください。

LINEでも受け取り可能です↓↓
友だち追加

メールを希望の方はこちら↓↓


 メール講座「たった1日でゼロから新規事業をリリースする方法」
   メールアドレス:

 

過去の講座受講者からの感想を是非ご覧ください↓↓