誰もやってないビジネスが失敗する理由と稼げるサービスの作り方

がくちょう式!ビジネスの始め方

おはようございます。

がくちょうです。

僕はお仕事でビジネスのアドバイザーをやっていて、ビジネスモデルを作るところから相談に乗っているので、そのへんの「商品作り」の段階でよくみなさんがぶち当たる壁というものが分かります。

それがいわゆる

「課金の壁」

というもので、例えばやっていきたい方向性とかもわっとしたビジネスモデルはあるけど、お金にならないようなサービスになっている人が多い。

でも、ビジネスにしていくにはお金にしなきゃいけないですよね。課金できなきゃただのボランティアだから。

じゃあどうやったら「課金できる」ようなサービスを簡単に作り出せるのか。

今日はそんなお話です。

発明品を作ってる人が多い

ビジネスを作り出すときに、ほとんどの人がハマってしまうのがこの「発明品を作ってしまう」という穴です。

どういうことかと言うと、

「あったら便利そうだな」

みたいなサービスを作ろうとしちゃうということ。

こういう人は最初、まさに新しい発明みたいな感覚でサービスを思いつくわけです。

「え、こんなのあったら良くない??」みたいな感覚でね。

例えば、

ヘアカットと同時にネイルもやってくれるサロン

とかがあったら、手間が省けて便利そうじゃん??他もやってないし、絶対流行るって!!

みたいな感じですね。(実例で申し訳ないけれど)

で、競合がいないような誰もやっていないビジネスに突っ込んじゃうんですね。誰もやっていないから、

俺が先駆者になって市場独占だぜ!!

みたいな気持ちになって舞い上がってしまうわけです。

こーゆーサービスは、人に聞いてみると「あ、確かに便利そうだね」みたいな感想が返ってくるから余計タチが悪い。

「このサービス、便利そうじゃない?」って聞いたらダメなんですね。「このサービスに、お金を払う?」って聞かないと。

総論OK,各論NGみたいなもんで、「いいね!」をつけるのと「実際にお金を払う」ってのは全然別の話なんですよ。

そうやって「いいね!」をくれる人に限って、実際にサービスインしたら全然使ってくれないんだから。

解決手段を作ると売れる

そういった「総論OKの発明品」をノリとか勢いで作ってしまうと、

確かに便利だけどお金を払うまでじゃない

ってことになりやすいです。

だから、僕は常に「解決手段」を作るようにアドバイスしています。つまり、

「あったら便利」ではなく、「なくちゃ困る」もの

を作れってことね。

解決手段だから、誰かの悩みを解決するようなものを作ることになりますよね。だから、まずは「誰のどんな悩みを解決するのか」ってのを明確にイメージする。そしてその後、「その悩みはお金や時間を使っても解決したいものなのか」っていうのをちゃんと考えなくちゃダメなんですね。

あったら便利なものは、なくても困らないもの

かもしれないわけですよ。

例えばさっきの例だと、「ヘアサロンで髪を切っている時間に、ネイルも一緒にやってくれたら時間が省けて便利」というのは総論OKでしょ。

でもそれって、あったら確かに便利だけど、なくても別に困らないじゃないですか。

人は願望をかなえるためにお金を払うのではなくて、「苦痛から逃れる」ためにお金を払うんですね。だから、そのサービスがないことによって「どんな苦痛」が発生しているのかを考える必要があります。

では、ヘアサロンとネイルを別の時間でやることによって、どんな苦痛が発生していますかね??と聞くと、「余計な時間がかかっている」くらいしか上がってこない。これは、すごく弱いサービスであることが分かりますね。

だったら、「スピードネイル」みたいなところで15分くらいで終わらせるっていう解決手段でもいいわけだ。別に、そのサービスじゃなくても解決できちゃう。

こんな感じで、

「誰の悩みを解決するのか」⇒「その悩みによって発生する苦痛は何なのか」⇒「その悩みはお金を払ってでも解決したい悩みなのか」⇒「その悩みを解決するためには自分のサービスしかないのか」

という順番で詰めていくと、ほとんどの思いつきは「発明品」の枠を出ていないことが分かります。

なんとなく分かりますかね??

まとめ

こうやって詰めていって、「それでもこのサービスがないとすごく困る人がいる、その人の苦痛を取り払うにはこのサービスしかないんだ!!」といえるところまで詰めきったら、そのビジネスはもう確実に売れます。

とはいえ、もちろん「確実」というのは無いので、そこから大事なのは結局お客さんに聞いてみること。

ビジネスというのは「仕掛ける」側と「受け取る」側に明確に分けちゃうと逆にうまくいかないケースが多くて、お客さんと一緒に良いものを創っていく、そのためにコミュニケーションをたくさん取っていく、というのが近道です。

 

なんとなく分かりましたかね?だいたいのWEBサービスとかは、「便利」な発明品を作って、あとで課金に困ったりしてるのが多いです。結局は広告収入に頼ってしまうのも、この「解決手段」という部分を詰めれていないからなんですね。

みなさんも、新しくサービスを作ろうと検討しているなら、是非この部分をしっかり詰めるように!!

さて、それでは本日も素敵な一日を!!

やっぱり早起きは気持ちいいね!!

がくちょう式!ビジネスの始め方
がくちょうをフォローする
起業の闇をぶちまける生放送番組やってます!

毎週金曜日22時からLINE読者限定で生放送!

ブログにも書けない!メディアでは絶対に話せない!?

多彩なジャンルで活躍する起業家、フリーランスをゲストにお呼びして、

  • 涙なしでは聞けない!生々しい失敗談
  • 思わず笑ってしまう!業界あるあるや裏話
  • 明日から真似できる!お金の稼ぎ方や成功法則

などを聞いていくペンギンズラジオ。

リスナーさんからの相談や、クスっと笑える体験談なども募集しています。

 

番組中にお便りを読み上げたリスナーさんの中から抽選で毎週1名に5,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!番組の視聴やお便りの投稿はこちらのLINEから!▼
友だち追加

番組はLINEの読者限定でライブ放送しています。LINE登録いただくと金曜日22時に配信URLが届きます。ライブ配信中は、youtubeアカウントでコメント参加が可能です。

お便りの募集もLINEで募集フォームを送付しています。放送内で読み上げたお便りの中から毎週1名に5000円分のAmazonギフト券をプレゼント!(ただし、その場で生放送を聞いている必要があります。詳細は募集フォームで確認を!)

※LINE登録者にはさらに特典資料【たった1日で新規サービスを立ち上げるための7つのステップ】を無料プレゼント!数千人を超える起業家を育ててきた「がくちょう式ビジネスモデルの作り方」が無料で学べます。
過去2万人以上が受講し、絶賛のご感想をいただいています。
過去の受講生の感想はこちら▼

 

 つまりLINEに登録すると

  • 起業家とがくちょうがビジネスの裏側や失敗談を話しまくる生放送番組が毎週聞ける!
  • 番組にお便りを送ると毎週5,000円分のAmazonギフト券がもらえるチャンス!
  • 2万人以上が絶賛したメール講座が無料でもらえる!

ということですね!

もちろんいつでも解除も可能だよ!

起業やビジネスに興味がある人はぜひ無料登録していってくださいまし▼
友だち追加

がくちょう.com ( ・`д・´)
タイトルとURLをコピーしました