日本一詳しい「フリーランスの始め方」メール講座を無料配布中!

フリーランスになって自由な働き方を実現するための方法を、クイズ形式で楽しく学べるメール講座です。期間限定で無料配布中↓↓

詳細はこちら

誰もやってないビジネスが失敗する理由と稼げるサービスの作り方

がくちょう式!ビジネスの始め方

おはようございます。

がくちょうです。

僕はお仕事でビジネスのアドバイザーをやっていて、ビジネスモデルを作るところから相談に乗っているので、そのへんの「商品作り」の段階でよくみなさんがぶち当たる壁というものが分かります。

それがいわゆる

「課金の壁」

というもので、例えばやっていきたい方向性とかもわっとしたビジネスモデルはあるけど、お金にならないようなサービスになっている人が多い。

でも、ビジネスにしていくにはお金にしなきゃいけないですよね。課金できなきゃただのボランティアだから。

じゃあどうやったら「課金できる」ようなサービスを簡単に作り出せるのか。

今日はそんなお話です。

発明品を作ってる人が多い

ビジネスを作り出すときに、ほとんどの人がハマってしまうのがこの「発明品を作ってしまう」という穴です。

どういうことかと言うと、

「あったら便利そうだな」

みたいなサービスを作ろうとしちゃうということ。

こういう人は最初、まさに新しい発明みたいな感覚でサービスを思いつくわけです。

「え、こんなのあったら良くない??」みたいな感覚でね。

例えば、

ヘアカットと同時にネイルもやってくれるサロン

とかがあったら、手間が省けて便利そうじゃん??他もやってないし、絶対流行るって!!

みたいな感じですね。(実例で申し訳ないけれど)

で、競合がいないような誰もやっていないビジネスに突っ込んじゃうんですね。誰もやっていないから、

俺が先駆者になって市場独占だぜ!!

みたいな気持ちになって舞い上がってしまうわけです。

こーゆーサービスは、人に聞いてみると「あ、確かに便利そうだね」みたいな感想が返ってくるから余計タチが悪い。

「このサービス、便利そうじゃない?」って聞いたらダメなんですね。「このサービスに、お金を払う?」って聞かないと。

総論OK,各論NGみたいなもんで、「いいね!」をつけるのと「実際にお金を払う」ってのは全然別の話なんですよ。

そうやって「いいね!」をくれる人に限って、実際にサービスインしたら全然使ってくれないんだから。

解決手段を作ると売れる

そういった「総論OKの発明品」をノリとか勢いで作ってしまうと、

確かに便利だけどお金を払うまでじゃない

ってことになりやすいです。

だから、僕は常に「解決手段」を作るようにアドバイスしています。つまり、

「あったら便利」ではなく、「なくちゃ困る」もの

を作れってことね。

解決手段だから、誰かの悩みを解決するようなものを作ることになりますよね。だから、まずは「誰のどんな悩みを解決するのか」ってのを明確にイメージする。そしてその後、「その悩みはお金や時間を使っても解決したいものなのか」っていうのをちゃんと考えなくちゃダメなんですね。

あったら便利なものは、なくても困らないもの

かもしれないわけですよ。

例えばさっきの例だと、「ヘアサロンで髪を切っている時間に、ネイルも一緒にやってくれたら時間が省けて便利」というのは総論OKでしょ。

でもそれって、あったら確かに便利だけど、なくても別に困らないじゃないですか。

人は願望をかなえるためにお金を払うのではなくて、「苦痛から逃れる」ためにお金を払うんですね。だから、そのサービスがないことによって「どんな苦痛」が発生しているのかを考える必要があります。

では、ヘアサロンとネイルを別の時間でやることによって、どんな苦痛が発生していますかね??と聞くと、「余計な時間がかかっている」くらいしか上がってこない。これは、すごく弱いサービスであることが分かりますね。

だったら、「スピードネイル」みたいなところで15分くらいで終わらせるっていう解決手段でもいいわけだ。別に、そのサービスじゃなくても解決できちゃう。

こんな感じで、

「誰の悩みを解決するのか」⇒「その悩みによって発生する苦痛は何なのか」⇒「その悩みはお金を払ってでも解決したい悩みなのか」⇒「その悩みを解決するためには自分のサービスしかないのか」

という順番で詰めていくと、ほとんどの思いつきは「発明品」の枠を出ていないことが分かります。

なんとなく分かりますかね??

まとめ

こうやって詰めていって、「それでもこのサービスがないとすごく困る人がいる、その人の苦痛を取り払うにはこのサービスしかないんだ!!」といえるところまで詰めきったら、そのビジネスはもう確実に売れます。

とはいえ、もちろん「確実」というのは無いので、そこから大事なのは結局お客さんに聞いてみること。

ビジネスというのは「仕掛ける」側と「受け取る」側に明確に分けちゃうと逆にうまくいかないケースが多くて、お客さんと一緒に良いものを創っていく、そのためにコミュニケーションをたくさん取っていく、というのが近道です。

 

なんとなく分かりましたかね?だいたいのWEBサービスとかは、「便利」な発明品を作って、あとで課金に困ったりしてるのが多いです。結局は広告収入に頼ってしまうのも、この「解決手段」という部分を詰めれていないからなんですね。

みなさんも、新しくサービスを作ろうと検討しているなら、是非この部分をしっかり詰めるように!!

さて、それでは本日も素敵な一日を!!

やっぱり早起きは気持ちいいね!!


次のページでは、

頭のよい人ほど間違ってしまう「オンラインサロンの立ち上げ方」

についてご紹介しています。

私自身、6年間にわたってオンラインコミュニティを運営し、DMMアワードを受賞するなどの成果を出してきました。そして、オンラインサロンを作って失敗する人は2つのパターンに分かれることに気づいたのです。

今回、それらの失敗パターンや成功の法則について、正解率1割以下のクイズ形式にしてご紹介します。

おそらく、これを読んでいるあなたも正解できないでしょう。

私が6年以上かけて研究と実践を繰り返して形にしたノウハウを特別に次のページで無料公開しています。

次ページ>>「頭の良い人ほどなぜかハマってしまうオンラインサロンの2つの失敗パターンとは?」

9割の人が間違える「3つのクイズ」に、あなたは正解できるでしょうか?

ぜひ試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました